福嶋監督総括コメント/2018全日本実業団陸上


福嶋監督総括コメント

今年は男子の総合優勝は難しいかなと思っていましたが、選手たちが要所で抑えてくれた印象です。これからは駅伝もありますが、今は2020年に向けてどうアプローチしていくかが重要。一般競技の選手たちにとっても、明らかに選定の仕方が変わりますし、ある程度の試合数をこなさなければならないので、各選手で考える必要があると思います。

最終的なチームの目標でいうと、世界大会にどれだけ選手を出せるか、そしてその舞台でどれだけ結果を残せるか。過去にもそうだったように、複数の選手を送り込めればと思っているので、それを目指してやっていきたいと思います。駅伝もあるので両方追いかけるのは難しいですが、両方で結果を残せるように頑張りたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


澤野大地選手競技後コメント/2018全日本実業団陸上


男子棒高跳決勝 2位:澤野大地 (富士通) 5m45

身体の状態や条件からすれば、少し悔しい結果という感じです。最低でも5m60はいけるような感覚で身体を作ってきたので、5m45で少しもたついて、結構長く間が空いたのが少し難しかったところです。風に関しては、今日はましな方でした。5m60の2本目でキレイに風が吹いた分良くなって、ポールが流れてしまったのがもったいなかったです。

自分が跳んでから、どういうふうに間の 時間を過ごすか、少し誤ってしまったのかなと思います。自分の体が年々変化する中で、どれが正しいというのはないので、それは試合の中で掴んでいくしかないのかなと思います。良い跳躍もあったので、悪くはないと思っています。

これから2020年に向けて、選手としてはポイントを獲るため戦略的に出る試合を選ばなければならないですし、必要に応じて海外にも出ていかなければならない。ただ、闇雲に試合に出ても意味がないので、その辺りは何がいいのか選手自身が考えて、取捨選択しながら競技力を高めていく必要があると思います。

個人としてもここまで競技を続けさせていただいて、2020年を目指せる状態にありますが、今から戦略的にやっていかなければ出場できない。大会に出るため今何をするべきか考えながら、シーズンを過ごせればいいかなと思っています。そのためには、身体のトレーニングの仕方も変わるでしょうし、室内シーズンや春先から記録を狙っていかなければならないですし、出さないともったいない。そういうところも含めて考えて、これから先しっかりやっていければと思ってます。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


久我和弥選手競技後コメント/2018全日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレース 31位:久我 和弥 (富士通) 14:05.76

練習どおりの結果を出すことができてよかったです。タイムとしては14分前後を切れたらいいなという感じでしたが、今日は足の違和感もあり、それが後に響かないようにすごく気にしていました。それを抱えながらも問題なくレースに入れて、練習どおりの力を出せたので、概ね良かったと思います。

早いペースになることはわかっていたのですが、私の場合、いきなりそれについていくと怪我をする可能性があるので、徐々にペースをあげていこうというところでした。全体的には、しっかり目標をもって臨んだ大会で、落ち着いたレースができてよかったと思っています。

この後は駅伝に照準をあわせていく形になります。主要区間を任せられたら、自分がしっかり結果を出せるように頑張っていきたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


最終成績/2018全日本実業団陸上


企業別対抗の最終成績をお知らせいたします。

■団体総合得点
1位:住友電工 55点
2位:東邦銀行 54点
3位:富士通 48点

■男子総合得点
1位:富士通 48点
2位:トヨタ自動車 36点
3位:GOLD’S GYM 27点

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


田中佳祐選手競技後コメント/2018全日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレース 33位:田中 佳祐 (富士通) 14:07.04

今日のレースは最初からキツくなるかなと思っていたので、その中で足を止めないで、最後まで続けるというのが第一課題でした。そこに関しては、じっくり取り組めたと思います。

身体の動き次第では13分台ぐらいを狙いたかったのですが、そこは出なかったので、スピードをつけてその位で走れる感覚を戻して、その後マラソンに向けて頑張っていければと思っています。

この後は12月に福岡マラソンがあります。そこに向けて夏前から練習をしてきたので、今回のレースも糧にしてMGCに向けてやっていきたいと思っています。本当にこの半年位の時間がすごく大事なので、年齢的にも最後と思って、粘ってやりたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


石井秀昂選手競技後コメント/2018全日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレース 65位:石井 秀昂 (富士通) 14:41.50

初めての全日本実業団陸上ということで、楽しんでいこうと思ったのですが、思ったような走りができませんでした。駅伝前ということもあって、その駅伝を意識した設定、最低でも14分10秒切りを目標にしていました。ここまでの合宿で、一度怪我などもありドタバタしたのですが、何の心配もなく大会を迎えられたので、結果的にうまくいかなくて残念です。

このシーズンは駅伝を走るというのが自分にとって1番の目標になっています。今後の大きな大会としては東日本実業団駅伝になるので、これからしっかりアピールしてメンバーに食い込めるように、頑張っていきたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子棒高跳決勝/2018全日本実業団陸上


男子棒高跳決勝の競技結果をお知らせします。

1位:山本 聖途 (トヨタ自動車) 5m65
2位:澤野 大地 (富士通) 5m45
3位:逸見 俊太 (近大高専教) 5m35

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子5000m決勝/2018全日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレースの競技結果をお知らせいたします。

◆総合結果
1位:ジョナサン ディク (日立物流) 13:20.70
2位:リチャード キムニャン (日立物流) 3:24.71
3位:レダマ ウェズレイ (SUBARU) 13:26.35
・・・
31位:久我 和弥 (富士通) 14:05.76
33位:田中 佳祐 (富士通) 14:07.04
65位:石井 秀昂 (富士通) 14:41.50

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


長田拓也選手競技後コメント/2018全日本実業団陸上


 男子100m決勝 7位:長田 拓也 (富士通) 10秒48

いいところがひとつもないですね、ダメです。7月の大会の100mで10秒14の自己ベストを出してから、ずっと練習を続けて、疲労が溜まり慢性的に脚を痛めてしまっている状態でした。それでも、こんなに悪いと思わなかったです。今シーズンで一番悪いです。

今日のレースは確実に3番以内に入らないといけないレースだったので、世界を目指すにはしっかり勝てるぐらいでないといけない。後ろの方を走っている時点で、ダメだと思います。今シーズンは全体的に悲観するものではなかっただけに、ここまで10秒20台あたりで来ていたところを崩してしまったのは、大きな反省点です。

今後に関しては世界選手権に向けて、どうポイントを取っていくかも大事になります。今シーズンはこれ以上、上を目指せるような状態ではないので、一度しっかりリフレッシュして、2月の室内シーズンなども視野に入れていきたいと思います。他の強い選手のように安定してタイムを出せないと、本当に強い選手とは言えないので、コンディショニングも頭に入れてやっていきたいと思います。

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子100m決勝/2018全日本実業団陸上


男子100m決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:山縣 亮太 (セイコー) 10秒01
2位:桐生 祥秀 (日本生命) 10秒22
3位:川上 拓也 (大阪ガス) 10秒33
・・・
7位:長田 拓也 (富士通) 10秒48

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP