このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. 第41回パールボウルトーナメント >
  5. 準決勝 vsオービックシーガルズ (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第41回パールボウルトーナメント

第41回パールボウルトーナメント準決勝 vsオービックシーガルズ

富士通フロンティアーズ 24 vs オービックシーガルズ 35
富士通フロンティアーズ   オービックシーガルズ
試合日 : 2019年6月2日(日)
天  気 : 曇り
会  場 : 富士通スタジアム川崎
観  衆 : 2,002人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 0 7 11 6 24
オービックシーガルズ 0 15 10 10 35

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
オービック 2 00:08 PASS #3スカイラー
→#84西村
45 KICK #49星野 G
オービック 2 02:27 SAF
オービック 2 03:55 FG #49星野 49
オービック 2 07:31 FG #49星野 27
富士通 2 11:22 RUSH #30金 3 KICK #11西村 G
富士通 3 01:51 PASS #3バードソン
→#22岩松
29 PASS #3バードソン→#87水野 G
オービック 3 05:08 RUSH #29李 6 KICK #49星野 G
富士通 3 07:00 FG #25大塚 42
オービック 3 11:10 FG #49星野 19
オービック 4 03:35 PASS #3スカイラー
→#86前田
33 KICK #49星野 G
オービック 4 06:29 FG #49星野 41
富士通 4 11:52 PASS #12平本→
#13高津佐
9 PASS NG

第1クォーター

【パールボウル2019】準決勝 vsオービックシーガルズ
【パールボウル2019】準決勝 vsオービックシーガルズ

2019年6月2日(日曜日)、第41回パールボウルトーナメント準決勝が富士通スタジアム川崎で行われ、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)は、オービックシーガルズ(以下、シーガルズ)と対戦。2,002人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのキックで試合がはじまった。
互いにパントを蹴り合った後、先制のチャンスをつかんだのはシーガルズだった。フロンティアーズ陣内で攻撃権を得ると、ボールを進め43ヤードのFGを選択。しかし、このキックをフロンティアーズのDL(ディフェンスライン)#91斉川がブロック、得点を与えなかった。最初のシリーズを3アンドアウトしたフロンティアーズは、2度目のオフェンスでRB(ランニングバック)#16ニクソンの連続ランプレーでテンポ良く敵陣へ攻め込んだものの、インターセプトを喫してしまう。シーガルズ陣内37ヤードで攻守交代し、シーガルズにフロンティアーズ陣内でファーストダウンを更新されたところで1Qが終わった。

第2クォーター

【パールボウル2019】準決勝 vsオービックシーガルズ
【パールボウル2019】準決勝 vsオービックシーガルズ

2Q開始早々に、シーガルズに先制点を奪われる。ファーストプレーで45ヤードのロングパスを決められたのだ。直後のフロンティアーズは、キックオフで24ヤードまでリターンするも、ファンブルが出てフォースダウンでパントを選択。しかし、パントがブロックされてセーフティとなり、0ー9とリードを広げられる。続くシーガルズのシリーズでは、キックオフの反則や2本のロングパスを通されるなどして、FGを奪われてしまう。その後もシーガルズにFGを決められ迎えた前半残り5分を切ってからのシリーズで、ようやく流れを引き込んだ。WR(ワイドレシーバー)#84猪熊が自陣39ヤードまでリターンすると、代わって入ったQB(クォーターバック)#18高木がWR#83柴田やWR#85松井、WR#15成田らへパスを通しゴール前へ。最後はRB#30金の連続ランプレーでタッチダウンを奪い、前半を7ー15で終えた。

第3クォーター

【パールボウル2019】準決勝 vsオービックシーガルズ
【パールボウル2019】準決勝 vsオービックシーガルズ

シーガルズのキックで試合が再開すると、自陣30ヤードから攻撃を開始したフロンティアーズ。QBサックを受けるなどして、フォースダウンでパントを選択するが、このキックでラフィンザキッカーの反則があり、ファーストダウンを更新する。直後にサックを受けるも、WR#84猪熊へ12ヤード、WR#85松井へ34ヤードのパスを通し、ゴールまで29ヤードに迫るとWR#22岩松へ29ヤードのタッチダウンパスが決まる。さらに2ポイントコンバージョンではTE(タイトエンド)#87水野へパスを決め、15ー15の同点に追いついた。直後のシーガルズのシリーズ、自陣40ヤードまでリターンを許すと、ロングパスを通された上に罰退が重なり、一気にゴール前に迫られタッチダウンを奪われてしまう。その後、互いにFGで3点ずつ加え、フロンティアーズが攻撃権を得たところで最終Qへ突入した。

第4クォーター

【パールボウル2019】準決勝 vsオービックシーガルズ
【パールボウル2019】準決勝 vsオービックシーガルズ

18ー25、ワンポゼッション差を追ってフロンティアーズのオフェンスで幕を開けた最終Q。RBに一度ボールを預けて再びQBがボールを投げるフリー・フリッカーを繰り出したり、4ヤードが残ったフォースダウンでギャンブルをしたり、アグレッシブな攻めをみせるも、敵陣42ヤードで攻守交代となってしまう。一方、直後のシーガルズオフェンスに33ヤードのタッチダウンパスを決められると、続くシリーズでもFGを決められ、17点差とされてしまう。残り1分35秒からのシリーズでQB#12平本からWR#13高津佐へ9ヤードのタッチダウンが決まったが、逆転するには至らなかった。

文・写真/ NANO association