このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第38回パールボウルトーナメント&2016東日本交流戦

第38回パールボウルトーナメント&2016東日本交流戦vsLIXIL DEERS

富士通フロンティアーズ 28 vs LIXIL DEERS 32
富士通フロンティアーズ   LIXIL DEERS
試合日 : 2016年5月15日(日)
天  気 : 晴れ
会  場 : 富士通スタジアム川崎
観  衆 : 3,847人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 7 7 14 0 28
LIXIL DEERS 7 7 3 15 32

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
LIXILディアーズ 1 05:59 PASS #9加藤
→#11前田
86 KICK #14青木 G
富士通 1 10:59 PASS #3キャメロン
→#81中村
8 KICK #11西村 G
LIXILディアーズ 2 05:56 PASS #9加藤
→#27小川
4 KICK #14青木 G
富士通 2 07:25 PASS #3キャメロン
→#81中村
41 KICK #11西村 G
富士通 3 02:14 PASS #12平本
→#30金
14 KICK #11西村 G
LIXILディアーズ 3 05:21 FG #14青木 37
富士通 3 11:35 FUM #16ニクソン 0 KICK #11西村 G
LIXILディアーズ 4 02:14 PASS #9加藤
→#2中川
6 PASS #9加藤
→#7宮本
G
LIXILディアーズ 4 11:36 PASS #9加藤
→#11前田
24 KICK #5納所 G

第1クォーター

【パールボウル2016】vsLIXILディアーズ
【パールボウル2016】vsLIXILディアーズ

2016年5月15日(日曜日)、パールボウル2016・Aブロック2戦目を迎えた富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)は、LIXIL DEERS(以下、ディアーズ)と対戦。晴天に恵まれた富士通スタジアム川崎に3、847人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのレシーブ、ディアーズのキックで試合がはじまった。
ディアーズのキックオフをRB(ランニングバック)#30金が自陣40ヤードまでリターンし、好ポジションからはじまったオープニングシリーズ。RB#20高野橋のランで敵陣に攻め込むと、WR(ワイドレシーバー)#81中村、WR#1強へのパスでファーストダウンを更新。その後、フォースダウンギャンブルも成功させ、ゴール前13ヤードで5度目のファーストダウンを更新する。しかし、6ヤードを残したサードダウンで、QB(クォーターバック)#3キャメロンがエンドゾーンに投げたパスがインターセプトされてしまう。直後のディアーズの攻撃で先制を許したものの、LB(ラインバッカー)#88大橋のインターセプトでチャンスをつくると、WR#81中村へ8ヤードのタッチダウンパスを決め同点に追いついた。

第2クォーター

【パールボウル2016】vsLIXILディアーズ
【パールボウル2016】vsLIXILディアーズ

第1Qから続いたディアーズの攻撃は、DB(ディフェンスバック)#31大貫のロスタックルやLB#95前田のQBサックなどで断ち切ったフロンティアーズ。だが、2Q2度目のディアーズのオフェンスで、65ヤードをドライブされタッチダウンを奪われてしまう(第2Q・5:56、7-14)。その後、35ヤードからはじまったシリーズではフロンティアーズらしいオフェンスがみられた。RB#30金のラン、TE(タイトエンド)#87水野へのパスでファーストダウンを更新し、WR#81中村、WR#1強と立て続けにパスを決め、最後はQB#3キャメロンからエンドゾーンに走り込んだ#81中村へ41ヤードのタッチダウンパスを決めたのだ。前半は両チーム、タッチダウンを2つずつ奪い合う互角の展開だった。

第3クォーター

【パールボウル2016】vsLIXILディアーズ
【パールボウル2016】vsLIXILディアーズ

フロンティアーズのキックでスタートした後半。最初のディアーズの攻撃は、LB#45鈴木や#52海島のタックル、DB#28石井のパスカバーなどで3アンドアウトに仕留める。直後のオフェンスは50ヤードから、後半から入ったQB#12平本からWR#81中村へ35ヤードのパスで一気にゴール前に攻め込むと、最後は#30金へ14ヤードのタッチダウンパスを決め、この試合はじめてリード奪った(第3Q・2:14、21-14)。ディアーズがFGを決め、互いにパントを蹴り合った後の攻撃は、ゴール前4ヤードに迫りフォースダウンギャンブルに出るも失敗。がしかし、自陣4ヤードからのディアーズの攻撃で、LB#16ニクソンがファンブルリカバータッチダウン。28-17と11点リードで最終Qを迎えた。

第4クォーター

【パールボウル2016】vsLIXILディアーズ
【パールボウル2016】vsLIXILディアーズ

ディアーズのオフェンスではじまった最終Q。74ヤードを11プレーかけ攻められタッチダウンを奪われる(第4Q・2:14、28-23)。5点差となったところでディアーズに2ポイントコンバージョンを決められ3点差に追い上げられる。直後のオフェンスで66ヤードを攻め、ゴール前9ヤードとなったところでFGを選択。だが、26ヤードのFGトライは、呼吸が合わずディアーズにブロックされてしまう。互いに3アンドアウトでパントを蹴り、残り時間は2分36秒。自陣24ヤードからのディアーズの攻撃は、フォースダウンギャンブルを成功させるなど流れに乗っていた。残り30秒となって迎えた10プレー目、サードダウンで24ヤードのタッチダウンパスを決められ、28-32逆転で敗れた。

文・写真/ NANO association