このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2015 秋季リーグ >
  5. 2nd Stage vsエレコム神戸ファイニーズ (レポート)
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

Xリーグ2015 秋季リーグ

Xリーグ2015 秋季リーグ2nd Stage vsエレコム神戸ファイニーズ

富士通フロンティアーズ 28 vs エレコム神戸ファイニーズ 7
富士通フロンティアーズ   エレコム神戸ファイニーズ
試合日 : 2015年10月31日(土)
天  気 : 晴れ
会  場 : エキスポフラッシュフィールド
観  衆 : 960人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 7 14 7 0 28
エレコム神戸ファイニーズ 0 0 0 7 7

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 04:53 RUSH #29ゴードン 6 KICK #11西村 G
富士通 2 02:10 PASS #3キャメロン
→#1強
10 KICK #11西村 G
富士通 2 08:15 PASS #3キャメロン
→#17秋山
38 KICK #11西村 G
富士通 3 10:26 PASS #3キャメロン
→#22宜(潤)
23 KICK #11西村 G
エレコム神戸 4 12:03 FUM #47倉本 42 KICK #10仲野 G

第1クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2015】2nd Stage vsエレコム神戸ファイニーズ
【Xリーグ秋季リーグ2015】2nd Stage vsエレコム神戸ファイニーズ

2015年10月31日(土曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対エレコム神戸ファイニーズ(以下、ファイニーズ)のXリーグ2ndステージ、第1節がエキスポフラッシュフィールドで行われた。960人の観衆が集まり、フロンティアーズのレシーブ、ファイニーズのキックで試合がはじまった。

フロンティアーズ最初の攻撃はファーストダウンを更新するも、続くランプレーでファンブル。ファイニーズにカバーされ攻撃権を奪われてしまう。そのシリーズを無得点に抑えたフロンティアーズ。2度目の攻撃は、TE(タイトエンド)#87水野への21ヤードのパスが決まり敵陣に攻め込むと、QB(クォーターバック)#3キャメロンが37ヤードを走り、ゴール前6ヤードへ。最後はRB(ランニングバック)#29ゴードンが走り先制点を果たす(第1Q・4:53、7-0)。続くファイニーズの攻撃で、ゴール前7ヤードまで攻め込まれるも、エンドゾーンを狙ったパスをDB(ディフェンスバック)#40アディヤミがインターセプト。リードを保ち第1Qを終えた。

第2クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2015】2nd Stage vsエレコム神戸ファイニーズ
【Xリーグ秋季リーグ2015】2nd Stage vsエレコム神戸ファイニーズ

第1Qから続いたファイニーズの攻撃をパントに追い込んだフロンティアーズ。第2Q最初の攻撃は、WR(ワイドレシーバー)#1強への53ヤードのパスが決まり、一気に敵陣10ヤードへ。続くパスもエンドゾーン左隅に走り込んだWR#1強へ。82ヤードを4プレー、1分8秒のドライブで追加点を上げた(第2Q・2:10、14-0)。続く、ファイニーズの攻撃は43ヤードをゲインし、FGを選択するも失敗に終わる。自陣22ヤードから始まったフロンティアーズのシリーズは、2つのランと4つのパス、6プレーすべてでゲインを重ねる。最後はWR#17秋山へ38ヤードのタッチダウンパスを決め、リードを広げた(第2Q・8:15、21-0)。続くファイニーズの攻撃では、自陣29ヤードまで攻め込まれフォースダウンギャンブルに。しかし、この攻撃をきっちりと跳ね返し、21-0で前半を終えた。

第3クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2015】2nd Stage vsエレコム神戸ファイニーズ
【Xリーグ秋季リーグ2015】2nd Stage vsエレコム神戸ファイニーズ

フロンティアーズのキックで始まった後半、最初のドライブは互いにパント。ファイニーズ2度目の攻撃は自陣43ヤードからと絶好のフィールドポジションだったが、LB(ラインバッカー)#41木下のロスタックルなどで11ヤードのゲインに留め、思うように攻めさせない。その後の自陣15ヤードから始まったシリーズで、この日4つ目のタッチダウンを奪う。まずはWR#22宜本(潤)へ11ヤードのパスを決めたQB#3キャメロンは、WR#25成田へ25ヤード、フォースダウンギャンブルとなってもWR#17秋山へ10ヤードのパスを投げ、ファーストダウンを更新。直後も、ノーハドルですぐにプレーをはじめ、WR#22宜本(潤)へ23ヤードのタッチダウンパスを決めた。この日は、パスで298ヤード、走っても50ヤードを獲得する活躍をみせた。

第4クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2015】2nd Stage vsエレコム神戸ファイニーズ
【Xリーグ秋季リーグ2015】2nd Stage vsエレコム神戸ファイニーズ

第3Qから続いたファイニーズの攻撃、59ヤードを獲得されフロンティアーズのゴール前22ヤードへ。ファーストダウン更新まで2ヤードを残し、ギャンブルに出たところをLB#16ニクソンがQBサック。ファイニーズの攻撃を断ち切った。続くフロンティアーズの攻撃は、QB#12平本からWR#19和田へのパスやRB#30金のラン、QB#12平本のランでゲインを重ねるもパントに終わる。続くファイニーズの攻撃をパントとして迎えたフロンティアーズの攻撃で、この日2つ目となるファンブル。タッチダウンを奪われてしまう(第4Q・12:03、28-7)。

最終スコアは28-7、セカンドステージ初戦を勝利で飾ったフロンティアーズ。次戦は11月15日(日曜日)横浜スタジアムにてセントラル・ディビジョンを2位通過したLIXIL DEERSとの対戦だ。

文/ NANO association 写真/ FAIS UN REVE