このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2014 秋季リーグ >
  5. 1st Stage第1節 vsハリケーンズ (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

Xリーグ2014 秋季リーグ

Xリーグ2014 秋季リーグ1st Stage第1節 vsハリケーンズ

富士通フロンティアーズ 68 vs ハリケーンズ 0
富士通フロンティアーズ   ハリケーンズ
試合日 : 2014年9月7日(日)
天  気 :
会  場 : 川崎富士見球技場
観  衆 : 660人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 20 28 10 10 68
ハリケーンズ 0 0 0 0 0

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 03:07 PASS #3キャメロン→#81中村 22 KICK #11西村 G
富士通 1 05:10 PASS #3キャメロン→#22宜本(潤) 50 RUSH NG
富士通 1 09:56 RUSH #3キャメロン 5 KICK #11西村 G
富士通 2 00:07 PR #98南 5 KICK #11西村 G
富士通 2 02:36 RUSH #32後藤 5 KICK #11西村 G
富士通 2 05:11 PASS #12平本
→#81中村
34 KICK #11西村 G
富士通 2 09:01 RUSH #20高野橋 3 KICK #11西村 G
富士通 3 02:55 RUSH #20高野橋 5 KICK #19吉田 G
富士通 3 08:04 FG #19吉田 26
富士通 4 01:35 FG #19吉田 27
富士通 4 07:39 RUSH #20高野橋 19 KICK #19吉田 G

第1クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2014】1st Stage 第1節 vsハリケーンズ
【Xリーグ秋季リーグ2014】1st Stage 第1節 vsハリケーンズ

2014年9月7日(日曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)のXリーグ開幕戦は、ハリケーンズを相手に川崎富士見球場で行われた。雨の降るなか660人の観衆が集まった試合は、フロンティアーズのキック、ハリケーンズのレシーブで始まった。

残り47ヤードから始まったフロンティアーズ最初の攻撃。先制点を演出したのはQB(クォーターバック)#3キャメロンだった。22ヤード地点から左サイドに走ったWR(ワイドレシーバー)#81中村へパスを通し、タッチダウン。K(キッカー)#11西村が、しっかりとキックを決めて鮮やかに先制を果たしてみせた(第1Q・3:07、7-0)。続くハリケーンズの攻撃をディフェンス陣が断ち切ると、ビッグプレーが飛び出す。50ヤード地点からQB#3キャメロンが40ヤード以上のロングパス。WR#22宜本(潤)がしっかりと受け止め、ディフェンスを交わしてタッチダウン。(第1Q・5:10、13-0)。その後も、#3キャメロンが相手の裏をかく、5ヤードのラッシュを決めリードを広げた(第1Q・9:56、20-0)。

第2クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2014】1st Stage 第1節 vsハリケーンズ
【Xリーグ秋季リーグ2014】1st Stage 第1節 vsハリケーンズ

第2クォーターに入ってもフロンティアーズの勢いは止まらない。開始7秒、4thダウンとなったハリケーンズのキックを、フロンティアーズが見事にブロック。こぼれたボールをDL(ディフェンスライン)#98南が拾いタッチダウン。ビッグプレーに会場が沸く(第2Q・0:07、27-0)。5分過ぎには、代わって入ったQB#12平本がWR#81中村へ34ヤードのタッチダウンパスに成功(第2Q・5:11、41-0)。さらには、DL#91一木がQBサックとビッグプレーをみせ、ハリケーンズの攻撃を封じ込める。9分1秒には、RB#20高野橋のラッシュも決まり、フロンティアーズは前半を48-0と大量リードで折り返した。

第3クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2014】1st Stage 第1節 vsハリケーンズ
【Xリーグ秋季リーグ2014】1st Stage 第1節 vsハリケーンズ

フロンティアーズのレシーブ、ハリケーンズのキックで再開した後半戦。点差が開いたものの、ディフェンス陣がテンポよく相手の攻撃を断っていく。一方、さらなる得点を目指すオフェンス陣は、第3クォーター最初のシリーズで、RB(ランニングバック)#32後藤がフットワークと強さをみせ、22ヤードのランプレーに成功、RB#20高野橋のタッチダウンに結びつけた(第3Q・2:55、55-0)。また、QB#12平本とWR#25成田とのコンビで、40ヤード以上のパスを通したり(第3Q・8:04、58-0)、同じくWR#25成田が33ヤードのランプレーを決めたり、観衆を魅了するプレーを連発。その後の得点を呼び込んだ。

第4クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2014】1st Stage 第1節 vsハリケーンズ
【Xリーグ秋季リーグ2014】1st Stage 第1節 vsハリケーンズ

フロンティアーズの攻撃で始まった最終クォーター。4thダウンとなってキックを選択し、27ヤードの距離をQB#19吉田が見事に決める(第4Q・1:35、61-0)。続くハリケーンズの攻撃をしっかりと止め、70ヤードから始まったシリーズでは、QB#15吉村の的確なパスが決まり敵陣に攻め込む。最後は19ヤードをRB#20高野橋が走り切りタッチダウン。QB#19吉田がキックを決めた(第4Q・7:39、68-0)。序盤からテンポよく得点を重ねたフロンティアーズ。失点も0に抑え、68-0のスコアで開幕戦を勝利で飾った。同時に、多くの選手がフィールドに立った一戦は、収穫も多かったことだろう。次戦は9月16日(火曜日)19:00から東京ドームにて明治安田パイレーツとの対戦が控えている。

文/ NANO association 写真/ FAIS UN REVE