福嶋正監督 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2018


◆福嶋正 監督

3位以内を狙っての5位なので、悔しさが残りますね。思惑通りの展開に持ち込めたところもあったので、もう5~10秒各区間で縮められたら、4位以内には入れたと思います。ですが、それも含めて駅伝なので、やはり悔しいです。

駅伝は流れなので上位に入れば、力のない選手だったとしても場合によって、強い選手と同じくらいの力を発揮することがあります。だから、絶対に前の方で勝負しなければならないと言っていて、3区まではある程度望んだ通りの展開になりました。その後の4区横手は、先に脚がおかしいと聞いていたので、よく頑張ってくれたと思います。そして5区の中村以降は、怪我から急ピッチで仕上げた潰滝含めて、“ここからだ”というチャンスで押し切れませんでした。それは個人の問題ではなく、やはりチーム全体で底上げできているかどうか。候補に入ったメンバーを筆頭に、もっと自覚を持って仕上げてもらいたかったと思います。層の薄さ、富士通の弱みはそこですね。戦力的には来年以降、より充実するはずなので、もっと競争意識を出して1段階上げないとダメだと思います。

今年もファンの方々については、みんなで集まって応援していただいたり、選手にとっては勇気づけられることが多々あったと思います。今回は5位でしたけど、富士通の目指すところは3度目の優勝。この1年かけてしっかり練習して、“旭化成の連覇を破るのは富士通しかいない”と思っていますから、そこだけを考えてやりたいと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2018 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2018特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


高橋健一 駅伝監督 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2018


◆高橋健一 駅伝監督

出だしは予想通りでしたが、後半は苦しくなってしまいました。4区・5区は選手の状態もあったので、よく頑張ってくれたと思っています。それでも終わってみれば、複数の区間を通じて、あそこまで競ったならもうひと踏ん張りできたら良かったという気持ちはあります。万全な状態にできなかったのは、スタッフの責任なので、それに関しては私たちも力不足でした。

順位に関しては、もう少し上を狙えただけに残念な気持ちはありますが、全体的には良かったと思います。中村や横手はエースクラスの選手ですから、彼らが揃って走れただけでも、今のチームの力が出せたのではないかと思っています。

ファンのみなさんには、元旦から応援いただいたこと、心から感謝しています。期待が大きかった分、残念な思いをさせてしまったかもしれませんが、良いこともあれば、こういった難しさがあるのも駅伝。来年は今回以上によい結果が出せるように頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2018 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2018特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


7区:星創太選手 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2018


7区(15.5km) 5位 4:56:53/星創太 47:58(区間4位)

襷を受けた時は前と45秒差で、向こうのペースが落ちてくれば抜けるかなと思っていました。一時的に15秒ぐらいまで詰められたのですが、そこで力を使い切ってしまって、結局最後はまた離されてしまいました。順位が最終決定する区間だったので、1つでも順位を上げたかったですし、そこは自分の力不足だったと思っています。

去年はギリギリの状態で臨んだレースでしたが、今年はある程度7人が揃った中で大会に臨んで、自信もありました。ただ、最終的には控えの5人も含めたメンバーの差が、他の強豪チームとの差につながっていたのかなと思います。

今後に関しては、まず2月にマラソンを走るつもりなので、時間はあまりないですがしっかりあわせていきたいと思います。この1年間も怪我をしないことを重要視して考えていきたいと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2018 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2018特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


6区:潰滝大記選手 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2018


6区(12.1km) 5位 4:08:55/潰滝大記 37:41(区間24位)

みんなが良い位置で襷を持ってきてくれたので、区間順位は悪かったのですが、なんとか順位を落とさずに済んだという内容になってしまいました。大きく足を引っ張ったので申し訳ない気持ちですが、みんながカバーしてくれた結果かなと思います。

順位としては風が吹いているので一人だとキツイなと思っていましたが、流れもあって一人で走ることになりました。怪我もあって11月初旬から走りはじめたのですが、今回が久しぶりの試合だったので、脚の筋肉的にも風に耐えられるだけの力がまだなかったということなのだと思います。

今回はいいメンバーが揃っていたので、もっと上を目指せると思っていたのですが、私がもっと頑張っていればもう少し良い順位だったと思うので悔しいです。今年は世界選手権もない年なので、1年間で経験を積んで、来年の今頃はもっと成長した自分を見せられればと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2018 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2018特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


5区:中村匠吾選手 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2018


5区(15.8km) 5位 3:31:14/中村匠吾 48:21(区間4位)

展開としては、とりあえず行けるところまで行かなければいけない状況だったので、まずは前方のトヨタ自動車に追いつくつもりで走り始めました。前半はある程度自分のプラン通りで、途中一度追いついたのですが、最後の3kmで遅れてしまいました。最後の上りと風に対応するだけの力がなかったのかなと思います。

チームとしてはベストメンバーを組んだ中、優勝も狙える状況での5位は残念です。去年は今年につながるよう内容でしたが、今年は3位に入って来年優勝というステップアップを考えていた中、それを達成できなかったので、チームとしても考えなければいけないところがあるのかなと思っています。

個人としては3月に初マラソンが待っているので、そこで結果を出したいと思っています。初マラソンなので、どうなるのかわからないですが、しっかり自分自身の力を発揮できるように調整していきたいと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2018 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2018特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]