このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2017 秋季リーグ >
  5. レギュラーシーズン第5節 vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

Xリーグ2017 秋季リーグ

Xリーグ2017 秋季リーグレギュラーシーズン第5節 vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ

富士通フロンティアーズ 44 vs アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ 13
富士通フロンティアーズ   アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ
試合日 : 2017年10月15日(日)
天  気 :
会  場 : アミノバイタル フィールド
観  衆 : 884人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 13 14 10 7 44
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ 0 0 7 6 13

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 04:20 FG #11西村 37
富士通 1 07:46 FG #11西村 33
富士通 1 11:13 RUSH #29ゴードン 97 KICK #11西村 G
富士通 2 03:25 PASS #3キャメロン
→#81中村
19 KICK #11西村 G
富士通 2 08:27 PASS #3キャメロン
→#81中村
30 KICK #11西村 G
富士通 3 01:55 FG #11西村 33
アサヒ飲料 3 02:16 PASS #10アレックス→#87吉海 7 KICK #17西岡 G
富士通 3 03:21 RUSH #29ゴードン 30 KICK #11西村 G
富士通 4 05:40 RUSH #33高口 1 KICK #5納所 G
アサヒ飲料 4 11:49 RUSH #22川淵 2 PASS #10アレックス NG

第1クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】レギュラーシーズン第5節 vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ
【Xリーグ秋季リーグ2017】レギュラーシーズン第5節 vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ

2017年10月15日(日曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ(以下、チャレンジャーズ)のXリーグ第5節がアミノバイタルフィールドで行われた。884人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのキックで試合がはじまった。
チャレンジャーズのオープニングシリーズを3アンドアウトのパントに追い込んだフロンティアーズは、自陣33ヤードから攻撃を開始する。RB(ランニングバック)#29ゴードンの31ヤードのランなどで敵陣20ヤードまで攻め込んだが、ファーストダウンのランの後は決め手を欠き、フォースダウンでFGを選択、先制を果たす。LB(ラインバッカー)#45鈴木がファンブルリカバーし敵陣23ヤードからと2度目の攻撃。しかし、ファーストダウンを更新できずにFGに終わってしまう。3度目の攻撃は自陣3ヤードと厳しいフィールドポジションだったが、1プレー目でボールをキャリーしたRB#29ゴードンが中央を突破。そのまま左サイドを駆け上がり、97ヤードのタッチダウンラン。13ー0で1Qを終えた。

第2クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】レギュラーシーズン第5節 vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ
【Xリーグ秋季リーグ2017】レギュラーシーズン第5節 vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ

1Qから続いたチャレンジャーズの攻撃では、サードダウンでLB#16ニクソンがQBサックし19ヤード押し戻すと、フォースダウンではLB#8数田がパントブロック。敵陣13ヤードで攻撃権を獲得する。ファーストダウンのランがタックルされると、セカンドダウンでは反則があり罰退。しかし、サードダウンでエンドゾーン右奥へ走り込んだWR(ワイドレシーバー)#81中村へタッチダウンパスが決まり、いい流れでディフェンスにスイッチ。DB(ディフェンスバック)#34樋田がパスカットするなどチャレンジャーズの攻撃をパントとすると、自陣31ヤードから2Qの2度目の攻撃を開始。ゴールまで残り30ヤードとなったセカンドダウンで、QB(クォーターバック)#3キャメロンは右サイドのWR#81中村へパス。ライン際でボールをキャッチした中村は、ディフェンダーのタックルをくぐるようにかわし、20ヤードを独走。この日2つ目のタッチダウンを決めた。

第3クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】レギュラーシーズン第5節 vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ
【Xリーグ秋季リーグ2017】レギュラーシーズン第5節 vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ

3Qは目まぐるしい展開となった。フロンティアーズのレシーブで後半がスタートすると、WR#84猪熊が自陣28ヤードまでリターン。RB#29ゴードンの43ヤードのランなどで56ヤードをドライブし、K#11西村がこの日3本目となるFGに成功する。直後のキックオフではチャレンジャーズに77ヤードのビッグリターンが飛び出し、その勢いのままにタッチダウンを奪われてしまう。後半2度目のオフェンスは自陣34ヤードから。WR#81中村へ27ヤードのパスを決めて敵陣へ入ると、RB#29ゴードンが30ヤードのタッチダウンラン。再び点差を広げる。その後は、チャレンジャーズDB#6桝井にパスインターセプトされるも、直後のシリーズでDB#34樋田がパスインターセプトを返し、流れを引き戻した。

第4クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2017】レギュラーシーズン第5節 vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ
【Xリーグ秋季リーグ2017】レギュラーシーズン第5節 vsアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ

30点差で迎えた最終Q、時間をコントロールしながらも追加点を狙ったフロンティアーズは、残り10分をきってからのシリーズでサードダウン8ヤードと追い込まれる。が、QB#12平本からWR#86森田へ37ヤードのパスを決め、ゴール前2ヤードに進むと、RB#33高口が正面突破。追加点を上げる。対するチャレンジャーズも、一矢を報いろうと猛攻をみせる。2度目の攻撃ではフォースダウン4ヤードとなってプレーを選択。投じたパスは、LB#88大橋がカットし攻守交代となったが、残り2分からのドライブでは70ヤードをドライブされタッチダウン。トライフォーポイントの2ポイント・コンバージョンを防ぎ、決着を迎えた。

文・写真/ NANO association