このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2016 秋季リーグ >
  5. JAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

Xリーグ2016 秋季リーグ

Xリーグ2016 秋季リーグJAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ

富士通フロンティアーズ 16 vs オービックシーガルズ 3
富士通フロンティアーズ   オービックシーガルズ
試合日 : 2016年12月12日(月)
天  気 : 晴れ
会  場 : 東京ドーム
観  衆 : 25,455人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 3 6 7 0 16
オービックシーガルズ 0 0 3 0 3

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 05:26 FG #11西村 24
富士通 2 05:45 FG #11西村 28
富士通 2 11:22 FG #11西村 29
オービック 3 06:31 FG #49星野 19
富士通 3 11:21 RUSH #29ゴードン 4 KICK #11西村 G

第1クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】JAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ
【Xリーグ秋季リーグ2016】JAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ

2016年12月12日(月曜日)、JAPAN X BOWLに進出した富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)は、東京ドームでオービックシーガルズ(以下、シーガルズ)と対戦。2万5455人の観衆がスタンドを埋め、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。
自陣22ヤードからはじまったフロンティアーズのオープニングシリーズ。2度のサードダウンでパスを成功させ敵陣へ攻め込むと、ゴール前10ヤードとなってエンドゾーンに走り込んだWR(ワイドレシーバー)#81中村へパスが決まる。しかし、このプレーでフロンティアーズに反則があり15ヤードの罰退を受ける。その後、再度ゴール前7ヤードまで迫るがタッチダウンを狙ったパスが失敗に終わり、FGを選択。24ヤードをK(キッカー)#11西村が決め、先制を果たした。一方のディフェンスもLB(ラインバッカー)#16ニクソンがロスタックルしたり、パスをチップしたり、またシーガルズのミスもあって、最初のシリーズを無失点に抑えた。

第2クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】JAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ
【Xリーグ秋季リーグ2016】JAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ

1Qから続いたシーガルズの攻撃、ファーストダウンを更新されるも、続くサードダウンでLB#35竹内がQBサックしパントに追い込む。直後のオフェンスは自陣37ヤードから。RB(ランニングバック)#29ゴードンの3連続ランプレーで敵陣へ攻め込むが、ゴールまで31ヤードとなって迎えたファーストダウンでQBサックを受けてしまう。セカンドダウンのパスに失敗し、サードダウン20ヤードとなるが、QB(クォーターバック)#3キャメロンが26ヤードのランをみせ、ゴール前へ。タッチダウンには結び付かなかったが、K#11西村が28ヤードのFGを決め追加点を上げる。続くディフェンスでDB(ディフェンスバック)#28石井がファンブルリカバーし、自陣49ヤードと絶好のフィールドポジションを得ると、ランプレーを中心にゴールへ迫る。しかし、ここでもシーガルズディフェンスを突破できずFGを選択。28ヤードを決め、9ー0とリードして前半を終えた。

第3クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】JAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ
【Xリーグ秋季リーグ2016】JAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ

フロンティアーズのキックで後半がスタートすると、シーガルズはQBを#6菅原へスイッチ。一度はパントへ追い込むが、スナップでミスがありキックをブロック。しかし、このボールをカバーしたのはシーガルズ。ファーストダウンを更新すると、その後も立て続けにプレーを決め、ゴール前1ヤードでファーストダウンを更新する。だが、ここでディフェンスが躍動。ファーストダウンのインサイドのラン、セカンドダウンの右サイドに展開したラン、サードダウンのインサイドのランとすべて跳ね返し、FGに抑える。続くシリーズでは、この日初のタッチダウンを奪う。自陣29ヤードから攻撃を開始すると、3度のサードダウンを成功させ、ゴール前へ、最後はRB#29ゴードンが4ヤードのタッチダウンラン。16ー3とリードして最終Qへ突入した。

第4クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】JAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ
【Xリーグ秋季リーグ2016】JAPAN X BOWL vsオービックシーガルズ

3Qから続いたシーガルズの攻撃を、DL(ディフェンスライン)#98南のロスタックル、DL#13平井のQBサックなどでパントに追い込んだフロンティアーズ。その後は、互いにパントを蹴り合う時間が続く。残り時間が少なくなるにつれ、シーガルズは一気にタッチダウンを狙ったスペシャルプレーを繰り出したり、フォースダウンギャンブルに出たり、果敢なオフェンスをみせる。そして残り3分6秒、自陣27ヤードからのオフェンスではフォースダウンギャンブルを成功させるなどして、ゴール前17ヤードに迫る。が、ファーストダウンでDL#97岩熊がQBサックし7ヤードを押し戻すと、セカンドダウンで投じたパスをDB#23善元がパスインターセプト。リードを守りきったフロンティアーズが2年ぶり2度目のJAPAN X BOWL制覇を成し遂げた。

文・写真/ NANO association