このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2018 秋季リーグ >
  5. RICE BOWL vs関西学院大学 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

Xリーグ2018 秋季リーグ

Xリーグ2018 秋季リーグRICE BOWL vs関西学院大学

富士通フロンティアーズ 52 vs 関西学院大学 17
富士通フロンティアーズ   関西学院大学
試合日 : 2019年1月3日(木)
天  気 : 晴れ
会  場 : 東京ドーム
観  衆 : 33,242人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 14 10 21 7 52
関西学院大学 0 10 0 7 17

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 12:55 RUSH #16ニクソン 3 KICK #11西村 G
富士通 1 13:12 INT #28石井 35 KICK #11西村 G
関西学院大学 2 02:07 RUSH #83小田 2 KICK #8安藤 G
富士通 2 07:14 FG #11西村
関西学院大学 2 10:40 FG #8安藤 43
富士通 2 12:37 RUSH #16ニクソン 2 KICK #11西村 G
富士通 3 03:40 RUSH #30金 40 KICK #11西村 G
富士通 3 09:27 PASS #3バードソン
→#84猪熊
7 KICK #11西村 G
富士通 3 15:00 PASS #3バードソン→#86森田 15 KICK #11西村 G
富士通 4 06:50 PASS #18高木
→#4宜本
7 KICK #11西村 G
関西学院大学 4 14:15 RUSH #10光藤 4 KICK #8安藤 G

第1クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2018】RICE BOWL vs関西学院大学
【Xリーグ秋季リーグ2018】RICE BOWL vs関西学院大学

2019年1月3日(木曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、関西学院大学ファイターズ(以下、ファイターズ)の第72回ライスボウルが東京ドームで行われた。33,242人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。
互いにパントを蹴り合い迎えたフロンティアーズ2度目のオフェンスは2度ファーストダウンを更新するも、敵陣に入れずに終わってしまう。先制を果たしたのは4度目のオフェンスだった。RB(ランニングバック)#16ニクソンの連続ランプレーで敵陣へ入ると、WR(ワイドレシーバー)#81中村へ17ヤードのパスが決まり、敵陣27ヤードでファーストダウンを更新。さらにRB#16ニクソンが、13、11ヤードと走ると、最後は3ヤードを中央突破してみせた。直後にディフェンスにビッグプレーが生まれる。DB(ディフェンスバック)#34樋田がパスカットしたボールをDB#28石井がキャッチすると、そのまま左サイドを駆け上がりタッチダウン。2つのタッチダウンを上げたフロンティアーズが14ー0とリードして1Qを終えた。

第2クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2018】RICE BOWL vs関西学院大学
【Xリーグ秋季リーグ2018】RICE BOWL vs関西学院大学

2Qに入ると、ファイターズオフェンスにも徐々にリズムが出始めた。1Qから続いたシリーズで、この日はじめてファーストダウンを更新するとフロンティアーズ陣内に。ロングゲインを狙ったパスで、フロンティアーズにパスインターフェアの反則が出るなどして、ゴール前6ヤードでファーストダウンを更新すると、最後は右サイドに展開しタッチダウンを決める。フロンティアーズもK(キッカー)#11西村の22ヤードのFGで反撃に出ると、2Q2度目のオフェンスでは、RB#16ニクソンが42ヤードのロングゲインを含む3度のボールキャリーでタッチダウンを奪い追加点。24ー10、14点差で前半を終えた。

第3クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2018】RICE BOWL vs関西学院大学
【Xリーグ秋季リーグ2018】RICE BOWL vs関西学院大学

フロンティアーズのキックで試合が再開すると、ファイターズの攻撃を敵陣で終わらせ、自陣20ヤードから攻撃を開始したフロンティアーズ。RB#16ニクソンの15、16ヤードの連続ランプレーで敵陣へ入ると、WR#84猪熊へ9ヤードのパスに成功。続くプレーではボールをキャリーしたRB#30金が一直線に41ヤードを走りタッチダウンを上げる。その後もオフェンスは、QB(クォーターバック)#3バードソンからWR#84猪熊へ7ヤード、WR#86森田へ15ヤードのタッチダウンパスを決め、リードを広げる。一方ディフェンスも安定したプレーをみせる。LB(ラインバッカー)#35竹内にパスインターセプトが飛び出すなど、3Q5度のファイターズの攻撃をすべて敵陣で終わらせた。

第4クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2018】RICE BOWL vs関西学院大学
【Xリーグ秋季リーグ2018】RICE BOWL vs関西学院大学

45ー10と35点差をもって突入した最終Qは、多くの選手がフィールドに立ち力をみせた。3Q3分過ぎの自陣44ヤードからのオフェンスでは、RB#30金、RB#6神山、RB#32後藤のランやQB#18高木からWR#83柴田へのパスなどでゴール前に迫ると、最後はエンドゾーン中央に走り込んだWR#4宜本へ7ヤードのタッチダウンパスを決める。追いすがるファイターズは、2度のフォースダウンギャンブルに出たが、DL#90藤谷の11ヤードをロスさせるQBサック、2度目はDL#99髙橋のタックルで、ファーストダウンを更新させなかった。残り6分を切ってからのオフェンスでは、敵陣31ヤードでフォースダウンギャンブルに出るなど、最後まで積極的なプレーを展開したフロンティアーズが最終スコア52ー17で、ライスボウル3連覇を飾った。