鈴木選手レース後コメント


男女10000mW決勝 6位(41分37秒09)

鈴木選手レース後コメント
世界陸上が終わって休養をとったので、その休養明けのレースということで、今の状態の把握と今後練習していくための準備という位置づけで、今大会は出場しました。今の調子でいえば、予定していた通りのペースで行けたかなと思います。

実力的にいったら全然ダメなタイムですが、練習していたのはあれぐらいのゴールタイムで、実際にちょうどそこにあてはまったので、現状把握はできているかなと思っています。

今後は国体が2週間後にあって、次は神戸の日本選手権になります。そこで、自己ベストというよりは、1時間20分を切れるレースがしたいと思っています。その後は、来シーズンにワールドカップ競歩とアジア大会があるので、そこで今年やれなかったことをやれればいいかなと考えています。

🔗 Twitter ★本大会の様子を実況中!
🔗 富士通陸上競技部HP


佐藤選手レース後コメント


男子5000m決勝 15位(14分06秒47)

佐藤選手レース後コメント
レースとしては序盤から前の方で進めて、外国人選手たちについていけるだけついていこうと考えていました。実際に今の実力では、追いついても最後まで持ちこたえることはできなかったかなと思います。

今大会は一日2本というのもあって、午前中のレースが終わってから体に熱がこもってしまい、決勝に関してはコンディション的にあまり良い状態ではありませんでした。だから逆に、前半戦から攻めの姿勢で行けるところまで行こうという気持ちになりましたし、それだけ積極的に戦えたのは良かった点のひとつだと思います。

今後に関しては、駅伝も入ってくるのでしっかり練習を積み重ねてメンバーに入れるように頑張っていきたいと思います。務められればアンカーあたりを狙って、自分の武器であるスピードを活かしてチームに貢献できればと思います。

🔗 Twitter ★本大会の様子を実況中!
🔗 富士通陸上競技部HP


大利選手レース後コメント


男女10000mW決勝 1位(44分22秒56)

大利選手レース後コメント
今日のレースは、前半から先頭に立ってできるだけ貯金を作るような展開を想定して実行できたので、タイム的にはもう少しという気はするのですが、優勝できたので良かったと思います。世界選手権が終わった後、渕瀬選手から「一緒に全日本実業団で日本記録を出しましょう」という一言もいただいたので、本腰を入れて大会に臨むことができました。

今後は大きいレースに出場することはないですが、陸上教室とか個人的に指導して欲しいという要望があれば、対応していこうと思っています。

たくさんの応援してくださった方々のおかげで、ここまで続けることができたと思っているので、皆さんには改めて「ありがとうございました」と伝えたいです。引き続き、富士通には競歩の男子選手が2名いますので、特に2人に注目してもらいつつ、今後も競歩の応援をしていただけたら嬉しいです。

🔗 Twitter ★本大会の様子を実況中!
🔗 富士通陸上競技部HP


森岡選手レース後コメント


男女10000mW決勝 5位(41分27秒85)

森岡選手レース後コメント
世界陸上後の再スタートという気持ちで、レースに挑みましたが、やはりまだ自分のイメージと動きにズレがあるなと思います。ちょっとずつ状態は上向いてきているのですが、なかなかそれを結果に結びつけるのは難しいのかなと感じました。

今大会は、特別に優勝や自己記録と強く思うよりも、できることをやって力を最大限に発揮するというのをテーマにしていました。正直なところ、もうちょっといけるかなと思いましたし、うまくコントロールできていないところがあったのかなと感じます。

この後は、2週間後に国体で歩いて、年内はそれで一区切りになります。また来年、しっかりと自分の納得のいく結果を残すために、この後のシーズンでもう一度自分を鍛えなおしていきたいと思います。

🔗 Twitter ★本大会の様子を実況中!
🔗 富士通陸上競技部HP


男子4×100mR決勝メンバーコメント


男子4×100mR決勝 2位(39秒48)

メンバーコメント
第1走者:本塩
優勝を狙って走ったのですが、アンカー勝負という感じになってしまいましたね、周りがスプリンターの中で、混成の音部さんが奮闘してくれて、すごく楽しいレースになりました。見ている人も、楽しめたと思います。

第2走者:高平
悔しいですね。大会記録出すからには勝ちたかったですけど、予選の時から大会記録が出るなら、どこか1チームが調子いい、2~3チームが一気に出すか、どちらかかなと思っていたので。出る時はこうだなっていう感じになりましたね。その中で勝てれば最高だったんですけどどこのチームも万全とはいえないし、こういった形で実業団で切磋琢磨できるというのは素晴らしいと思っています。

第3走者:高瀬
大会新が出たのは良かったと思うのですが、負けてしまったので悔しいですね。周りも大会新で、なかなかないレースだなとは思うのですが、全体的には楽しめました。

第4走者:音部
1走から3走までが作ってくれた貯金を使ってしまって、自分としてはふがいない、悔しい結果となりました。思ったより周りも早く、3位まで大会新記録ということでレベルの高いレースになったのは、良かったと思います。

🔗 Twitter ★本大会の様子を実況中!
🔗 富士通陸上競技部HP