【ニューイヤー駅伝】中継速報 第3区福井誠選手


第3区(13.7km) 8位 1:37:49/福井 誠 39:28(区間12位)

3区を走った福井選手は、カマシ選手から9位で受け継いだ襷を、1つ順位を上げて8位でエース区間である4区の堺選手へつないだ。

<3区通過順位>
1位 日清食品グループ 佐藤 悠基 1:36:22
2位 トヨタ自動車 浜野 健 1:36:37
3位 Honda 石川 末廣 1:36:39
・・・
8位 富士通 福井 誠 1:37:49

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第2区:チャールズ・カマシ選手


第2区(8.3km) 9位 58:21/チャールズ・カマシ 22:31(区間9位)

インターナショナル区間の2区。外国人選手の起用はこの区間だけに限定される。富士通も、順位の大きな変化が予想される2区での巻き返しを期待したい。

その期待に応えるように、19位でタスキを受け取った富士通のチャールズ・カマシ選手は、スピードに乗った走りで次々と前を走る選手をとらえていく。5kmを過ぎた時点で、一気に10人を抜きさり9位まで順位をあげた。

1位で第3区にタスキを渡したのはスズキ。さらにトヨタ自動車、HONDAと続く。富士通はそのまま、トップと43秒差の9位でタスキをつないだ。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】中継速報 第2区チャールズ・カマシ選手


第2区(8.3km) 9位 58:21/チャールズ・カマシ 22:31(区間9位)

2区を走ったカマシ選手は、見事な10人抜きを演じ19位から9位まで大きく順位をあげた。

<2区通過順位>
1位 スズキ マーティン・マサシ 57:38
2位 トヨタ自動車 ジョン・ツォー 57:49
3位 Honda ヤコブ・ジャルソ 57:49
・・・
9位 富士通 チャールズ・カマシ 58:21

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第1区:鈴木良則選手


第1区(12.3km) 19位 35:50/鈴木良則 35:50(区間19位)

各チームの実力者が揃う1区は、快調なペースでスタートしたものの、中盤はかなり遅いスピードで展開。しかし、7kmを越えカネボウが勝負を仕掛けてからレースは大混戦に。トヨタ自動車九州、スズキ、 NTN、東京電力など10人以上が先頭を取る目まぐるしいレース展開となった。

富士通は中盤まで、2位集団の中ほどからトップを伺っていたが思うように順位を上げることができず。安定した力を持つ鈴木選手は堅実な走りを見せるものの、徐々に後退。最終的に、1位カネボウと22秒遅れの19位で2区にタスキを渡した。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】中継速報 第1区:鈴木良則選手


第1区(12.3km) 19位 35:50/鈴木良則 35:50(区間19位)

1区を走った鈴木良則選手はトップから22秒差の19位で2区のカマシ選手へ襷をつなぐ。

<1区通過順位>
1位 カネボウ 木原 真佐人 35:28
2位 日清食品グループ 座間 紅弥 35:31
3位 東京電力 若松 儀裕 35:32
・・・
19位 富士通 鈴木 良則 35:50

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP