お疲れさまでした!


せっかくなので、森岡選手の写真をたくさん紹介したいと思います

表彰台のいちばん高いところには上がれませんでしたが、8月のロンドンオリンピックではきっと、ここまで地道に積み重ねた4年の努力の成果を、存分に発揮してくれるでしょう☆

皆さん、引き続きご声援をよろしくお願いいたします

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


盾もでっかい・・・!


先ほど行われた表彰式の模様をお届けします。

メダルと賞状をいただきました

そしてやっぱりいただきました。
輪島塗の盾
しかも、昨日川崎選手がもらったのよりおっきいです
やっぱり歩いた距離が長い分、大きなものをいただけるんでしょうね☆

今回のトップ3で
左から谷井選手(佐川急便)、山崎選手(自衛隊体育学校)、そして森岡選手です

もっかいどーん

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


今村コーチコメント


今村コーチコメント
レース前には「オリンピック内定済みというアドバンテージは忘れて、一選手として選考会に臨みなさい」と本人には言いました。レース展開は、山崎選手の胸を借りるようなレースになるとは思っていましたが、タイム的には合格点だと思います。山崎選手が想定していたよりも早い段階で仕掛けましたが、そこに巻き込まれるような形になったところもありました。フィニッシュタイム的には設定したとおりだったので合格点とは言えますが、入りの(2km)4分15、20秒のハイペースに対応できない課題も見つかったので、ロンドンへ向けてはそういう部分の傾向と対策をしていかなければなりませんね。スピード、持久力の面を強化し、4分15、20秒を押していくという練習を反復していこうと考えています。
次レースは5月のワールドカップ競歩になりますが、2月の日本選手権で自己記録を更新できなかったこともあるので、短期間ではありますが、リコンディショニング含めうまく調整し、自己記録に近いところを狙っていきたいと思います。
ロンドンでは上位争いには絡めると思っていますので、こういったハイペースにどういった対応をするかなどを、直前までレースプランを見極めながら指示していけたらと思います。3時間40分~42分を出せるように、4年という歳月をかけて準備してきましたので、理想は30kmからペースを上げていけるような余裕のある展開。その為にも、臆せずレースに立ち向かえるようなメンタリティを磨いていくことが大事だと思っています。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


給水シーン


スペシャルドリンクを受け取る森岡くん。
まだ序盤なので、トレーナーさんに笑顔を向ける余裕すらうかがえます

レース中盤に向かうにつれて、ぐんぐんとあがっていく気温に・・・、

こんなカンジで、身体にスポンジで水をかけていました

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


森岡選手コメント


森岡選手コメント
3時間45分、46分でのフィニッシュを目標にしていましたので、目標どおりのタイムを出せた事はよかったですが、後半はなかなかペースを上げられず落ちてしまった点は課題ですね。でもこうやって課題が明確にできたので、オリンピックに向けてはいい収穫になりました。序盤で山崎選手が飛び出しましたが、早い段階でああいう風に思い切ったレースをしかけるのが彼の持ち味であるし、分かってもいたので、あくまで自分はロンドンへ向けての自分の歩きというのを意識し、一緒に世界選手権に出場した谷井選手、荒井選手たちと一緒にレースを進めようというのを念頭に、冷静に臨むことはできたと思います。

今後は5月にあるワールドカップ競歩(ロシア)の20kmの部に出場し、それから本格的にロンドンへ向けての挑戦が始まると考えています。昨年の世界選手権では6位入賞という結果を残すことができたので、ロンドンでは「それ以上」を目指していきたいです!

レース後改めて今村コーチからのアドバイスを受ける森岡くん。
ながーいながいレースでした

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP