坂東悠汰選手競技後コメント/2019日本陸上選手権


坂東悠汰(富士通) 2019日本陸上選手権 男子10000m決勝2位 28分20秒72 ※PB男子10000m決勝 2位:坂東悠汰 28分20秒72 ※PB

坂東悠汰 競技後コメント

福嶋監督から『外国人選手が(世界選手権参加標準記録の)27分40秒のペースで引っ張るだろうから、行ける所までついて行こう』と指示をいただき、自分もそのつもりで走りました。やはり想定していた通り、5000m過ぎた位から非常にキツくなって、粘るレースになりました。それでも中盤以降は、しっかり粘りを見せられたのかなと思います。

後ろにいたのが、自分よりも力のある村山紘太選手(旭化成)だったので、前を走りながらもヒヤヒヤしていました。どこかで振り切れたらと考えていましたが、結果的にはラストスパート勝負になってしまいました。歩が悪いかなと思いましたが、なんとか勝ち切れたのは良かったです。

今回の10000mは元々標準記録も切っておらず、クロスカントリー日本選手権で優勝して出場権を得たので、タイムは意識せず先頭にどこまでついていけるかチャレンジすることがテーマでした。最近のトラックレースの結果からスピードが上がっている感覚もあり、28分20秒~30秒ぐらいで行けるかなと思っていたので、予定通り走れた形です。

今シーズン最大の目標は、世界選手権の5000mに出場すること。それに向けて、来月の日本選手権5000mでは勝ちにこだわったレースがしたいと思います。その後で、世界選手権の標準記録である13分22秒切りに取り組みたいと考えています。力はついてきていると思いますが、レースの組み立て方やペースの上げ下げに対する対応力が課題になると思うので、頑張っていきたいと思います。

坂東悠汰(富士通) 2019日本陸上選手権 男子10000m決勝2位 28分20秒72 ※PB

坂東悠汰(富士通) 2019日本陸上選手権 男子10000m決勝2位 28分20秒72 ※PB


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子10000m決勝/2019日本陸上選手権


男子10000m決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:田村 和希(住友電工) 28分13秒39
2位:坂東 悠汰(富士通) 28分20秒72 ※PB
3位:村山 紘太(旭化成) 28分25秒95

坂東悠汰(富士通) 2019日本陸上選手権 男子10000m決勝2位 28分20秒72 ※PB


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP

 


佐藤佑輔選手競技後コメント/2019東日本実業団陸上


男子5000m 佐藤佑輔男子5000m決勝タイムレース4組  19位:佐藤佑輔 14分14秒34
男子1500m決勝タイムレース 10位:佐藤佑輔 3分50秒41

佐藤佑輔 競技後コメント

◆5000m

ケニア人選手の集団にできるだけついていこうと思っていたのですが、中盤まで出てこなかったので、終盤まで集団についていけたのは良かったと思います。ただ、去年同様3000mの通過タイムがそんなに早くなかったので、そこは消化不良ですね。でも、このコンディションを考えたら上出来だと思っています。

今回のレースでは、現状の確認とフォームを崩さないように意識していました。目的はこの2日間を通して達成できたと思うので、これから1ヶ月もう一回たたき上げて、日本選手権に向けて仕上げていきたいです。現状は技術に重点を置いて何でもやってきているので、継続して力をつけていきたいと思います。

チーム内に強い選手が多く、このままだと駅伝のメンバーに入れないので、個人としても成長しなければならない局面だと思っています。チーム内でもしっかり戦えるように、長いスパンで日本選手権を経て実力を高めていきたいと思います。

◆1500m

思っていたよりレース自体はすごく良かったです。タイムも順位も平凡かもしれないですが、自分で考えていたよりも走れて、動きも良かった。今シーズン出遅れた部分があったのですが、ここ2週間ぐらいで良くなってきて、その感覚がレースの結果ともリンクしていました。ステップアップできているのが確認できるレースとなりました。

今回の1500mは、現状の確認とこの段階での限界までの追い込み、明日5000mも走るのでその刺激といった意味合いもありました。とりあえず、今日の良い感触を持って、明日5000mで頑張りたいと思います。

男子5000m 佐藤佑輔

10位:佐藤 佑輔(富士通) 3分50秒41

10位:佐藤 佑輔(富士通) 3分50秒41


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


石井秀昂選手競技後コメント/2019東日本実業団陸上


男子5000m 石井秀昂   男子5000m決勝タイムレース4組 石井秀昂 14分27秒11

石井秀昂競技後コメント

今シーズンは出遅れている部分があり、4月の日体大競技会を経て、1ヵ月間でどれだけ戻せているか確認しながらスタートラインに立ちました。結果的に順位やタイムは良くなかったですが、自分の中で戻ってきている感覚はあります。

今回の試合は順位を狙えるような状態ではなかったので、7月のホクレンに向けた現状把握のためのレースと位置づけていました。実際に先日のレースからしても、確実に調子は戻ってきているなと思っています。

今後に関しては、ホクレンで自己ベストを狙いたいと思っています。去年の時期に比べるとタイムは全く一緒なのですが、今年の方がかなり良い感覚で走れています。これから合宿に入るのでそこでもう一度絞って、駅伝のメンバーに割り込んでいきたいと思います。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


ベナード・キメリ選手競技後コメント/2019東日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレース4組 2位:ベナード・キメリ 13分40秒69

ベナード・キメリ競技後コメント

脚に部分的な軽い痛みはありましたが、コンディションも悪くなく、良い準備をして大会に臨むことができました。2位という順位にも満足していますし、ある程度予想通りのレースができたと思います。

まだこれからの予定はわからないですが、今は練習にフォーカスして、秋から冬のシーズンにかけて力を発揮する環境を作っていきたいと思います。

男子5000m ベナード・キメリ


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP