このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2016 秋季リーグ >
  5. レギュラーシーズン第3節 vsオール三菱ライオンズ (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

Xリーグ2016 秋季リーグ

Xリーグ2016 秋季リーグレギュラーシーズン第3節 vsオール三菱ライオンズ

富士通フロンティアーズ 40 vs オール三菱ライオンズ 0
富士通フロンティアーズ   オール三菱ライオンズ
試合日 : 2016年9月22日(木)
天  気 : 曇り
会  場 : 富士通スタジアム川崎
観  衆 : 732人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 14 0 7 19 40
オール三菱ライオンズ 0 0 0 0 0

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 05:02 PASS #3キャメロン
→#81中村
19 KICK #11西村 G
富士通 1 09:01 PASS #3キャメロン
→#81中村
25 KICK #11西村 G
富士通 3 02:52 PASS #3キャメロン
→#1強
40 KICK #11西村 G
富士通 4 00:37 RUSH #30金 59 PASS NG
富士通 4 05:55 FG #5納所 25
富士通 4 08:54 RUSH #33高口 57 KICK #5納所 G
富士通 4 11:19 FG #5納所 26

第1クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】レギュラーシーズン 第3節 vsオール三菱ライオンズ
【Xリーグ秋季リーグ2016】レギュラーシーズン 第3節 vsオール三菱ライオンズ

2016年9月22日(木曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対オール三菱ライオンズ(以下、ライオンズ)のXリーグ第3節が富士通スタジム川崎で行われた。732人の観衆が集まり、フロンティアーズのキック、ライオンズのレシーブで試合がはじまった。
滑り出しは理想的だった。ライオンズの攻撃を2回連続で3&アウトのパントに追い込んだディフェンスに対し、オフェンスも2シリーズ続けてタッチダウンを決めたのだ。先制点は自陣41ヤードから、右に左にWR(ワイドレシーバー)#4宜本(慎)へパスを決め敵陣に攻め込むと、RB(ランニングバック)#6神山やRB#29ゴードンのランでゴール前に迫る。ゴールまで19ヤード、サードダウン残り5ヤードとなったところでWR#81中村へタッチダウンパスが決まる。続く攻撃でもゴール前24ヤードから、十分なパスプロテクションも手伝ってQB(クォーターバック)#3キャメロンからエンドゾーン内に走り込んでいた#81中村へ、2本目のタッチダウンパスが決まった。

第2クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】レギュラーシーズン 第3節 vsオール三菱ライオンズ
【Xリーグ秋季リーグ2016】レギュラーシーズン 第3節 vsオール三菱ライオンズ

1Qから続いたライオンズの攻撃は、ランプレーを中心に14プレーで51ヤードをゲイン。9分以上の長いディフェンスとなったが、ロングゲインを許さない硬い守りをみせ、ライオンズの42ヤードFGも失敗に終わり、無失点に抑える。続くフロンティアーズのオフェンスは、自陣25ヤードから。WR#1強へのパスでファーストダウンを更新するも、反則で15ヤードの罰退があり、パントに終わる。その後のライオンズの攻撃も反則が絡みパントに。残り31秒となり自陣34ヤードからはじまったシリーズでは、一気にタッチダウンを狙ったパスを決められず。互いに攻めきれず、14ー0のまま前半を終えた。

第3クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】レギュラーシーズン 第3節 vsオール三菱ライオンズ
【Xリーグ秋季リーグ2016】レギュラーシーズン 第3節 vsオール三菱ライオンズ

フロンティアーズのレシーブではじまった後半。RB#30金がエンドゾーンから21ヤードまでリターンすると、WR#1強へやRB#29ゴードンへのパスでファーストダウンを更新し敵陣へ。その1プレー目、左サイドを上がっていたWR#1強へ40ヤードのタッチダウンパスを決め、追加点を上げる(第3Q・2:52、21ー0)。ライオンズの攻撃を抑え、迎えた自陣14ヤードからのシリーズでは、RB#6神山の連続ランプレーで1度はファーストダウンを更新するも、その後のランプレーが止められパントに。自陣40ヤードからはじまったライオンズのオフェンスでは26ヤードをゲインされるも、51ヤードのFGは失敗し、無失点のまま3Qを終えた。

第4クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2016】レギュラーシーズン 第3節 vsオール三菱ライオンズ
【Xリーグ秋季リーグ2016】レギュラーシーズン 第3節 vsオール三菱ライオンズ

最終Qは2つの強烈なランプレーが飛び出した。まずは、自陣34ヤードからはじまったシリーズの2プレー目。RB#30金が中央突破し、エンドゾーンまで独走。59ヤードのタッチダウンランをみせれば、RB#33高口が続いた。自陣43ヤードからのシリーズで、同じく2プレー目にブロックの間を抜けて右サイドを駆け上がる57ヤードのタッチダウンランを決めたのだ。さらにK(キッカー)#5納所の2本のFGが決まり得点を重ねる。一方、一矢を報いようとするライオンズの攻撃を最後まで無失点で終えたディフェンスも印象的だった。ショートパスを通され、フォースダウンギャンブルをされた場面でも、強力なパスラッシュをみせている。最終スコア40−0の完封勝利で、フロンティアーズが3連勝を飾った。

文・写真/ NANO association