このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2014 秋季リーグ >
  5. 68th RICE BOWL vs 関西学院大学ファイターズ (レポート)
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

Xリーグ2014 秋季リーグ

Xリーグ2014 秋季リーグ68th RICE BOWL vs 関西学院大学ファイターズ

富士通フロンティアーズ 33 vs 関西学院大学 24
富士通フロンティアーズ   関西学院大学
試合日 : 2015年1月3日(土)
天  気 : 晴れ
会  場 : 東京ドーム
観  衆 : 30361人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 3 17 3 10 33
関西学院大学 7 3 14 0 24

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 11:11 FG #11西村 41
関西学院 1 15:00 PASS #88木戸
→#85木下
5 KICK #12三輪 G
富士通 2 02:30 RUSH #29ゴードン 3 KICK #11西村 G
関西学院 2 05:20 FG #12三輪 46
富士通 2 8:43 FG #11西村 47
富士通 2 14:46 PASS #12平本
→#81中村
1 KICK #11西村 G
関西学院 3 09:14 RUSH #40橋本 1 KICK #12三輪 G
富士通 3 10:48 FG #11西村 48
関西学院 3 14:50 PASS #11斎藤
→#88木戸
23 KICK #12三輪 G
富士通 4 02:33 RUSH #29ゴードン 11 KICK #11西村 G
富士通 4 10:19 FG #11西村 33

第1クォーター

【68th RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ
【68th RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ

2015年1月3日(土曜日)、ライスボウルに進出した富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)は、東京ドームにて関西学院ファイターズ(以下、ファイターズ)と対戦。3万361人の観衆を動員し、フロンティアーズのキック、ファイターズのレシーブで試合がはじまった。

オープニングシリーズからトリックプレーを多用するファイターズ。一方のフロンティアーズは、今季はじめてQB(クォーターバック)#12平本が先発。互いにリズム良く攻め込むも、立ち上がりはパントを蹴り合う展開に。そんな中、先制を果たしたのはフロンティアーズだった。自陣29ヤードから始まったこの日2度目の攻撃で、47ヤードをゲイン。最後はK(キッカー)#11西村が41ヤードのFG(フィールドゴール)を決めた(第1Q・11:11、3-0)。だが、直後のファイターズの攻撃でタッチダウンを許し、リードを奪われてしまう(第1Q・15:00、3-7)。

第2クォーター

【68th RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ
【68th RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ

リードされたフロンティアーズは、第2Qに入ると反撃にでる。まずは、WR(ワイドレシーバー)#81中村が56ヤードのキックオフリターンを決め、一気に敵陣へと攻めこむと、RB(ランニングバック)#29ゴードンのランやWR#81中村へのパスが決まり、ゴールまで3ヤードに迫り、最後は再びRB#29ゴードンが走り込んでタッチダウン。逆転を果たす(第2Q・2:30、10-7)。しかし、直後のファイターズの攻撃で、46ヤードのFGを決められ同点に追いつかれてしまう。続く攻撃をFGに結び付けリードを奪ったフロンティアーズ。その後のファイターズの攻撃を退けると、自陣32ヤードからはじまったシリーズで、RB#29ゴードンやRB#6神山、WR#22宜本(潤)へのパスなどでゴールまで1ヤードに迫った。が、1stダウン、2ndダウンを止められ、2度目のタイムアウト。仕切り直しとなった3rdダウンで、オープンになったWR#81中村へのタッチダウンパスを決め、20-10とリードを広げ前半を終えた。

第3クォーター

【68th RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ
【68th RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ

後半がはじまると、ファイターズのペースでゲームが進んだ。フロンティアーズ後半最初の攻撃はパントに追い込まれ、続くファイターズの攻撃で74ヤードを15プレーかけて攻め込まれる。最後は4thダウンギャンブルにでたファイターズを止めたものの、自陣1ヤードからの攻撃は、1プレー目のパスをインターセプトされてしまう。ファイターズはこのチャンスを確実にタッチダウンに結びつけ、追い上げる(第3Q・9:14、20-17)。続くシリーズでは、WR#81中村に、この日2つ目のビッグリターンが飛び出し、FGで得点を上げる(第3Q・10:48、23-17)。だが、続くファイターズの攻撃で、73ヤードを9プレーかけ攻め込まれ、最後は23ヤードのタッチダウンパスを決められ逆転を許してしまう(第3Q・14:50、23-24)。

第4クォーター

【68th RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ
【68th RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ

1点を追う展開となったフロンティアーズ。第4クォーター最初のシリーズはパスインターセプトを許し、思うように攻められない。この嫌な流れを断ち切ったのがDB#40アディヤミだった。ファイターズが4thダウンギャンブルに出た場面で、パスインターセプト。そのまま38ヤードをゲインし、ゴールまで17ヤードとチャンスを作る。この絶好の機会に、QB#12平本はWR#17秋山へのパスでゴールまでの距離を縮めると、最後は#29ゴードンにボールを預け、再び逆転を果たした(第4Q・2:33、30-24)。その後、FGの3点を加えたフロンティアーズが、33-24で勝利。ライスボウル初出場で、見事日本一に輝いた。

なお、この試合の最優秀選手賞(ポール・ラッシュ杯)は、この日95ヤードをゲインし、2つのタッチダウンを決めたRB#29ゴードンが獲得。Xボウルに続く活躍をみせた。

文/ NANO association 写真/ FAIS UN REVE