横田選手レース後コメント


男子800m決勝 8位(2分08秒02)

横田選手レース後コメント
予選から動きは良くありませんでした。決勝レース前のアップも思うようにいかず、コンディションを整えることができないまま、レースに臨んでしまいました。最初は、自分のリズムで走り始めたのですが、他の選手がペースを上げた際に対応することができず、順位を落としてしまいました。

今後は国体が2週間後にあるので、そこで勝利し、できればタイムも狙っていきたいと思っています。シーズンはそこで終わりますが、来年のアジア大会に向けて、しっかり練習を積んでいきたいです。

今年の冬もアメリカで合宿をしようと思っています。前回は噛み合わない部分もあり、うまくいかなかったのですが、今年もう1度、チャレンジして自分のなかで良い形になるようにしていきたいです。

🔗 Twitter ★本大会の様子を実況中!
🔗 富士通陸上競技部HP


口野選手レース後コメント


男子800m決勝 3位(1分51秒72)

口野選手レース後コメント
しんどかったですね、予選も決勝も。身体がうまく反応してくれなかったですし、いつも使っている身体じゃないというか、いつも以上に1日2本というのが重く感じましたね。

こういうタイムテーブルでの試合なので、記録は出ないなという認識で、順位を狙って楽に走れるようにと準備段階では考えていました。結果的には、課題としているラスト50mというのがあからさまに出た試合だったので、自分にあきれるというか、客観的に見ると“口野、弱いな”っていう感じですね。

今後は、タイムを狙っていくしかないと思っています。10月は1日1本というレースがほとんどだと思うので、そろそろ自己記録を更新したいと思います。

🔗 Twitter ★本大会の様子を実況中!
🔗 富士通陸上競技部HP


本塩選手レース後コメント


男子200m決勝 4位(21秒15)

本塩選手レース後コメント
レースに出るのが5カ月ぶりで、さらに200mは半年ぶりだったのですが、予選の走りだとキレは出てきたものの本調子ではないという感じでした。予選では、あまり動きがよくない中で21秒を切るタイムが出たので、これなら決勝も狙えるかなと思って走りました。

しかし、決勝のレースでいうと完全に勝負慣れしていない感じでしたね。予選の時のように前に追いついて使って、という感じで走ろうと思っていたのですが、決勝になると最後のコーナーを出たあたりから直線に入った瞬間に、3人ぐらい前に出てきた。これは届かないなと思ってしまいました。本当に試合慣れしていないんだなと、試合直後に感じたことがそれでした。これから頑張らなければいけないなという、今大会の200mでしたね。

来年もまた200mメインでやっていこうと思っていて、アジア大会出場を目標に、20秒前半を目指していきたいと思っています。シーズンも残り少ないので、冬はそういった方向性を持ってやっていこうと思っています。

🔗 Twitter ★本大会の様子を実況中!
🔗 富士通陸上競技部HP


高瀬選手レース後コメント


男子200m決勝 3位(20秒89)

高瀬選手レース後コメント
今は一から走りを作り直している状態なので、今大会は練習の場として考えていました。正直、勝ちたかったというのはありますが、ある程度自分の納得できる動きを表現できたのは収穫でしたね。

シーズン前半よりは、いい走りができたかなと思います。タイムが伴っていないので、何とも言えないですが、自分ではいい方向に向かっていると感じています。

今後は、来年アジア大会があるので、まずそこで勝ちたいですね。アジアで勝って、世界選手権、オリンピックともう一度挑戦したい。勝つためには、20秒2~1台が絶対的に必要になってくるので、そこを目標に頑張っていきたいです。前半期で迷いながらやっていたものが、迷わないで練習もできるようになってきたし、今はやっとひとつの方向性が見えてきたかなというところなので続けていきたいと思います。

🔗 Twitter ★本大会の様子を実況中!
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子5000m決勝


男子5000m決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:ジョナサン・ディク(日立物流) 13分29秒08
2位:チャールズ・ディランゴ(JFEスチール) 13分39秒06
3位:ランガット・クレメント(SUBARU) 13分41秒66
・・・
6位:ギタウ・ダニエル(富士通) 13分44秒77
15位:佐藤佑輔(富士通) 14分06秒47

🔗 Twitter ★本大会の様子を実況中!
🔗 富士通陸上競技部HP