このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2017 秋季リーグ >
  5. JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

Xリーグ2017 秋季リーグ

Xリーグ2017 秋季リーグJAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー

富士通フロンティアーズ 63 vs IBMビッグブルー 23
富士通フロンティアーズ   IBMビッグブルー
試合日 : 2017年12月18日(月)
天  気 :
会  場 : 東京ドーム
観  衆 : 22,953人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 21 14 14 14 63
IBMビッグブルー 7 6 10 0 23

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 00:14 KOR #84猪熊 99 KICK #11西村 G
IBM 1 03:18 RUSH #21高木稜 12 KICK #11佐藤 G
富士通 1 05:37 PASS #3キャメロン
→#1強
3 KICK #11西村 G
富士通 1 11:23 PASS #3キャメロン
→#89福井
4 KICK #11西村 G
IBM 2 04:47 FG #11佐藤 38
富士通 2 05:49 PASS #3キャメロン
→#81中村
74 KICK #11西村 G
富士通 2 07:46 INT #16ニクソン 60 KICK #11西村 G
IBM 2 08:49 FG #11佐藤 50
IBM 3 00:46 RUSH #10末吉 49 KICK #11佐藤 G
富士通 3 03:39 PASS #3キャメロン
→#1強
3 KICK #11西村 G
IBM 3 06:29 FG #11佐藤 39
富士通 3 08:53 RUSH #3キャメロン
→#1強
1 KICK #11西村 G
富士通 4 00:48 RUSH #3キャメロン
→#1強
54 KICK #11西村 G
富士通 4 04:06 RUSH #29ゴードン 25 KICK #11西村 G

第1クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー
【Xリーグ秋季リーグ2017】JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー

2018年12月18日(月曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、IBMビッグブルー(以下、ビッグブルー)のジャパンXボウルが東京ドームで行われた。22,953人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。
試合開始早々にビッグプレーが飛び出した。ビッグブルーのキックをキャッチしたWR(ワイドレシーバー)#84猪熊がブロックの間を抜けると、その後も1人、2人とディフェンスをかわし独走。99ヤードのキックオフリターンタッチダウンを決めたのだ。その後も試合は動いた。ビッグブルーがすぐさま同点に追いつけば、フロンティアーズもWR#1強、WR#89福井へと2つのタッチダウンパスを決め1Qに21得点。タッチダウン直前のプレーはいずれもWR#81中村への35ヤードと41ヤードのロングパスだった。一方ディフェンスもタッチダウンを1つ返されたものの、DB(ディフェンスバック)#40アディヤミのQBサックなどで追加点を与えなかった。

第2クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー
【Xリーグ秋季リーグ2017】JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー

2Qもド派手なプレーが会場を盛り上げた。1Qから続いたビッグブルーの攻撃は、フォースダウンでクイックパント。キックしたボールは味方に当たり、DL(ディフェンスライン)#98南がカバー。敵陣41ヤードで攻守交代となるが、3プレー目にフロンティアーズにファンブルが出てターンオーバー。自陣28ヤードから攻撃を開始したビッグブルーは、FGに成功し21ー10と追い上げる。続くフロンティアーズは自陣26ヤードから。ファーストダウンのランでゲインできずにセカンドダウンのパスにも失敗、ファーストダウン更新まで残り10ヤードで迎えたサードダウンでWR#81中村へパスが通ると、中村はそのまま約50ヤードを独走。74ヤードのタッチダウンパスを決め28ー10とする。オフェンスの後にはディフェンスにビッグプレーが生まれた。自陣に攻め込まれるも、LB(ラインバッカー)#35竹内がプレッシャーをかけると、ビッグブルーQBが慌てて投げたボールをLB#16ニクソンがキャッチ、右へ左へとステップしエンドゾーンまでボールを運んでみせた。

第3クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー
【Xリーグ秋季リーグ2017】JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー

後半はビッグブルーのビッグプレーで幕が開けた。キックオフを自陣49ヤードまでリターンすると、その2プレー目にRB(ランニングバック)#10末吉が49ヤードのタッチダウンラン。追い上げムードを作るが、すぐさまフロンティアーズもタッチダウンを返す。自陣26ヤードからの攻撃は、相手の反則やランで敵陣に攻め込むと、またもWR#81中村へ30ヤードのパスを通し、ゴール前10ヤードに。ビッグブルーに反則が出て、ゴールまで5ヤードでファーストダウンを更新すると、ランプレーを挟んでWR#1強へ3ヤードのタッチダウンパスを決める。その後もフロンティアーズペースで試合が進んだ。6分過ぎには、QB#3キャメロン、RB#29ゴードン、WR#84猪熊とボールをつなぎ26ヤードをゲインし敵陣へ。WR#87水野へ32ヤードのパスを通し、最後はQB(クォーターバック)#3キャメロンが自らボールを持ち込んだ。8分過ぎからのディフェンスは、DB#40アディヤミがエンドゾーンでインターセプト。追加点を与えなかった。

第4クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー
【Xリーグ秋季リーグ2017】JAPAN X BOWL vsIBMビッグブルー

26点のリードを持って、勝負の最終Qを迎えた。3Qから続いたフロンティアーズの攻撃は、4Q開始2プレー目にQB#3キャメロンが左サイドを駆け上がり、最後はボールをゴールラインのパイロンに当てる54ヤードのタッチダウンラン。続くディフェンスではビッグブルーがランプレーに出たところで、LB#54高崎がファンブルを誘い、DB#7藤田がカバーしターンオーバー。敵陣39ヤードで攻撃権を得ると、RB#29ゴードンが右サイドを突破し25ヤードのタッチダウンラン。63ー23とリードを広げた。6分過ぎ、オフェンスでファンブルが出て自陣32ヤードで攻守交代となるが無失点で切り抜ける。終了間際にゴール前に迫られた際にも失点を許さず、フロンティアーズが63−23で勝利しXボウル連覇を果たした。MVPにはWR#81中村、ウォリアーズアワードにはOL#75勝山が選ばれた。

文・写真/ NANO association