ニューイヤーへ!


福井キャプテンがしっかりと手に持ったニューイヤー駅伝出場の推薦状

2012年1月1日まであと2ヶ月もありませんが、ニューイヤーでこそ、真価を発揮できるよう、しっかりと頑張っていきます!

1秒差の勝ちも、1秒差の負けも、両方知っているチーム。
だからこそできる戦い方があるのです。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第52回東日本実業団対抗駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


応援ありがとうございました!


皆さん、本日は朝早くから沿道でのご声援、競技場でのご声援、そしてTwitterやブログを通じての応援、本当にありがとうございました

結果は5位。
ニューイヤー駅伝の切符はしっかりとGETしました

またここから約2ヶ月、しっかりと練習を積み、ニューイヤー駅伝での優勝を目指して頑張っていきますので、変わらぬご声援をどうぞよろしくお願いします!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第52回東日本実業団対抗駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


福嶋監督の総括コメント


福嶋正監督コメント
前半うまい流れに乗れていたので、3番争いができると思ってましたが、5、6、7区がもう少し本来の走りができるともっと良かったですね。特に5、6区あたりは、ニューイヤーに向けても、期待を込めて、試す意味合いで起用しましたが、もうちょっと踏ん張れればよかった。

2区を走った山口は、期待通りの走りをしてくれました。(コニカミノルタの)宇賀地選手には1歩及ばなかったけれど、いつもよりも積極性が見えたし、エース区間で区間2位でしっかり走れているし、これから軸になっていく選手。力がついているなと感じました。

ニューイヤーは、さらに総力戦になると思うので、厳しい選考を勝ち残った選手を起用するつもりです。今回走ったメンバーと、藤田、堺、宮田、岩水あたりはニューイヤーにも絡んでくるメンバー。この中でいい刺激をし合いながらメンバー争いをして、ニューイヤーにはしっかり勝負できるチームに仕上げていきたい。

今回が富士通の全てではないし、これからだと思っています。勝ち負けのレースがきちんとできるようにします。今回もたくさんの応援ありがとうございました。またニューイヤー駅伝もチーム一丸となって戦いますので、温かい応援をよろしくお願いします。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第52回東日本実業団対抗駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第7区 阿久津尚二選手 試合後コメント


第7区 阿久津 尚二 40:36(13.5km・区間8位)

阿久津尚二選手コメント
チームとしては、目標であったニューイヤー駅伝の出場権を獲得できてよかった。ただ、個人的には、もう少し走れてもいいかなというのが、率直な感想です。11月にしては暑かったですが、条件がいいなかで、いい走りができなかったことについては、悔いが残りますね。

これからは、ニューイヤー駅伝に向けてコンディションを合わせていきたい。毎年、前半区間で出遅れるパターンが多いですが、今日は、第2区の山口選手が、良い走りを見せてくれたので、ニューイヤー駅伝も良いレースができると思います。

目標はあくまでも、ニューイヤー駅伝。前回は1秒差で負けてしまったので、借りは返したいですね。練習で、積み重ねてきたことを本番で出せるように、単純なことですが意識して臨みたいです。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第52回東日本実業団対抗駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第6区 菊池昌寿選手 試合後コメント


第6区 菊池 昌寿 31:23(10.6km・区間6位)

菊池昌寿選手コメント
自分の感覚では、もう少し攻めていける予定だったが、上手く走ることができず、よいタイムも出ませんでした。特に後半は、全然走り切れていなかったので、そこは今日見えた課題だと思っています。ニューイヤー駅伝までにもう1度、練習で詰めていき、修正していきたいです。

後半の走りを修正することができれば、ニューイヤー駅伝のメンバーに選ばれる可能性は高まってくると思います。今年は、ニューイヤー駅伝を走りたいので、日々の練習に励んでいきたいです。

今日は、今年初の駅伝ということで、まず1本走れたといのは、個人的によかったです。駅伝の感覚を取り戻すことができたし、何よりも楽しかった! 今日の1本でニューイヤー駅伝に向けて気持ちが高ぶってくれればいいと思っています。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第52回東日本実業団対抗駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第5区 高嶺秀仁選手 試合後コメント


第5区 高嶺 秀仁 21:57(7.4km・区間5位)

高嶺秀仁選手コメント
3位の集団でまとまってきていたので、粘り強く付いていき、最後で離せればなと思っていたんですが、なかなか思い通りの走りをすることができませんでした。1kmの入りが2分40~42秒ぐらいだったので、ちょっと速く入りすぎるなよ、とは言われていたんですが、我慢しきれませんでした。

区間順位、タイムとも満足できていないです。離れてはいけない場面で、離れてしまい、ここまでのレースの流れを壊してしまったので、そこは今後の課題になると思います。そこを修正できればもっとよいレースになるかなと思います。

このままでは、使い物にならないと思うので、早いペースでレースに入っても、3~4kmまでしっかり押し越せるような体を作ってから、もう1回レースに臨んでいきたい。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第52回東日本実業団対抗駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第4区 福井誠選手 試合後コメント


第4区 福井 誠 29:25(9.9km・区間5位)

福井誠選手コメント
個人的には難しい場所ではありましたが、4区は後半のリスタートの意味合いも強い区間なので、前をもっと追っていかなければならなかったものの実戦できず、そこが今後の課題になりました。毎年、かなり風の強い区間で、今年もそれなりかなと思いましたが、全くと言っていいぐらい無風。ただ、それは自分だけではなく他の選手も同じ条件なので、何とも言えないですね。

富士通はどこかの区間でどかーん!というのではなく、全体を通してというチームなので、監督からも「4区からだな」と言われていました。なので、僕のところである程度突っ込んでいく覚悟もしていたのですが、前半から比較的冷静にレースに入ってしまったところもあり、最後まで詰め切れなかったことで、前と離されてしまったのは反省点です。

全体で言うと、今年は去年よりもいいオーダーが組めたと思います。3位を目指していたところもあり、順位的には不本意ではありますが、特に前半などの主要区間で、メンバーがしっかり走れたのはよかった。そういういいところを見つけて、ニューイヤーに向けて、また上がっていけるチームだと思ってます。ニューイヤーでこそ、真価を発揮できるように、またこれから気を引き締めて、頑張っていきたい。

僕らは、1秒差の勝ちも、1秒差の負けも知っているチーム。厳しい競技ではあるけれど、その厳しさも楽しめるような明るさもうちの取柄ですから、もう一段階上に上がれるように頑張ります!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第52回東日本実業団対抗駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第3区 ギタウ・ダニエル選手 試合後コメント


第3区 ギタウ・ダニエル 25:52(9.2km・区間6位)

ギタウ・ダニエル選手コメント
監督からは26分30秒ぐらいで走るように言われていましたが、25分52秒と去年の区間賞と同じタイムで走れたので、タイムだけ見ると悪くなかったと思います。ただ、風がなく周りが速かったのに、そこまでの入りができませんでした。

最初は抑えようと思っていましたが、少し抑えすぎて自分のレースができず、途中で少し気持ちが焦ってしまいました。これがニューイヤー駅伝でなく東日本駅伝で良かった。あと2ヶ月ぐらいあるので、ニューイヤーに向けて調子が上がっていきたいと思いますし、今日のようなレースではなく、自分のレースをしたい。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第52回東日本実業団対抗駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第2区 山口祥太選手 試合後コメント


第2区 山口 祥太 44:55(15.3km・区間2位)

山口祥太選手コメント
自分の目標としているタイム、45分10秒を切ることができましたが、今日は天候も良くて風もあまりなかったので、それを考えるともう少しいけたかなと思います。区間賞の宇賀地選手(コニカミノルタ)と同じ位置でもらったので、一緒に行くというのは決めていました。10kmぐらいまではついて行って、最後の勝負に持ち込みたかったのですが、その手前で離されてしまったのが、ニューイヤーに向けての課題です。

それでも今までより速いペースで前半突っ込むことができたので、これまでとは違うレースができました。これからは、速い流れの中でどこまで持たせることができるか、それを仕切り直してやれば、自分も変わっていくと思いますし、チームも良くなってくると思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第52回東日本実業団対抗駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第1区 村上康則選手 試合後コメント


第1区 村上康則 33:45(11.6km・区間8位)

村上康則選手コメント
スタート前に佐藤選手(日清食品グループ)が、1kmを2分50秒で押していくと話しており、それを監督に言ったところ、行けるところまでつけと言われたので、そのつもりで行きました。3kmぐらいまでは粘りましたが、そこからは離されてしまいました。14分10秒くらいなら10kmまでは行けると思っていましたが、5kmを13分台で入られたので、あとは後ろの集団に追いつかれてからの勝負だと思いました。

前半突っ込んだ分、最後はきつかったです。ニューイヤー駅伝につながる走りをしてこいと言われていたのですが、臆することなく走れて、収穫のあるレースだったと思います。これから練習を重ねて、ニューイヤーではこういうペースになっても対応できるようにしたい。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第52回東日本実業団対抗駅伝特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP