今村文男 競歩コーチ コメント


今村文男 競歩コーチ コメント

高橋選手に関しては、ペースの変化に対する対応力がついてきたのがひとつですね。ライバルとの位置関係を考えながら対応できていましたし、本人の目標としていた優勝に向けて、レースプラン通り歩けたのは良かったと思います。途中のペースをあげた勢いでいけばもっと速かったと思うのですが、最後の2㎞に関しては歩きが崩れない範囲の中で、落ち着いたレースを展開してくれました。

昨年まで、日本選手権に向けた彼の目標は「日本一になる」というもので、それは鈴木選手についていくプランが軸にあった。しかし、今回は鈴木選手が不在の中で「勝つためにはどうしたらいいか」、自分がどんなレースプランで展開していくのかを考えながら目標を達成できた。そこには大きな成長を感じています。

課題は非常に多いですが、それに真摯に向きあいながら改善策に取り組んだり、主体性が出てきたかなとは思います。以前は、日本一になるという目標があり、日本代表になったその先まで見えていませんでした。それが今回は、世界大会で目標とする具体的な記録やレースのパターンが見えている。それは大きな違いだと思います。

(リオ五輪のレースで高橋選手、森岡選手に期待するのは?)
同僚である鈴木選手の思いを込めて歩くのもひとつですね。初出場の高橋選手は何も考えず、今まで取り組んできた自分の技術面や、持久戦の練習などが成果となってレースにつながればいいのかなと思います。順位というよりは、結果的に入賞やメダルにつながるレースをしてくれればと思います。

50㎞の森岡選手は、これからまだ長い強化期間を経て本番を迎えるので、故障しないことがオリンピックまでの重要なポイント。そして、スタートラインに立った時には自分の自己記録を更新できるような準備をしていきたいと思っています。やはり距離が長いですし、気温が高くなるという予想もあるので、途中の体調の変化を最小限に抑えながら、後半にペースダウンせずにベストを尽くすレースをしてくれたらと思います。

🔗 情報満載Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


福嶋正監督 試合後コメント


福嶋正監督 試合後コメント

高橋選手に関しては、今日はタイムより勝つことがテーマだったので、良い結果だったと思います。

精神的にもきつかったと思いますよ、特にこの一週間。実際に様子を見ていても緊張していましたし、オリンピック選考レースですからね。そういうレースでしっかりと結果を出したのは、大きいと思います。

彼らも入賞が当たり前になってきているので、オリンピックではやはりメダルを目指して欲しい。高橋選手も自分の力を出せば、メダル争いにも絡めると思います。日本の競歩選手は世界ランキングで見ても一番上位にあるので、チャンスはある。

あとは本戦に向けてどう仕上げていくか。リオ五輪までは時間があるので、しっかりスケジュールを立てて、本番で今日と同じようなレースができるようにすること、それが大事だと思っています。

🔗 情報満載Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


森岡紘一朗選手 試合後コメント


森岡紘一朗 13位 1時間24分18秒

今日は順位やタイムにこだわるより、最後まで自分のペースを刻む、現状確認をテーマに大会に臨みました。欲を言えば、もう少し速いペースで行ければというところでしたが、追い込む練習がまだできていないので“これぐらいかな”というところです。まずは怪我せずにしっかり歩ききれたのは良かったですし、練習の流れの中で出場したので、今日はまずまずの結果だと思っています。

全体の計画からすれば、まだリオ五輪のレースから逆算すると、50㎞の練習をする前の準備、土台作りの段階です。50㎞の練習に耐えられる体作り、動きの修正をまずしてから、オリンピックに向けてしっかりトレーニングができたら、結果は残せるのかなと思っています。そういう意味でも、怪我なくここまで来ているので、順調だと思っています。

高橋選手も、今回は注目されてプレッシャーがある中で五輪を内定させられたのは、大きな成長だと思います。チームメイトとしても嬉しいですね。また、鈴木選手が今回は出場できず、彼も今は試行錯誤しながらやっているところです。ですから、鈴木選手の分まで今回のリオ五輪は2人で、世界で戦うことを明確な目標に、お互い刺激しあってオリンピックの舞台で共に頑張りたいと思います。

私自身の五輪での目標に関しては、多くの方がメダル・入賞を期待されていると思います。もちろんそれは目指していますが、個人的にはロンドン五輪で自己記録を出して依頼、4年間更新できていない状態です。ですから、もう一度オリンピックの舞台でしっかりと自己記録を更新したい。それが順位にもつながってくると信じて、頑張りたいと思います。

🔗 情報満載Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


高橋英輝選手 試合後コメント


高橋英輝 1位 1時間18分26秒

今回は自分がレースをひっぱる立場だったので、難しい部分もありましたが、最後までペースを維持できて良かったです。一週間前ぐらいに少し調子を崩して心配はあったのですが、大会前まで良い練習ができていたのもあって、最後まで気持ちを込めたレースができました。

うまくリズムにのれず、ストレスを感じながらのレース展開でしたが、ラストで勝負できればいいと考えて歩けたのが良かったと思います。もう少しスピードにのって最初から最後までいきたかったのですが、そこは次の課題にしていきたいと思います。

体的にも精神的にもきつかったですが、ラストスパートできるだけの力は残していたので、それはうまく調整できたと思います。後ろの2人の選手も最後まで諦めていなかったですし、自分もペースダウンしましたが持ち堪えられた。最後に1位でゴールしたいと考えていましたが、できる確信はなかったので、達成できて嬉しく思っています。

昨年度の世界選手権では悔いの残るレースをしてしまったので、五輪はしっかり自分のなかでイメージして挑みたいと思います。オリンピックは子供のころからの夢だったので、楽しみにしながらレースに臨みたい。今後は、自分の実力を常に発揮できる力が必要ですし、夏にこういったレースをしなければいけないと思うと力不足は感じています。これからは夏場の練習に力をいれていきたいと思います。

今回の日本選手権も、昔は自分が出られる大会だとは思っていませんでしたし、子どものころは全国大会でさえも出られるとは思っていませんでした。そういった意味で、五輪などの大きな大会に出られることを楽しみたいですし、これがスタートラインだと思って、これからもしっかりやっていきたいです。

🔗 情報満載Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


最終結果


「第99回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会」 の結果は、以下のとおりです。

・男子20kmW
1位 高橋英輝(富士通) 1時間18分26秒
2位 藤澤勇(ALSOK) 1時間18分45秒
3位 荒井広宙(自衛隊体育学校) 1時間19分54秒
・・・
13位 森岡紘一朗 (富士通) 1時間24分18秒

🔗 情報満載Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


高橋選手が連覇でリオ五輪内定、森岡選手は13位でゴール!


男子20㎞競歩、高橋選手は1時間18分26秒でフィニッシュ。2連覇でリオ五輪代表に内定となりました。

すでに五輪出場を決めている森岡選手はペースを確認しながら、13位で終了。2人とも、頼もしいレースを見せてくれました!

🔗 情報満載Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


日本選手権 男子・女子20km競歩 間もなくスタート!


みなさん、こんにちは。間もなく、兵庫県の六甲アイランドにて、第99回日本陸上競技選手権 男子・女子20kmがスタートします。富士通陸上競技部からは、森岡紘一朗選手、高橋英輝選手が出場予定です!

🔗 情報満載Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


男泣きの理由――森岡紘一朗「苦しい時期にも多くの方々の支えがあった」


それはまさに“男泣き”だった。昨年10月25日、森岡紘一朗は全日本50㎞競歩高畠大会で陸連の定める派遣設定記録を突破。3時間44分27秒で初優勝、リオ五輪代表内定――。その時、森岡の目から涙がこぼれた。

いつも誠実で、受け答えも丁寧。日本記録保持者を多数揃える、同じ富士通競歩チームの仲間からも「外さない男」と呼ばれるほど、安定した実力者。ここ数年は、結果がうまく出ずに苦悩を抱えていたが、どれだけ成績が悪くても、インタビューに対しては実直に答えてくれる。その姿勢からは、彼のアスリートとしての成熟度が伺えた。

その森岡が、人目をはばからず泣いていたのだ。その涙の理由を聞くと、やはりまた彼は、実直に答えてくれる。

「まずは、自分自身が試合でやりきれたことに対して、今までの不甲斐なさからやっと脱出できたという感情がわきました。また、その苦しい時期にも本当に多くの方々の支えがあってここまでやってこれたので、今までの感謝の気持ちを思い出すことで、涙が出てきたのかなと思います」

後輩であり、20㎞競歩で世界記録を出した鈴木雄介は語る。「(世界記録達成は)先輩の森岡選手の存在が大きいですね。森岡さんの後を追って富士通に入り、追い越そうと頑張った活力が今回の記録につながりました」

森岡は、それだけの実力者だ。若手に先を越されて悔しくないはずがない。

「他の若い選手が世界で頑張っていて、一緒にいることが苦しい時期も正直ありましたが、やっとここで自分の存在感というものを示せたかなと思います。またリオ行きを決められて、しっかり先輩としての姿も見せられたのかなと思っています。

先輩が情けない姿を見せる訳にはいかないので、弱った姿を見せるのではなく、先輩はやはり先輩なんだという姿を見せられればと思います。そして一緒に切磋琢磨しながら、バチバチとしたライバル意識を持つというのではなく、それぞれのやり方でしっかり力を出していけるような、意識しながらも協力し合えるような関係を、今後も築けていけたらと思っております」

その言葉からは、自分だけではなく後輩も、後輩だけではなく自分も、という彼の仲間思いの気持ちが滲み出ていた。

明後日2月21日(日)には、神戸で20km競歩日本選手権が行われる。森岡にとっては、五輪に向けて今の自分の状態を試すことができる、大きなレースだ。

「国内のレース、また海外でのレースも全てリオに向けたステップ、取り組みとしてやっていきながら、メダルというものを大きな目標として取り組んでいけたらと思っています」

苦しい時期を経た森岡が、再度国際舞台で輝く日を、心待ちにしたい。

🔗 情報満載Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


表彰していただきました②テレ朝スポーツ大賞


年末にいただいた『第30回中日体育賞』に続きまして、年明けの1月15日、競歩の鈴木雄介選手が『テレビ朝日ビッグスポーツ賞』をいただきました。
🔗 第50回テレビ朝日ビッグスポーツ賞 受賞者

2015年のスポーツ界で優れた成績を残した選手に贈られるもので、今回は鈴木選手の他に、世界選手権で37年ぶりの団体金メダルに輝いた体操 男子日本代表、世界水泳で日本人初の大会連覇を達成した競泳の瀬戸大也選手が選ばれました。

昨年3月、同局『報道ステーション』で取材していただいた松岡修造さんは鈴木選手との再会をとても喜ばれ、ご本人から「今後も注目しているので回復を願っています」と激励を受けました。

鈴木選手は、「今年度はたくさんの賞をいただき、日頃より応援くださっている皆様、支えてくださっている皆様に感謝申し上げます。世界記録樹立後、たくさん注目していただいて、自分の世界が変わりました。その後、怪我により世界選手権では思ったような結果が出ませんでしたが、今年、来年とまた世界記録を更新していけるように頑張ります」と語り、記録更新への意欲と、ファンの方々への感謝の気持ちを語りました。

本当にたくさんのありがたい賞をいただきまして、ありがとうございます。
世界の舞台で活躍できるように、日々トレーニングを積んでまいりますので、これからも応援どうぞよろしくおねがいいたします!

🔗 情報満載Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP