【全日本実業団 1日目】暑さの中、男子10000mは厳しいレースに


全日本実業団対抗陸上競技選手権大会最初の種目は男子10000mタイムレース決勝。富士通の宮田越選手は2組目、マーティン・ワウエル選手は3組目に登場しました。

スタートから集団の真ん中あたりにつけてレースを進めていた宮田選手でしたが、徐々に遅れだし残り4周あまりのところで先頭集団に抜かれ、2組19位でゴール。

「暑くてスローペースになるのはわかっていたので、その中で“どれだけ我慢できるか”というレースをするように監督から言われていました。4000mまではいい感じで走れていたんですけど、そこから我慢できなくなりました。練習でも苦しくなるといつも(先頭から)離れてしまって・・・それが試合でも出てしまいました。離れてからも、我慢できずに自分のレースができていないのは、まだ力不足だなと感じるところです」と、宮田選手はレースを振り返りました。

ワウエル選手が走る3組目は、有力外国人選手がひしめくツワモノ揃いの組。集団の後方につけ前を狙っていたワウエル選手でしたが、力及ばず周回遅れの3組21位でのフィニッシュ。

「暑かった。28分30秒を目標にしていましたが、(今までの)10000mの中で一番ダメでした。ラスト5000mからの先頭は速かった。これからは駅伝の練習に入ります。11月3日(東日本実業団対抗駅伝)に向けて頑張ります」とワウエル選手。

両選手とも口にしたように、今日の桃太郎スタジアムは、大会が始まった17時の時点で29度まで上がり、レース終了間際の20時にはまだ26度と暑く、長い間トラックを走る選手たちには非常に厳しいコンディションだったようです。

タイムレースの結果、総合での順位はワウエル選手が43位、宮田選手が60位となりました。
2日目の26日(土)は、短距離、中長距離、競歩にリレーと富士通勢の大活躍が期待される種目が目白押しです。ベルリン世界選手権に出場した選手たちも登場します。
大会はまだ始まったばかり、これからが楽しみです!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【全日本実業団】10000mタイムレース結果


男子10000mタイムレースの結果をお知らせします!

1位 ガトゥニ・ゲディオン 日清食品グループ 27:29.08
2位 ジョセファト・ダビリ 小森コーポレーション 27:29.11
3位 ジョン・ツォー トヨタ自動車 27:30.08
・・・
43位 マーティン・ワウエル 富士通 29:52.96
60位 宮田越 富士通 30:48.93

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【全日本実業団】桃太郎スタジアムで富士通陸上競技部が大暴れ!?


実業団の陸上部日本一を決する全日本実業団対抗陸上競技選手権大会が、本日9月25日(金)から27日(日)までの3日間、岡山県岡山市にある桃太郎スタジアムにて開催されます。

今年の富士通陸上競技部は、元旦の全日本実業団駅伝優勝に始まり、国内トップを競う日本選手権に8月にベルリンで行われた世界選手権と目覚ましい活躍を見せてきました。そして、この全日本実業団では、チームの総力を結集して男子総合4連覇、男女総合3連覇を目指します。最初の種目は男子10000mタイムレース決勝で、富士通からは宮田越選手、マーティン・ワウエル選手が出場します。最初の入賞者は出るでしょうか?

桃太郎スタジアムに富士通旋風吹き荒れるか!? こちらのブログでは、全日本実業団で奮闘する富士通陸上部を日々レポートしていきます。

選手の活躍をお楽しみに!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【全日本実業団】富士通3連覇なるか!?9月25日開幕。


今年で第57回を迎える全日本実業団対抗陸上競技選手権が2009年9月25日(金)~27日(日)の3日間、岡山県総合グランド陸上競技場(通称:桃太郎スタジアム)で開催されます。

富士通陸上部は、先月ベルリンで行われた世界選手権出場メンバーを含めた21人が14種目にエントリーし総合優勝を狙います。今大会は富士通男女総合優勝の3連覇がかかっており、1種目1種目から目が離せません。(※男子総合は4連覇がかかっています)

この大会で注目はリレー競技。昨年は走高跳を専門にする醍醐選手が4×400mリレー予選を、100m、200mの高平選手が4×400mリレー決勝を走り、普段なかなか見ることのできない姿を披露してくれました! さあ今年はいったいどの選手が走ってくれるのでしょうか!?
ぜひとも応援よろしくお願いいたします。

■出場予定選手
・男子 100m:塚原直貴
・男子 200m:高平慎士
・男子 400m:佐藤光浩、堀籠佳宏、宮沢洋平
・男子 800m:下平芳弘、口野武史
・男子 1500m:井野洋、福井誠
・男子 5000m:鈴木良則、福井誠
・男子 10000m:マーティン・ワウエル、宮田越、山口祥太
・男子 110mH:田野中輔
・男子 3000mSC:菊池昌寿、越川秀宣
・男子 10000m競歩:森岡紘一朗
・女子 10000m競歩:川﨑真裕美、大利久美
・男子 走高跳:醍醐直幸
・男子 4×100mリレー:佐藤光浩、醍醐直幸、高平慎士、田野中輔、塚原直貴、堀籠佳宏
・男子 4×400mリレー:佐藤光浩、下平芳弘、口野武史、高平慎士、堀籠佳宏、宮沢洋平

>>詳しい競技日程はこちら
http://home.m07.itscom.net/jita/topics/pdf/20090907_a.pdf

■過去の団体成績
<2008年>
【男女総合】1位:富士通 104点 、2位:スズキ 87点 、3位:ナチュリル 81点
<2007年>
【男女総合】1位:富士通 73点 、2位:ナチュリル 65点 、3位:スズキ 63点
<2006年>
【団体総合】1位:スズキ 102点、2位:富士通 90点 、3位:ミズノ 58点

※得点について:入賞者に対して、優勝 9点、2位 7点、3位 6点、4位 5点、5位 4点、6位 3点、7位 2点、8位 1点の得点がチームに与えられる。
※日本新記録には10点、日本タイ記録は5点、大会新記録は2点のボーナス得点が入賞得点以外に与えられる。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【スーパー陸上】塚原選手の競技結果とコメント


<塚原直貴選手 男子100m/レースレポート>
男子100mは、世界選手権ベルリン大会銀メダルのタイソン・ゲイ選手(アメリカ)、日本選手権優勝の江里口匡史選手(早稲田大)、そして世界選手権で準決勝に進出した塚原直貴選手(富士通)ら7人が出場。この3日前に世界歴代2位の9秒69を出したばかりのゲイ選手がどんな記録を叩き出すか、そして、塚原選手と江里口選手という日本のトップを争う2人の直接対決に注目が集まった。
レースはスタートのよかったゲイ選手と江里口選手を塚原選手が追うかたちに。後半ゲイ選手が1人抜け出し、他を寄せ付けずそのままトップでフィニッシュした。注目の日本人対決は、塚原選手が最後の最後に江里口選手をとらえそのままゴール。結果は10秒31の同タイムながら着差ありで塚原選手が2着、江里口選手が3着だった。

<塚原直貴選手 試合後のコメント>
「正直『やっちまったなぁ』というレースでした。江里口選手とは接戦になってしまいましたね。(接戦に)『なった』というより『してしまった』というほうが正しいかも。でも、どんな状態でも負けちゃいけないし、負けられないと思っていました。そういう意味では、この対決は引き分けってところじゃないでしょうか。

(世界選手権後は)少し休みをもらっていたので疲れはないですが、今は心と体の状態が合致していない感じです。今回はエキシビション的な戦いになりましたが、あと0.1秒くらい上のタイムで競りたかったねと江里口選手とも話しました。もう少し高いレベルで、万全の状態で戦えればと思います。ゲイ選手とは走る前にコミュニケーションが取れたし、覚えてくれていたので嬉しかったです。
世界が速くなってきているのを感じています。そろそろ日本記録を出さないといけない時期に来たと思いますし、1人で練習をやっているのも限界がきたと感じているので、今年と来年いっぱいくらいで変化させ、ロンドン五輪で集大成にしたいと考えています。
この後は、全日本実業団選手権はチームとして3連覇がかかっているので、もちろん総合優勝を目指します。これも含めて、徐々にステップアップしていければと思いますね。」

レース後の塚原選手とゲイ選手
レース後の塚原選手とゲイ選手

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【スーパー陸上】醍醐選手の競技結果とコメント


<醍醐直幸選手 男子走高跳/レースレポート>
男子走高跳は8人が出場し2m15の高さから競技がスタート。
8月の世界選手権以来初の試合となった醍醐直幸選手は、最初の跳躍2m15の1回目の助走の際に脚がつった感じになり、この高さをパス。2m18にバーが上がり跳躍に臨んだが、これも2m15同様脚に違和感があり助走をストップした。回復を期待し2m18、2m21をパス。1、2回目の跳躍をパスし、3回目の残り1回にかけた2m24も、助走のまま跳躍することなくマットへつっこみ記録なしに終わった。
2007年世界選手権大阪大会金メダルのドナルド・トマス(バハマ)が2m24をだだ1人クリアし優勝した。

<醍醐直幸選手 試合後のコメント>
「脚がつってしまいました。最後の練習跳躍の時にきました。両脚です。パスをして様子をみながら2m24を跳んだらカッコいいなと思っていたんですけど、何もできなかったですね・・・・・・。
世界選手権後、短い期間の中で練習はできていたので、疲れというよりは気持ちの問題だと思います。脚の状態が明日になってみないとわからないのですが、25日からの全日本実業団対抗選手権ではリベンジしたいですね」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


スーパー陸上2009、いよいよ開幕!


川崎市中原区にある等々力競技場にて、スーパー陸上2009が開幕します!
5連休というシルバーウィークの最終日、なんとかお天気も持ちこたえ、選手にとってはちょうどいい気候です。

注目はなんと言っても男子100m。塚原選手、江里口選手の世界陸上代表コンビと、世界陸上銀メダリストのタイソン・ゲイ選手の三つ巴の対決です!こちらは午後4時30分~競技開始。

また、走高飛には醍醐選手も出場いたします。
※男子110mハードルに出場予定だった田野中選手は都合により欠場となりました

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【スーパー陸上】富士通から3選手が出場!9月23日開催


9月23日(水・祝)、川崎市の等々力陸上競技場で、世界のトップ選手が参加する「スーパー陸上競技大会2009川崎」が開催される。富士通陸上部からは、8月のベルリンで行われた世界選手権代表となった男子100mの塚原直貴、男子110mHの田野中輔、男子走高跳に醍醐直幸が参加する。

世界選手権で塚原は100mで準決勝に進出。決勝進出はならなかったが、4×100mリレーでは同僚の高平慎士とともに日本代表メンバーとなり、第2走を担当。今季ベストのタイムで4位に入賞した。110mHの田野中は2回目の世界選手権参加。そして醍醐は3回目の参加となり、共に活躍が期待されたが、予選で敗退。今大会でのリベンジに期待したい。

男子100mにはタイソン・ゲイ(アメリカ)がエントリー。世界選手権でウサイン・ボルトに敗れたものの、9秒71の記録を出し「史上最速の銀メダリスト」とも呼ばれた。また、江里口匡史(早稲田大)も出場予定で、日本選手権決勝で実現しなかった、塚原との対戦も楽しみなところ。男子110mHでは、世界選手権7位のドワイト・トーマス(ジャマイカ)が参戦。田野中との対戦が期待される。また、男子走高跳では07年世界選手権の金メダリスト、ドナルド・トマス(バハマ)に今年の全米チャンピオン、トーラ・ハリス(アメリカ)と強豪が揃った。

この他にも、女子100mの福島千里(北海道ハイテク)、男子400mの金丸祐三(法政大)、女子400mの丹野麻美(ナチュリル)、男子400mHの成迫健児(ミズノ)、男子棒高跳に澤野大地(千葉陸協)、男子やり投げでは世界選手権銅メダリストの村上幸史(スズキ)など、日本のトップ選手が出場する。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


ブログ開始!


みなさん、こんにちは!

6月の日本選手権、8月の世界選手権と、富士通陸上競技部のメンバーへのご声援をいただきありがとうございます!

イベント毎にブログを設置していましたが、今後はこのブログを使って選手の情報などを随時発信していきますので、お楽しみに!!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP