高橋英輝選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


男子10000m競歩決勝 1位:高橋 英輝(富士通) 38分56秒90

今大会はトレーニングの流れの中で出場して、実際はあまり余裕がなかったのですが、その中でもレース展開にうまく対応できたと思います。

世界選手権を終えて、やはり夏場の世界大会を乗り越えるためには距離を踏めるようになって、地力のある選手にならなければいけないと思いました。今後は、日ごろから距離を踏みつつレースをこなしていくのが大事だと思っています。その点を考えながら、練習をある程度高いレベルでこなして、試合に出ていくようにしたいと考えています。

この先に関しては、アジア大会への出場をまずは第一に考えています。強い中国の選手も出てくるので、そこでしっかり歩きたいと思います。最終的には3年後に結果を出すことが重要で、今どうあるべきか認識しながらやっていこうと思います。今までと少し調整の仕方、レースの取り組み方を変えながら、試行錯誤しながら続けていきたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


【競技結果】男子棒高跳決勝/2017全日本実業団陸上


澤野大地男子棒高跳決勝の競技結果をお知らせします。

1位:山本 聖途 (トヨタ自動車) 5m60
2位:澤野大地(富士通) 5m50
2位:逸見 俊太 (近大高専教) 5m20

澤野大地

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


【競技結果】男子100m決勝/2017全日本実業団陸上


男子100m決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:山縣 亮太(セイコー)10秒00 ※大会記録
2位:飯塚 翔太(ミズノ)10秒24
3位:女部田 祐(筑波銀行)10秒29
・・・
6位:長田 拓也(富士通)10秒49

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


【競技結果】男子100m準決勝/2017全日本実業団陸上


男子100m準決勝の競技結果をお知らせいたします。

◆1組
1位:飯塚 翔太 (ミズノ) 10秒28
2位:九鬼 巧 (NTN) 10秒38
3位:長田 拓也 (富士通) 10秒48

※長田選手が決勝へ進出!

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


【競技結果】男子100m予選/2017全日本実業団陸上


男子100m予選の競技結果をお知らせいたします。

■予選5組
1位:須田 隼人 (いなば食品) 10秒31
2位:長田 拓也 富士通 10秒51
3位:魚里 勇介 (関彰商事) 10秒61

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


高瀬慧選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


高瀬慧男子200m予選2組 3位:高瀬 慧 (富士通) 21秒41

個人競技に関しては、気持ちは全力で走りましたが、夏から変えてきたところがまだ噛み合っていないというのが現状ですね。本来は結果を残さなければいけないのですが、その“確認”をできたのが今大会、という感じでした。その意味で、今後に向けたは収穫はあったかなと思います。

Q.高平選手の引退に寄せて
一番は、“寂しい”っすね。まだ一緒に競技場でやりたいな、というのは永遠に思い続けるんだろうな、と思います。永遠の憧れで。

入社してから一緒に練習や試合をしたり、そういうのが僕にとってはありがたかった。だから、寂しいという感じ。もっと走ってくれないかなと…。
僕にとっては、憧れの先輩であり、ライバルであり、というのが大きかった。ずっと憧れてきて、富士通に入社して。戦うには、ライバルにならなければいけない。その中で高平さんとどう接していいか、自分の中でわからなくなる時もありました。本当はすごく憧れているんですけど、認めると戦えなくなってしまう。

一緒にいてしまうと憧れてしまう部分があったので、距離を置く時もありました。それを見て高平さんがどう感じていたのか…「こいつ、かわいくないな」と思っていたのか(笑)

だから、終わってみて一番は、憧れかな。

高平さんは、ずっと僕のことを見てくれてたんですよね。それを自分でも感じていて、何気ないところでアドバイスをくれた。本当はもっと、競技をやっている時に、聞きたかった。本当はもっと近づいて、吸収したかった。でも、それができなかった自分が居たので…寂しいです。
これからの人生も頑張って欲しいと思います。

高平慎士 引退 富士通 陸上 全日本実業団陸上

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


新安直人選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


男子800m決勝 5位:新安 直人(富士通) 1分53秒99

8月が故障で全く走れず、9月頭から2週間の準備でどこまでやれるか、というところでした。やはり練習量が足りていなくて、結果としては妥当だと思います。チームのポイントに絡むのが第一目標でしたが、どこまで走れるか見当もつかなかったので、目の前の1本をできる限りの力で走ることだけ考えていました。

スタミナやスピードあたりの課題はもちろんですが、今回“勝つ人は勝つべくして勝っている”と強く感じました。強い選手は大会までの準備や、準備以外のところも目標を立てたうえで、ひとつひとつのノルマを達成した結果、こういう大きな舞台で表彰台に立っているんだな、と思います。

今後の大会は具体的に設定していませんが、秋の記録会でベストを出したいと思っています。ただ、そこに向けても夏をしっかり越えたうえで臨まないと意味がないので、この大会を区切りにして冬期練習に早めに入り、来年の大会にむけて課題を設定して、ひとつずつ達成していくことが大事だと思っています。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


岸本鷹幸選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


男子400mハードル決勝 2位:岸本 鷹幸 (富士通)  49秒47

順位としては喜べないですが、久々にそこそこ回復したかなというタイムは出たので、体は回復したかなというところです。

今までの自分だったらハードルを失敗することはないのですが、ハードルの失敗でかなりロスしているので、優勝を狙えるレースだったと振り返って思います。後半のハードルの処理がうまくいかず、気持ちよく乗りたいところで乗れずに、結果的にタイムがあまり伸びなかったのが敗因ですね。勝つ力はついていると思います。

怪我で練習できていなくて、この状況なので、技術さえ戻ればうまく走れると思っています。48秒台も見えているので、来年の日本選手権あたりには、しっかり結果を出したいです。

Q.高平選手の引退に寄せて
高平さんと言えば、僕たちにとってはスーパースター。彼らを見て、高校・大学時代を過ごしてきましたし、雲の上の人です。そんな人からバトンを受け取るなんて夢にも思っていなかったので、こんな貴重な経験、一生忘れないです。
全てにおいて目標にしている選手。選手というのも失礼なぐらい、同じ目線で話、できないです。僕は崇拝してますから。。。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


嶺村鴻汰選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


嶺村鴻汰男子走幅跳決勝 6位:嶺村 鴻汰(富士通) 7m47 +0.9

復帰戦なのもあって、試合の中で確認しながら感覚戻しのつもりで大会に臨みましたが、3本目にアクシデントがあって足をつってしまい、6本全部跳べませんでした。求めていたところまで行けませんでしたが、2週間後の国体では良い感覚を持って今シーズンを終わりたいと思います。

来年に向けて、自分がどこまでやれるのか技術の確認を含めてでしたが、できなかったのは残念です。それでも怪我の心配なくできたので、もう一試合がんばりたいと思います。

今シーズンの残りは、この後国体があって、そこでまず来年の日本選手権の参加標準記録を最低限きりたいと思っています。そして冬に作り直して、来年の春、グランプリあたりからしっかり戦っていきたいと思います。目先の試合で記録を狙わず、先を見ながらやっていきたいと思います。

Q.高平選手の引退に寄せて
リレーの予選でも一緒に走らせていただいて、何人が経験できるかわからない貴重な機会をいただいて、それだけでも本当に光栄です。自分が中学生のころから世界に出られている選手なので、目指してきた選手でもある。この場に立ち会えたことが嬉しいです。富士通にいる以上、高平さんのような世界で活躍できる選手になって、それを見せられるようにがんばっていきたいと思います。

嶺村鴻汰🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


森岡紘一朗選手競技後コメント/2017全日本実業団陸上


男子10000m競歩決勝 11位:森岡 紘一朗(富士通)43分14秒25

本来ならチームのために8位以内に入り、しっかりポイントを獲るのが役目で、競歩は得点源として期待されながら不甲斐ない結果に終わりました。ただ、今回が10回目の出場となる節目の大会を、無事に終えられたのは良かったです。

夏の合宿で調整が思うようにいかず、自分の取り組みへのチェックと全日本競歩50km高畠大会へ向けた準備のつもりでしたが、高畠でも勝負をする状況まで持っていけないと判断して、エントリーしませんでした。その状況の中で、目標をたてて歩くのが難しい状況でしたが、やはりしっかり練習しないと結果には結びつかないなと感じたレースでした。

次は2月の神戸、日本選手権20㎞競歩を予定しています。代表獲得は難しいかもしれませんが、次へのヒントや何をしなければいけないか、気づきが出てくればいいなと思っています。

Q.高平選手の引退に寄せて
高平さんは大学時代からひとつうえの先輩で、一年遅れでずっと背中を見ながら、種目は違っても高みを目指す取り組み方について勉強させてもらった先輩です。得たことも多いですし、良くしてもらいましたので、正直なところ、寂しいですね。
本人の決断なので、これまでお疲れ様でした、という一言をかけたいと思います。私だけにかかわらず、私たちの年代にとってはカリスマ的存在であり、最後まで言葉で引っ張り、背中で引っ張ってくれる、頼れる兄貴分的な存在でした。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]