【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第7区:太田貴之選手


第7区(15.7km) 3位 4:51:37/太田 貴之 48:48(区間4位)

連覇を目指して最後の戦いとなる第7区。トップと14秒差の3位で第6区を終えた富士通は、最後の希望を襷にのせて太田貴之選手に託した。第7区は強い向かい風が前方から吹いてきて、脚力の要求される区間だけに、風との戦いも勝負の分かれ目となる。

アンカーの太田選手は序盤から苦しいレース展開を強いられる。トップの日清食品グループが向かい風に対して力強い走りを見せると、2位のコニカミノルタも徐々に先頭との距離を縮め、約9秒差でついていく。少し遅れた太田選手はトップからおよそ20秒遅れの単独3位。トップとは170m程度の差だが、なかなか距離を詰められない状況が続く。

強い風が真正面から吹き続ける中、トップと太田選手の差は徐々に拡大。2位選手の背中を見ながら力走を見せるも、トップとの差は30秒ほどまで開いていった。後方の4位中国電力とのタイム差はさらに約30秒と大きく開いているだけに、後ろを気にする必要はないが、トップを追いかけるきっかけが欲しいところだ。

しかし、そのまま追い上げのきっかけを掴むことができずズルズルとトップとの差は開いていく。10km地点の通過タイムは、日清食品グループが4:33:05秒、2位コニカミノルタは14秒差、3位富士通は54秒差。太田選手は苦しい表情を浮かべながらも最後の15.7kmを走り抜く。

最終的に順位は、1位日清食品グループ4:50:07秒、トップと28秒差で2位コニカミノルタ、1:29秒差で3位富士通。ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ富士通だが、惜しくも連覇はならなかった。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】速報 第7区太田貴之選手


第7区(15.7km) 3位 4:51:37/太田 貴之 48:48(区間4位)

3位で6区岩水選手から襷を受け取ったアンカーの太田選手は、強い向かい風を受けながらも力強い走りを見せたが、追い上げ敵わず3位でフィニッシュ。

<ゴール順位>
1位 日清食品グループ 小野 裕幸 4:50:07
2位 コニカミノルタ 坪田 智夫 4:50:36
3位 富士通 太田 貴之 4:51:37

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第6区:岩水嘉孝選手


第6区(11.8km) 3位 4:02:49/岩水 嘉孝 34:36(区間3位)

優勝を狙うために大事な区間となる第6区。アップダウンのある難しいコースを走るのは実力者の岩水嘉孝選手。すでにトップとの差は僅かとなっているため、好位置をキープしてアンカーへ襷を届けたい。

レースはここに来て、今までトップグループを走ってきたHondaがペースダウンで後退。トップに立った日清食品の松宮選手が2位以降を突き放す走りを見せる。トップと8秒差の4位で襷を受けとった富士通の岩水選手は、遅れだしたHondaを抜いて2位グループに浮上。コニカミノルタ、中国電力、富士通の3チームで2番手を争う展開となった。中盤以降は、岩水選手が2位で集団を先導。トップから約15秒遅れで、先頭の日清食品グループを追いかける。

2位集団は残り1kmのところで、力を温存していたコニカミノルタが勝負。しかし岩水選手もこれを必死で追走。離されずにきっちりついていく粘りの走りを見せ、最後の中継地点へ。順位は1位が日清食品グループ、11秒差で2位コニカミノルタ、14秒差で3位富士通。勝負は、アンカーの太田貴之選手に任された。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】中継速報 第6区岩水嘉孝選手


第6区(11.8km) 2位 4:02:49/岩水 嘉孝 34:36(区間3位)

4位で藤田選手から襷を受け取った5区岩水選手は、順位をひとつ上げた3位で最終7区の太田選手へ最後の襷をリレーした。

<6区通過順位>
1位 日清食品グループ 徳本 一善 4:02:35
2位 コニカミノルタ 松宮 隆行 4:02:46
3位 富士通 岩水 嘉孝 4:02:49

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第5区:藤田敦史選手


第5区(15.9km) 4位 3:28:13/藤田 敦史 46:58(区間2位)

上り坂のコースとなり、今回のニューイヤー駅伝最難関の区間と言われる第5区。走るのは去年第4区で素晴らしい走りを見せた藤田敦史選手。昨年同様の活躍を期待したい。

4位でタスキを受けた藤田選手は、中国電力とコニカミノルタと共に3人で4位集団を形成。序盤は厳しい向かい風により苦しい走りを強いられたため、スタミナを抑えながら上位を伺う。それでもトップとの差は40秒程度に縮まり、本格的な追走体制に。9kmを過ぎてからは、力をためていた藤田選手が仕掛けて、後続を突き放しにかかる。そして、松原橋チェックポイント(スタートから67.6km地点)に差し掛かる頃には、トップHondaとの差はわずか23秒の第4位につけた。

この勢いでさらに追い上げたい藤田選手は、前方を走るトヨタをついにとらえ3位争いに参加。ここにコニカミノルタ、中国電力を加えた合計4チームで、3位を争いながら中継地点へ。最終的にトップグループは、1位日清食品グループ、2位にHonda。そして中継地点直前でスパートをかけた藤田選手がトップと8秒差の4位でタスキを第6区へ。3位中国電力との差は僅か1秒となっているだけに、今後の優勝争いに大いに期待できる。昨年も素晴らしい走りを見せた藤田選手は、46:58という区間2位の記録を残した。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP