【競技結果】男子100m決勝/2018日本陸上選手権


男子100m決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:山縣 亮太(セイコー) 10秒05 ※大会記録
2位:ケンブリッジ 飛鳥(Nike) 10秒14
3位:桐生 祥秀(日本生命) 10秒16

6位:長田 拓也(富士通) 10秒30

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子400mハードル決勝/2018日本陸上選手権


男子400mハードル決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:岸本 鷹幸(富士通) 49秒30
2位:安部 孝駿(デサントTC) 49秒44
3位:前野 景(アンダーアーマー) 49秒86

岸本選手が4年ぶり5回目の優勝!

富士通,陸上,岸本鷹幸

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子棒高跳決勝/2018日本陸上選手権


男子棒高跳決勝の競技結果をお知らせします。

1位:山本 聖途(トヨタ自動車) 5m70
2位:竹川 倖生(法政大) 5m40
3位:澤野 大地(富士通) 5m30

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子走幅跳決勝/2018日本陸上選手権


男子走幅跳決勝の競技結果をお知らせします。

1位:橋岡 優輝 (日本大) 8m09+1.2
2位:城山 正太郎 (ゼンリン) 7m95+1.3
3位:小田 大樹 (ヤマダ電機) 7m95+1.3
・・・
13位:嶺村 鴻汰 (富士通) 7m59-0.2

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


橋元晃志選手競技後コメント/2018日本陸上選手権


男子200m予選 2組5位:橋元 晃志(富士通 ) 20秒94

前半はうまく走れていたと思うのですが、カーブを出て立ち上がったあたりから、硬くなってしまいました。そこで力が抜ければよかったのですが、力んでしまって後半の伸びを欠いた形です。レベルの高い選手たちと一緒に走った時に、自分の走りを100%引き出せないようでは、話にならないです。

日本選手権の参加標準記録を切ってから約1ヵ月、じっくりトレーニングを積んできただけに、その練習の成果から遠のいた記録になってしまったのは残念です。決勝に残れなかったら、自己評価としてはゼロ。しかし、そのゼロをうまくつなげて課題をこなし、これからの夏を越えて、次の全日本実業団で結果を残せればと思います。

2年後の大会が大きな目標ではありますが、それから逆算すると現状では出場に程遠いレベルなので、しっかりプランニングをしていきたいです。今年の秋以降どういう走りをするかで、どの位置までいけるか変わってくると思うので、少しでも上のほうに行けるように真剣に取り組んでいきたいと思います。

富士通,陸上,橋元晃志 富士通,陸上,橋元晃志

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子200m予選/2018日本陸上選手権


男子200m予選の競技結果をお知らせいたします。

◆予選2組
1位:飯塚 翔太(ミズノ) 20秒55
2位:桐生 祥秀(日本生命) 20秒79
3位:山下 潤(筑波大) 20秒82
・・・
5位:橋元 晃志(富士通 ) 20秒94

富士通,陸上,橋元晃志

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


日本選手権2日目!学ぶべき人生がある/2018日本陸上選手権


陸上日本選手権2018、1日目に続いて、ここ山口県の維新百年記念公園陸上競技場(維新みらいふスタジアム)から、2日目のレースコメント・結果などをお伝えいたします。

昨日だけでも数々のドラマが生まれた日本選手権。決勝には残れませんでしたが、800mの新安直人選手はこんなことを言っていました。

「“自分が誰かに対してあわせる”という風にしか考えられなかった時点で、後手に回っていたんだと思います」

新安 直人(富士通)これを聞いて、人生も同じだなと思いました。

日本のトップを目指すなら、自分でレースやペースを作れるぐらい強くないといけません。でも、みんながみんな、強者のレースができるわけではありません。そこまで強くない選手だってたくさんいて、そういう人も、より上を目指すために選択するべき戦い方がある。

そんな人生をかけたやりとりの末に、勝敗がつくからこそ、スポーツは何か人に訴えかけるものがあるのかもしれません。今年の日本選手権にも、そんな『学ぶべき人生』がたくさんあります。

今日も富士通選手たちは、力いっぱい戦いますので、応援よろしくお願いします。

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


中村匠吾選手競技後コメント/2018日本陸上選手権


男子10000m決勝 15位:中村 匠吾(富士通) 29分57秒05

最初からダメだったので、また切り替えて次に向けてやりたいと思います。あまり良い状態ではなかったのですが、練習自体は継続してできていたので、もう少し走れるかなと思っていました。でも、走り出してみたら予想以上に悪かったです。

今日のレースはメンバーの誰が勝ってもおかしくない状況だったので、優勝争いができれば次につながるかなと考えていました。今回はこの結果になりましたが、ここまで故障もなく練習できているので、体のケアを含めてもう一度上積みしていく感覚で続けていきたいと思います。
4月・5月よりも少し調子は上がってきていたので、28分台ぐらいで走れるかなという感じでしたが、自分で気づかなかった以上に疲労が溜まっていたのだと思います。

1番の目標とする再来年に向けて、来年にはMGCの選考会があります。今季のトラックはこれが最後なので、次は体を作り直して秋のレースに向けてやっていこうと思います。個人では秋に一本マラソンを予定しているのと、駅伝もチームとして優勝を目指せる状況なので、勝てる時に勝っておきたいと思っています。秋になったらそういったレースに向け、切り替えていきたいです。

富士通,陸上,中村匠吾 富士通,陸上,中村匠吾

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


髙瀬慧選手競技後コメント/2018日本陸上選手権


男子100m予選 4組3位:髙瀬 慧(富士通) 10秒48

この1ヵ月間で掴んだものがあった中、今日の走りの前半部分はそれなりに走れました。でも、後半でガタガタ崩れてしまう展開でした。付け焼き刃だと日本選手権は勝負できないなというのが、率直な感想です。ここから先をどういう方向性で考えていくか、まだ見えてはいませんが、何とかして走れるようになりたいと思っています。

感覚のズレはどこかで出てくるかなと思っていました。ただ、練習過程だと自分の中で、10秒20代後半~10秒30台ぐらいで走れるかなと感じていました。でも、練習中は試行錯誤したうえで最後にまとめることができても、それを1発勝負の試合で出せない。早いスピードで走る練習が継続的にできておらず、走りの中に“バネ感”がないので、それを作るのに苦労している段階です。結局は、実力不足が1番大きいです。

今はとにかく練習するしかないと思っています。その中で試合に出て、自分の納得のいく走りをすること、そして自分が1着になることで、自信を取り戻して行けたらいいなと思っています。全日本実業団陸上までの3カ月間が次の目標になるので、大会で目標とするタイムが出せるように練習を進めていきたいと思っています。結果を積み重ねるしかないです。

富士通,陸上,髙瀬慧🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


新安直人選手競技後コメント/2018日本陸上選手権


男子800m予選  2組3位:新安 直人(富士通) 1分49秒99

プランとしては、自分で前に行くのではなく、前に行くであろう人をマークして、最後の勝負で着順を獲るレースをしようと考えていました。実際は中盤以降、有力選手が順位をあげていくのに対して、最後のところでかなり大回りしてしまいました。そこを通らざるを得なくなったのは、位置取り含めて失敗だったと思います。

展開としては、最後で仕掛けようと思っていたというより、着こうと思った人に着いていけなかったのが実情。その中で、前に置いていかれないように自分で仕掛けなければならなくなったのが、最後で他の選手に粘られる差につながったと、振り返れば思います。課題としては、着くべき人にしっかり着いた上で、仕掛けてきた選手に反応し、自分でも仕掛け、その中で粘れないと着順を獲るレースはできない。今回も『自分が誰かに対してあわせる』という風にしか考えられなかった時点で、後手に回っていたんだと思います。

長い目でみれば、今後の色々な大会のことを考えなければならないと思います。でも、国内の重要な大会で結果を残さないと、大きな大会を目指すと公言する資格もありません。だから、今回のような日本選手権などの大会でしっかり成績を残して、そういう発言ができるぐらいの自信をつけなければならないと思っています。

新安 直人(富士通)

新安 直人(富士通)

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP