オーストラリア合宿レポートby中村


オーストラリア合宿レポート第3弾をお届けします


みなさんこんにちは。
富士通陸上部の中村匠吾です

Australia🌏でもここはfallscreekという場所で標高🏔が1600M前後。
そして今の季節は夏から秋に移行しつつある感じです。
早朝は寒いですが日中は25度程度まで気温も上がり夜20時過ぎまで明るいです。

宿舎付近は小さなスーパーやカフェはありますが、
他の店は基本冬のスキーシーズンしか空いていないそうです。
ただ練習環境は凄く整っており集中して練習に取り組めます。

Australiaに来てから予定通りの練習を消化出来ており手応えも感じています。

練習の合間には練習拠点のfallscreekから
車で約1時間半かけ、街に降りたりもしました。

合宿中は体が疲労困憊なので、この僅かな時間が
気分転換になり次の日の原動力です

街でランチしてデザートにアイスを食べたり(その分頑張って走ります!)
ちなみにアイスは、海外でも好きなチョコミントをチョイスしてしまいます。
Australiaは景色も綺麗で凄くリフレッシュできました

富士通に入社してからチームで行く初めての海外合宿でした。
ここfallscreekは自然豊かで何分でも走れてしまいそうな素晴らしい環境です。

この様な経験をさせていただき感謝の気持ちでいっぱいです
春からのレースの結果で少しでも会社に貢献出来たらと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP


オーストラリア合宿レポートby潰滝


第2弾のレポートをお送りします


みなさんこんにちは、今回担当させていただきます潰滝大記です。

今回僕が紹介するのは、練習後にアイシング目的として
愛用している「川」についての紹介です。

私達が宿泊しているホテルから200mほど坂を下った所に
その川は隠れるように存在していました。

川の大きさは、この記事を読んでいる皆さんが想像している川よりも
確実に小さい自信が僕にはあります。(小さい池ぐらい)

そしてこの川、何と言っても水がとても冷たい
そこらへんのスーパー銭湯の水風呂とは比べものにならないぐらい冷たいです。

どれぐらい冷たいかというと、僕が初めてその川を使いに行った日、
自転車乗りの夫婦が先に川を使っていたのですが
僕たちに「Crazy」(狂っている)と忠告してくるぐらい冷たいです。

“これが大自然の力なのか・・・”と足を冷やしている15分の間、
を見ながら自分が今までいかに小さい事で悩んでいたのか、
自分はなんてちっぽけな存在だったのかなど様々な事を
自然は僕に教えてくれました

皆さんも何かに悩んだ時や躓いた時には
気分を変えて川に浸かりに行って見ては如何でしょうか?


次はもちろん、あの人です

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP


「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ」に参加しました!


2月26日(日曜日)、「🔗 富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ」に参加いたしました ≧∇≦ たくさんステキな写真が撮れたのでブログでもお届けします

富士通スタジアム川崎の地域イベントとして開催された今回のイベントには、富士通運動部に所属する現役選手・OB/OGが多数参加。陸上競技部・アメリカンフットボール部🏈・女子バスケットボール部・チアリーダー部💃が協力して、各スポーツ教室を実施

当日は天気にも恵まれ、絶好のスポーツ日和となりました

富士通陸上競技部は陸上、ランニング、ウォーキングの3教室を行い、講師を務めた高平慎士選手、塚原直貴選手、白吉凌選手、松枝博輝選手、森岡紘一朗選手は参加された元気な子どもたち・地域の方々と一緒に楽しみました

選手たちの説明とお手本を参考に・・・

参加されたみなさん運動を楽しんでいました(◎´∀`)ノ

さらにイベントでは、川崎フロンターレsoccer特命大使でもある中西哲生さんのサッカー教室も開催大盛り上がりのイベントとなりました

また、同日には富士通スタジアム川崎「かわQホール」内で、パラスポーツ(障がい者スポーツ)体験イベント。Fujitsu Inclusive Sports Festival2017も開催され、車椅子の体験教室、ウィルチェアラグビー、ボッチャ(コート上のジャックボール[目標球]に向かってボールを近づける競技)など様々な競技体験し、スポーツの楽しさを改めて感じる、選手たちが印象的でした。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP


オーストラリア合宿レポートby横手


こんにちは。
富士通陸上部の横手健です

現在、オーストラリアのフォールズクリークで高地合宿を行っています
この合宿では、トラックシーズンに向けた土台作りを主な目的として取り組んでいます。

そんなフォールズクリークのロケーションを紹介すると、当然高地なだけあって山です(笑)。ホテルからスタートし平坦なコースに辿り着くまで、最低でも1.5kmは急勾配を登らなくてはなりません。写真で見る以上に勾配があります

【朝練習前の私の取り組み】

【ホテル前の道路の急勾配】

低酸素な上に急勾配のダブルパンチですから、かつて箱根の山の神はおろか、山の一般人にもなれなかった私(大学2年時に箱根の5区区間19位)にはとてもきついです…。

そんな疲労を回復してくれるのが、管理栄養士の方が作ってくださる3食の食事です。
細かくバランスを考えてくださる上に、選手の好みを取り入れてくださるので、いつも以上に充実した食生活を送ることができています。

なんと、私の大好物の砂肝まで出していただきました
オーストラリアに来てまで砂肝を食べることができ、すごく感動しています。

【食事の様子】

【砂肝】

また、昨年8月に参加したアメリカ・ボルダーでの陸連合宿と同じように、積極的に現地の方々とコミュニケーションをとるようにしています。

昨日は私の好きな車種の現地オーナーズクラブのミーティングがホテル近くで開かれていたので少しお邪魔しました

トレーニングはもちろん、それ以外の時間も充実した合宿になるよう、残りの時間も過ごしていきたいです

【オーナーズクラブの方々】


次週の報告もお楽しみに

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP


山口市民ロードレース大会に行ってきました!


2月11日(土曜日)、先々週の防府市に引き続き、山口市行なわれた市民ロードレース大会に、松枝博輝選手と井野洋コーチの2名が参加し、ランニングクリニックを行わせていただきました。
※これは、富士通も参画する経済界協議会における、2020年に向けたスポーツ推進を目的とした活動の一つとして山口市様からの要請により実現したものです。

当日はなんと今年一番の寒気であいにくの雪・・・
ロードレース大会のゲストランナーとしても出場予定でしたが、大会は残念ながら中止となってしまいました..。会場を体育館に移し、ランニングクリニックを実施。パワフルな皆さんと一緒に楽しみました

井野コーチの説明と松枝選手のお手本を参考に・・・

大人も子供も、体を動かしました。

感想

松枝選手
大会が中止になってしまった中での陸上教室でしたが、参加者、運営関係者の皆様のおかげで教室を進行できたと感じています。
教える立場にありながら、参加者のみなさんのチャレンジする姿をみて、感じることが多くあり、逆にみなさんから教わって原点に立ち返ることができました。
この出会いが自身の成長につながるように、今回の気づきを大切にしていきたいです。ありがとうございました。

井野コーチ
雪のため大会が中止となってしまいましたが、その分のパワーをクリニックに向けて頂き、楽しくエネルギッシュな時間を共有できました。
室内での実施ということで、走りにつながる動き作りやサーキットトレーニングを紹介させて頂きました。「チャレンジ」を合言葉に、難しい動きやきつい種目も笑顔で取り組んで貰えた事が、何よりも充実した時間を過ごせたコツだったのではないかと感じています。
これからも陸上競技部に限らず、身体を動かすことの楽しさや、チャレンジすることで得られる様々な魅力を感じてもえるようなサポートをして行きたいです。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP