ご声援ありがとうございました!


2日間、幸いにもお天気に恵まれ、まるで真夏日のような炎天下でしたが、そんな中でも、競技場に響き渡る声で、選手たちに応援をいただき、本当にありがとうございます

これから3週間弱で、いよいよロンドンオリンピックへの切符をかけた、最後の戦いが始まります。

緩みなく、しっかりと気持ちを引き締めて頑張っていきますので、ご声援よろしくお願いいたします

行こう、ロンドンへ―――――――――

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


ダニエル選手レース後コメント


男子5000mタイムレース4組 3位:ギタウ・ダニエル 13分43秒30

ダニエル選手コメント
上位には入りましたが、まだまだだと思います。先週ハーフを走って昨日1500mを走ったので疲れは残っていました。それでも今日走ってみて、大学時代の走りの感覚が戻りつつはあります。東日本は、去年1500mが2番で5000mは4番でしたが、今年は1位と2位になることができました。去年より結果はいいですが、レベル的には去年に比べて下がっているところもあるので、その中で勝負できなかったのは悔しいです。
次は日本選手権があるので、またいいレースができるような練習をこれからしていきたいと思います。そして大会では、5000mでも1500mでもどれかひとつで自分の自己ベストをこえられたら嬉しいです。

レース前の1コマ。
後輩・柏原選手にお水を手渡している優しいダニエル

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


星選手レース後コメント


男子5000mタイムレース4組 5位:星創太 13分55秒69

星選手コメント
最近ずっと自己ベストを更新していて、ここまでいい流れできていましたが、今大会は少し疲れがありました。ちょっと連戦はきつかったです。13分50秒が自己ベストだったので、それを切ることを目標にしていたのですが、ビビッてしまいましたね。ハイペースでいきたかったのですが体が反応しなくて、後ろの集団で走ることしかできませんでした。また、中間あたりで中だるみしてしまいまったのも、課題だと思います。スタミナは5000mなので気にしていませんでしたが、あそこをもう少しうまく走れればというところなので、あとちょっとかなと思います。
この後は日本選手権の10000mになるので、そこで自己ベストを出して入賞したいと思っています。この後、高地合宿があるので、そこで練習して日本選手権には万全の状態で臨みたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


山口選手レース後コメント


男子5000mタイムレース4組 6位:山口祥太 13分55秒69

山口選手コメント
今日は、日本選手権の標準記録を切るのを一番の目標においていましたが、中だるみしてしまい、周りの選手と同じペースでレースを進めてしまったのもあって、最終的に記録に届きませんでした。中盤の粘りが課題で、そういう練習をしてきて手応えも掴めてきていたのですが、それを実戦で出すまでいかなかったのは、力が足りないところかなと思います。それでも、やってきたことは少しずつ出せてきているので、この夏・秋でもうひとつ上のステージで戦えるように、作り直していきたいと思います。
次はホクレンディスタンスになると思いますが、そこで来年の日本選手権の標準記録を目指すのと、自己ベストからも遠ざかっているので、それを目標にがんばりたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


柏原選手レース後コメント


男子5000mタイムレース4組 13位:柏原竜二 14分09秒57

柏原選手コメント
「ゴールデンゲームズのべおか」から1週間しかあいておらず、どれだけ身体が動くかなと思っていましたが、案の定全然動かなかったです。春先からの故障で、冬場に練習が詰めなかった事もありますが、そこは自分の力不足と調整不足の両方だと受け止めています。これから日本選手権に向けてしっかり走りこんで、いい状態で当日を迎えたいですね。日本選手権は、タフなレース内容を要求されてくると思うので、監督ときちんと話して、練習の「量と質」両方の側面から見直していきます。
チームの中でも「負けたくない」という気持ちもあり、ライバル心を燃やしていたのですが、ちょっと空回りした感はあります。社会人になって、関東近辺での競技は初でしたが、いつもどおり緊張はせずレースに臨めました。できれば、もっとたくさんの観客の方に観に来て欲しいですね(笑)

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


村上選手レース後コメント


男子5000mタイムレース4組 14位:村上康則 14分11秒73

村上選手コメント
今日はどこまでついていけるかというのを試す練習の意味合いで出場しましたが、3000mまでは粘りたかったんですが、前との差が開き過ぎてしまいましたね。追いかけましたがなかなか詰まらなくて、気持ちも切れちゃいましたね・・・(苦笑)
日本選手権は1500mと5000mの2種目に出場しますが、現状身体にキレがないので、そこを速いペースでの練習を取り入れてキレを出せば、身体も軽くなってくると思いますし、今日みたいなハイペースにも対応できると思います。目標は両種目ともにもちろん優勝。でもただ優勝するだけではオリンピックは狙えないので、5000mはB標準を切るぐらいの気持ちで頑張っていきたいです。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


高嶺選手レース後コメント


男子5000mタイムレース4組 16位:高嶺秀仁 14分15秒33

高嶺選手コメント
苦しいレースになるのはわかっていたので、その中でも我慢しようと思っていたのですが我慢できなかった形ですね。14分一桁台あたりで走りたかったのですが、14分15秒ぐらいかかってしまいました。レース前からタイムを狙っていましたが、大会前に体調が良くなくて練習できなかったのも影響したと思います。それまでは練習できていたので、悔しいですね。
次のレースは、まだ何に出るのかわからないですが、この後話して考えたいと思います。今シーズンは10000mでしっかり長い時間我慢できるような選手になりたいと思っているので、28分台ぐらいで走れるように力をいれていきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


田中佳祐選手レース後コメント


男子5000mタイムレース3組 4位:田中佳祐 14分15秒28


田中選手コメント
今日は最終組ではなかったので、走る組でトップをとることが目標だったのですが、ラストの1000mで切り替えられず4着になってしまって悔しいです。昨日の疲労はありましたが、その中でもトップをとることが目標だったので残念ですね。それでも、動き的には良かったので、今後は疲労をとったりして日本選手権にあわせていきたいと思います。
この後は6月2週目に日本選手権があるので、自分の走りができるように合宿などでうまく調整をしていきたいと思います。スタミナ面はここまでやってこれているので、スピードに切り替えていって、ラストの勝負でも戦える力を身に着けていきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP