このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2017 秋季リーグ >
  5. RICE BOWL vs日本大学フェニックス (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

Xリーグ2017 秋季リーグ

Xリーグ2017 秋季リーグRICE BOWL vs日本大学フェニックス

富士通フロンティアーズ 37 vs 日本大学フェニックス 9
富士通フロンティアーズ   日本大学フェニックス
試合日 : 2018年1月3日(水)
天  気 : 晴れ
会  場 : 東京ドーム
観  衆 : 35,002人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 7 10 10 10 37
日本大学フェニックス 0 3 0 6 9

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 13:33 PASS #3キャメロン
→#29ゴードン
4 K #11西村 G
富士通 2 0:26 PASS #3キャメロン
→#81中村
49 K #11西村 G
富士通 2 04:50 FG #11西村 41
日大 2 13:31 FG #4篠原 35
富士通 3 01:47 PASS #3キャメロン
→#1強
37 K #11西村 G
富士通 3 09:12 FG #11西村 31
富士通 4 04:44 RASH #29ゴードン 13 K #11西村 G
富士通 4 12:17 FG #5納所 32
日大 4 14:45 PASS #14室井
→#82小倉
9 P NG

第1クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】RICE BOWL vs日本大学フェニックス
【Xリーグ秋季リーグ2017】RICE BOWL vs日本大学フェニックス

2018年1月3日(水曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、日本大学フェニックス(以下、フェニックス)の第71回ライスボウルが東京ドームで行われた。35,002人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのキックで試合がはじまった。
フェニックスのオープニングドライブをパントに抑えたフロンティアーズは、自陣23ヤードから攻撃開始。その1プレー目にスペシャルプレーを繰り出しWR(ワイドレシーバー)#9宜本(潤)へのロングパスを狙ったが失敗、このシリーズはパントに終わる。その後、互いにパントを蹴り合い迎えた3度目のオフェンスでフロンティアーズが先制を果たす。ファンブルが出てセカンドダウン残り14ヤードとするも、WR#81中村へ24、45ヤードと立て続けにロングパスを通し、ゴール前4ヤードに。最後は右サイドでワイドオープンになったRB(ランニングバック)#29ゴードンへタッチダウンパスを決めた。

第2クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】RICE BOWL vs日本大学フェニックス
【Xリーグ秋季リーグ2017】RICE BOWL vs日本大学フェニックス

2Qはド派手なプレーで幕が開けた。敵陣49ヤードで攻撃権を得たフロンティアーズは、その1プレー目にエンドゾーンへ走り込むWR#81中村へタッチダウンパスを決めたのだ。2Q2度目のオフェンスでも、WR#81中村へのパスが決まり追加点かと思われたが、ビデオ判定の結果パス失敗でフィールドゴールを選択。41ヤードをK(キッカー)#11西村が決め追加点を上げる。直後のフェニックス、フォースダウンとなってスペシャルプレーに出るもパスに失敗。敵陣43ヤードで攻撃権を得たフロンティアーズも、フォースダウン残り8ヤードでギャンブルを選択しパスを投じたが失敗に終わる。直後のシリーズで、自陣41ヤードから攻撃を開始したフェニックスに、1プレーで35ヤードのゲインを許しゴール前24ヤードに迫られるも、タッチダウンを狙ったパスが失敗に終わるなど、フィールドゴールの3点に抑え、前半を17ー3で終えた。

第3クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】RICE BOWL vs日本大学フェニックス
【Xリーグ秋季リーグ2017】RICE BOWL vs日本大学フェニックス

試合が再開されると、フロンティアーズらしい速攻で追加点を上げた。自陣21ヤードからRB#29ゴードンの連続ランプレーでファーストダウンを更新すると、パスキャッチしたWR#9宜本(潤)が25ヤードをゲインし敵陣へ。ランプレーを挟んで投じたパスは、エンドゾーンに走り込んだWR#1強へ37ヤードのタッチダウンパス。5プレーで79ヤードを攻め落とした。直後のフェニックス、49ヤードのロングパスを通したり、ギャンブルを成功させたり、ゴール間近に迫ってきたが、タッチダウンを狙ったスペシャルプレーをDB(ディフェンスバック)#40アディヤミがインターセプト。ピンチを凌ぐ。その後、フィールドゴールで追加点を上げたフロンティアーズだったが、3Q3度目のオフェンスでタッチダウンを狙ったパスでインターセプトを喫してしまう。

第4クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】RICE BOWL vs日本大学フェニックス
【Xリーグ秋季リーグ2017】RICE BOWL vs日本大学フェニックス

3Qから続いたフェニックスの攻撃、ゴール前7ヤードでファーストダウンを更新されピンチが訪れる。ファーストダウンのパスはDB#7藤田がカバー、セカンドダウンはパス失敗、サードダウンのランは1ヤードのゲインに抑え迎えたフォースダウン。ギャンブルを選択しパスにでたところをLB(ラインバッカー)#13高橋がタックルし無失点に抑えた。自陣7ヤードからの攻撃となったフロンティアーズは、RB#29ゴードンのランやWR#81中村への38ヤードのパスでゴール前13ヤードへ。再び#29ゴードンにボールを預けると、タックルされながらもゴールラインを越え34ー3とする。10分過ぎのディフェンスでは、LB#54高崎がパスインターセプト。残り3分をきってからのシリーズでタッチダウンを1本返されたが、最終スコア37ー9でフロンティアーズが勝利。2年連続、3度目のライスボウル制覇を成し遂げた。

文・写真/ NANO association