このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2016 秋季リーグ >
  5. RICE BOWL vs関西学院大学 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

Xリーグ2016 秋季リーグ

Xリーグ2016 秋季リーグRICE BOWL vs関西学院大学

富士通フロンティアーズ 30 vs 関西学院大学 13
富士通フロンティアーズ   関西学院大学
試合日 : 2017年1月3日(火)
天  気 : 晴れ
会  場 : 東京ドーム
観  衆 : 33,521人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 13 7 10 0 30
関西学院大学 0 0 6 7 13

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 03:10 FG #11西村 49
富士通 1 08:15 FG #11西村 28
富士通 1 12:41 PASS #3キャメロン
→#81中村
30 KICK #11西村 G
富士通 2 11:48 PASS #3キャメロン
→#81中村
51 KICK #11西村 G
富士通 3 08:57 FG #11西村 29
関西学院 3 13:50 RUSH #40橋本 3 PLAY #6伊豆→
#22加藤
NG
富士通 3 14:55 PASS #3キャメロン
→#89福井
37 KICK #11西村 G
関西学院 4 14:15 PASS #6伊豆→
#88亀山
6 KICK #1西岡 G

第1クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】RICE BOWL vs関西学院大学
【Xリーグ秋季リーグ2016】RICE BOWL vs関西学院大学

2017年1月3日火曜日、ライスボウルに進出した富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)は、東京ドームにて関西学院ファイターズ(以下、ファイターズ)と対戦。33,521人の観衆を動員し、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。
先制を果たしたのはフロンティアーズだった。自陣25ヤードからオープニングシリーズを開始すると、3度ファーストダウンを更新し敵陣へ。2度目のサードダウンを更新できなかったものの、K(キッカー)#11西村が49ヤードと距離のあるFGを成功させた。直後のファイターズの攻撃を3アンドアウトのパントに抑え、50ヤードから攻撃を開始するとまたもFGを決めリードを広げる。さらに自陣13ヤードからはじまった3度目のオフェンスでは、WR(ワイドレシーバー)#22岩松へ3プレー連続のパスを成功させると、最後はエンドゾーン右奥に走り込んだWR#81中村へ30ヤードのタッチダウンパスを決め、13ー0で1Qを終えた。

第2クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】RICE BOWL vs関西学院大学
【Xリーグ秋季リーグ2016】RICE BOWL vs関西学院大学

1Qから続いたファイターズの攻撃では、フォースダウンでスペシャルプレーを繰り出され、ファーストダウンを更新されるも、その後はディフェンスが踏ん張り、自陣に攻め込ませない。一方、フロンティアーズオフェンスも反則が重なり、思うように攻め込めない時間が続いた。残り5分31秒。自陣44ヤードから攻撃を開始したファイターズはパスを通し、フロンティアーズ陣内へ。しかし、フォースダウンダウンギャンブルに出たところでLB(ラインバッカー)#54高崎がQBサックし、50ヤードで攻撃権を得ると、その2プレーにビッグプレーが生まれた。QB(クォーターバック)#3キャメロンからエンドゾーンに走り込んだWR#81中村へ51ヤードの超ロングパスが決まりタッチダウン。20ー0、オフェンスは2つのタッチダウンと2つのFG、ディフェンスは無失点で前半を終えた。

第3クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】RICE BOWL vs関西学院大学
【Xリーグ秋季リーグ2016】RICE BOWL vs関西学院大学

3Qは点の取り合いになった。フロンティアーズのキックで試合が再開すると、自陣15ヤードから攻撃を開始したファイターズに、ランプレーでロングゲインされるシーンもあったが、2度目のサードダウンでLB#16ニクソンがQBサックし、パントに追い込む。直後のフロンティアーズは、自陣13ヤードから71ヤードを12プレーでかけて前進しFGに結びつける。続くファイターズは、65ヤードを10プレーでタッチダウンに。圧巻だったのは直後のフロンティアーズ。ファイターズのオンサイドキックが失敗に終わり敵陣45ヤードで攻撃権を得ると、その3プレー目に右サイドを駆け上がっていたWR#89福井へ37ヤードのタッチダウンパスを決めたのだ。この試合3つ目のタッチダウンを決めて30ー6、リードを広げて最終Qへ入った。

第4クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】RICE BOWL vs関西学院大学
【Xリーグ秋季リーグ2016】RICE BOWL vs関西学院大学

最終Qは、1つでも多くタッチダウンを奪いたいファイターズオフェンス対、フロンティアーズディフェンスの戦いだった。50ヤード以上ドライブしFG圏内に入りながらも、2度フォースダウンギャンブルを選択したファイターズ。その攻撃を2度とも跳ね返したフロンティアーズディフェンスだったが、ファンブルカバーされ自陣48ヤードで攻撃権を奪われたファイターズ3度目のオフェンスでタッチダウンを決められてしまう。だがこの時点で既に時間は1分を切っており、最後はフロンティアーズがニーダウンして2度目のライスボウル制覇を成し遂げた。尚、MVPにはパス311ヤード、3TD、成功率70%超のQB#3コービー・キャメロンが選ばれた。

文・写真/ NANO association