【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第4区:堺晃一選手


第4区(22.3km) 4位 2:41:15/堺晃一 1:03:26(区間2位)

各チームのエースが走る、レース最長区間の第4区。22.3kmにわたるこの区間を、富士通はチーム2年目の堺晃一選手に託した。

8位で襷を受けた堺選手は、序盤からペースを上げてトップを追走。2人を抜いて8km地点を通過すると、10km地点ではトップと1:14秒差の6位で通過。中継地点でのトップとの差1:27秒を10秒以上も縮める力走を見せた。

前半をかなりのハイペースで飛ばした堺選手。それだけに後半のスタミナが気になるところだが、トップを走るトヨタと日清食品グループの2人を視界にとらえつつ、約350m以内の差をキープ。区間終盤の残り4kmもペースを落とすことなく素晴らしい走りを披露。最終的に富士通は、ゴール前で5位のコニカミノルタを交わし4位で第5区へ。堺選手は、区間2位となる1:03:26秒で4区を走りきり、トップとの差を48秒まで縮める大活躍を見せた。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】中継速報 第4区堺晃一選手


第4区(22.3km) 4位 2:41:15/堺 晃一 1:03:26(区間2位)

3区の福井選手から8位で襷を受けた堺選手は、10km、15kmのチェックポイントを4位という素晴らしいタイムで通過し、順位を4つ上げて4位で5区藤田選手へ襷をつなぐ。

<4区通過順位>
1位 Honda 藤原 正和 2:40:27
2位 トヨタ自動車 尾田 賢典 2:40:29
3位 日清食品グループ 北村 聡 2:40:46
4位 富士通 堺 晃一 2:41:15


【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第3区:福井誠選手


第3区(13.7km) 8位 1:37:49/福井誠 39:28(区間12位)

前半のレースでキー区間となる第3区。先頭集団から少し遅れている富士通だが、トップとまだ大きな差はないだけにしっかりと順位をキープしながら、逆転のチャンスを伺いたい。

10 人を抜き去った2区チャールズ・カマシ選手から、9位でタスキを受け取った3区の福井誠選手。そのままの勢いをキープし、スピードをあげた福井選手は2人を抜いて7位に浮上。5km通過時点でトップの日清と約50秒差と、まだまだトップを狙える位置につける。富士通はそのまま、カネボウらと共に6位集団を形成しながら区間の後半を迎えた。

1位で第3区を終えたのは日清。さらに2位トヨタ自動車、3位にHONDA。富士通はトップと1:27秒遅れの8位で第4区にタスキをつなぐ。

<おまけ>
3区では、富士通陸上競技部のメンバー(田野中、口野、宮澤、堀籠)が福井選手に声援を送っていました!

田野中選手「一年を占う大事な試合なので、とにかく頑張って欲しいですね!」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】中継速報 第3区福井誠選手


第3区(13.7km) 8位 1:37:49/福井 誠 39:28(区間12位)

3区を走った福井選手は、カマシ選手から9位で受け継いだ襷を、1つ順位を上げて8位でエース区間である4区の堺選手へつないだ。

<3区通過順位>
1位 日清食品グループ 佐藤 悠基 1:36:22
2位 トヨタ自動車 浜野 健 1:36:37
3位 Honda 石川 末廣 1:36:39
・・・
8位 富士通 福井 誠 1:37:49

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第2区:チャールズ・カマシ選手


第2区(8.3km) 9位 58:21/チャールズ・カマシ 22:31(区間9位)

インターナショナル区間の2区。外国人選手の起用はこの区間だけに限定される。富士通も、順位の大きな変化が予想される2区での巻き返しを期待したい。

その期待に応えるように、19位でタスキを受け取った富士通のチャールズ・カマシ選手は、スピードに乗った走りで次々と前を走る選手をとらえていく。5kmを過ぎた時点で、一気に10人を抜きさり9位まで順位をあげた。

1位で第3区にタスキを渡したのはスズキ。さらにトヨタ自動車、HONDAと続く。富士通はそのまま、トップと43秒差の9位でタスキをつないだ。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】中継速報 第2区チャールズ・カマシ選手


第2区(8.3km) 9位 58:21/チャールズ・カマシ 22:31(区間9位)

2区を走ったカマシ選手は、見事な10人抜きを演じ19位から9位まで大きく順位をあげた。

<2区通過順位>
1位 スズキ マーティン・マサシ 57:38
2位 トヨタ自動車 ジョン・ツォー 57:49
3位 Honda ヤコブ・ジャルソ 57:49
・・・
9位 富士通 チャールズ・カマシ 58:21

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第1区:鈴木良則選手


第1区(12.3km) 19位 35:50/鈴木良則 35:50(区間19位)

各チームの実力者が揃う1区は、快調なペースでスタートしたものの、中盤はかなり遅いスピードで展開。しかし、7kmを越えカネボウが勝負を仕掛けてからレースは大混戦に。トヨタ自動車九州、スズキ、 NTN、東京電力など10人以上が先頭を取る目まぐるしいレース展開となった。

富士通は中盤まで、2位集団の中ほどからトップを伺っていたが思うように順位を上げることができず。安定した力を持つ鈴木選手は堅実な走りを見せるものの、徐々に後退。最終的に、1位カネボウと22秒遅れの19位で2区にタスキを渡した。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】中継速報 第1区:鈴木良則選手


第1区(12.3km) 19位 35:50/鈴木良則 35:50(区間19位)

1区を走った鈴木良則選手はトップから22秒差の19位で2区のカマシ選手へ襷をつなぐ。

<1区通過順位>
1位 カネボウ 木原 真佐人 35:28
2位 日清食品グループ 座間 紅弥 35:31
3位 東京電力 若松 儀裕 35:32
・・・
19位 富士通 鈴木 良則 35:50

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レーススタート!


第1区の鈴木良則選手が颯爽とスタートしました! 昨年のレースでは、9年ぶり2度目の優勝を果たした富士通。連覇を目指してのスタートです。

カネボウがスタートから飛び出す中で、富士通は集団の中からトップを狙います。

最初の1kmは2分52秒で通過。その後、3km地点は8分53秒で通過と少しペースを落として、それぞれが勝負の時を伺う展開。各選手が周りの出方を警戒する中で、仕掛ける選手は出てくるのでしょうか。

白い息を吐きながら、選手たちが頂点を目指して走ります!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レース前直前レポート


ついに、ニューイヤー駅伝2010当日。スタート地点となる群馬県庁前では様々なイベントが行われており、きのこ汁などが振舞われたり、足湯があったりしました。

今日は朝から氷点下まで下がるという、とても寒い一日となりました。スタート時には4度まで気温はあがりましたが、逆に風が少し出てきたようで、選手たちにはとっては寒さとの戦いも厳しいものになりそうです。

スタート直前となり、徐々に沿道に観客が集まり始めました。富士通の応援フラッグを持った方もたくさんいらっしゃいます。

全100kmに及ぶ戦いの火蓋が今、切られます!


※スタートを前にアップ中の鈴木良則選手
※スタートを前にアップ中の鈴木良則選手

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP