【競技結果】男子5000m決勝タイムレース/2019東日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレースの競技結果をお知らせします。

◆4組
1位:ドミニク ランガット(コニカミノルタ) 13分40秒35
2位:ベナード・キメリ(富士通) 13分40秒69
3位:alexander mutiso(NDソフト) 13分41秒92
・・・
19位:佐藤 佑輔(富士通) 14分14秒34
24位:石井 秀昂(富士通) 14分27秒11

◆2組
1位:其田 健也(JR東日本) 14分06秒95
2位:遠藤 靖士(CROSSBRACE) 14分17秒78
3位:黒河 一輝(コモディイイダ) 14分21秒06
・・・
25位:大森 澪(富士通) 14分52秒88

男子5000m 佐藤佑輔 石井秀昂 ベナード・キメリ 男子5000m 佐藤佑輔 石井秀昂 ベナード・キメリ

大森澪 富士通


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


新安直人選手競技後コメント/2019東日本実業団陸上


男子800m新安直人 富士通男子800m決勝 1位:新安直人 1分50秒58

新安直人 競技後コメント

シーズン前半に故障が続き、練習があまり積めていない中での今大会出場でした。どういう展開で組み立てるのかも悩みましたし、不安材料が多いレースでしたが、結果として勝ち切れたところは良かったと思います。

終盤はそこまで余裕があったわけではないですが、後半300mで他の選手が上がってくるのは予想の範囲内だったので、あせらず対応できました。後ろから見て周りに余裕があるかどうか瞬間的に観察して対応できたのは良かったですし、テーマとしていた柔軟にレース展開に適応するのもできていたと思います。

今後に関しては、自己ベストを出す、日本選手権上位というのは当たり前ですが、それ以前に怪我が多いので、まずは怪我をしない体作りを徹底したいと思っています。そうしないと、試合でコンスタントに結果を出すのも難しくなるので、しっかりした身体づくりに取り組んでいきたいと思います。

男子800m新安直人 富士通

男子800m新安直人 富士通


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子800mタイムレース/2019東日本実業団陸上


男子800mタイムレースの競技結果をお知らせします。

◆総合
1位:新安 直人(富士通) 1分50秒58
2位:三武 潤(TSP太陽) 1分50秒64
3位:梅谷 健太(サンベルクス) 1分51秒14

 #fujitsu男子800m新安直人 富士通


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


嶺村鴻汰選手競技後コメント/2019東日本実業団陸上


男子走幅跳 嶺村鴻汰 富士通

男子走幅跳決勝 3位:嶺村 鴻汰 7m72 (+2.4)

嶺村鴻汰 競技後コメント

4月の織田記念での怪我があったので、今日の試合も出るか出ないか迷うような状況でした。その中でも、テスト跳躍の8割位の形で7m70㎝以上を1本目で跳べたのは、今日の1番良かった点だと思います。

風のおかげで自分が力を抜いてもスピードが出る状態でした。怪我の怖さが完全にとれてタイミングが合えば、自己記録が出るぐらい良いコンディションだったので、日本選手権では万全の形で力を出せるように持って行きたいと思います。

今日は怪我が悪化しなかったことと、その中でもある程度の記録を出せたところが、自分としては収穫でした。これで7m70㎝いけるのであれば、踏み切りのタイミングが合えばもっといける実感はあります。これも地道に冬季練習をやってきた成果かなと思います。

今年最大の目標は世界選手権に出ること。そのためには日本選手権で最低でも表彰台に返り咲いて、記録も狙っていきたいと思います。サーキットで少し躓きましたが、焦らず冷静に判断できているところは成長した部分かなと思うので、今年の日本選手権は良い形で臨めると思います。

男子走幅跳 嶺村鴻汰 富士通 男子走幅跳 嶺村鴻汰 富士通

 


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


橋元晃志選手競技後コメント/2019東日本実業団陸上


 

男子200m 橋元晃志 富士通男子200m決勝 1位:橋元 晃志 21秒38

橋元 晃志 競技後コメント

今シーズン序盤で走りの形を崩してしまい、個人的にも最低のスタートになってしまいました。それでも、なんとか持ち直して、今日のレースも最低限は走れたので良かったなと思います。ただ条件が悪いとは言え、タイムが悪過ぎるので、日本選手権までに2つ3つ変えて、ベースを作っていくのが今後の課題だと思っています。

本当は20秒中盤位の記録をここまでに出したかったのですが、プランに遅れがあったので、今はどこまで戻せるかにシフトしています。本当は20秒90位のところが出てくれればふっきれたと思うのですが、まだまだだなと思っているところです。

日本選手権までに100メートルのレースに出てから、日本選手権の200mに出る流れで今後は考えています。現状では高い目標だと思いますが、世界選手権出場を目指して、がんばっていきたいと思います。

男子200m 橋元晃志 富士通男子200m 橋元晃志 富士通


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP