【競技結果】ホクレンディスタンスチャレンジ2011-深川大会-


6月25日(土曜日)に行われました「ホクレンディスタンスチャレンジ2011 深川大会」の競技結果をお知らせいたします。

■ホクレンディスタンスチャレンジ2011
深川市 深川市陸上競技場 6月25日(土)

深川大会
5000mA組

1位 ジョセフ オンサリゴ(創造学園大学)13分46秒85
2位 白柳智也(トヨタ紡織)13分49秒67
3位 田子康宏(中国電力)13分51秒98

6位 高嶺秀仁(富士通)13分55秒70
7位 久保俊太(富士通)13分56秒37
10位 田中佳祐(富士通)14分04秒60

10000mB組
1位 久我和弥(駒澤大学)28分32秒32
2位 大石港与(トヨタ自動車)28分42秒29
3位 上野渉(駒澤大学 )28分42秒89

6位 菊池昌寿(富士通)28分56秒75
22位 鈴木良則(富士通)29分21秒58

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】ホクレンディスタンスチャレンジ2011-網走大会-


6月22日(水曜日)に行われました「ホクレンディスタンスチャレンジ2011 網走大会」の競技結果をお知らせいたします。

■ホクレンディスタンスチャレンジ2011
網走市 網走市運動公園陸上競技場  6月22日(水)

網走大会
1500mA組
1位 SIN. Sang-min(KOR)3分44秒07
2位 大西毅彦(NTN)  3分44秒83
3位 村上康則(富士通)3分46秒13

10000mW
1位 鈴木雄介 (富士通)39分51秒44
2位 森岡紘一朗 (富士通)40分08秒54
3位 荒井広宙 (北陸亀の井ホテル)40分22秒09

女子10000mW
1位 大利久美(富士通)44分28秒63
2位 桐生文香(キヤノンAC九州)45分59秒86
3位 渕瀬真寿美(大塚製薬)46分56秒63

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】ホクレンディスタンスチャレンジ2011-北見大会-


6月19日(日曜日)に行われました「ホクレンディスタンスチャレンジ2011 北見大会」の競技結果をお知らせいたします。

■ホクレンディスタンスチャレンジ2011
北見市 東稜公園陸上競技場 6月19日(日)

北見大会
800m
1位 口野武史(富士通)1分48秒71
2位 牧野康博(ユティック)1分49秒37
3位 HONG.In-gi (KOR)1分50秒14
DNF 横田真人

1500m
1位 エドワード ワウエル(NTN)3分38秒90
2位 SIN.Sang-min (KOR)3分42秒38
3位 村上康則富士通)3分43秒70
DNF 井野洋

5000mW
1位 鈴木雄介(富士通)19分35秒29
2位 森岡紘一朗(富士通)19分39秒16
3位 荒井広宙(北陸亀の井ホテル)19分39秒45

女子5000mW
1位 大利久美(富士通)21分22秒49
2位 川崎真裕美(富士通)21分49秒11
3位 淺田千安芸(DNP西日本)21分50秒05

※DNF 途中棄権(ペースメーカーとして出場)

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


応援ありがとうございました!


3日間にわたり開催された第95回日本陸上競技選手権。
結局一度も雨という雨に見舞われずに、無事大会を終えることができました。

3日間にわたって富士通陸上競技部の選手たちにご声援をいただきありがとうございました 引き続きご声援よろしくお願いいたします

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第95回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


コバトンとまさと


競技終了後、富士通選手とスタッフが詰めるテントに戻ってきた横田選手。
表彰式でいただいたぬいぐるみと一緒に

「コバトン」と頭の様子が若干かぶってるのは、本人も認めるところ。
ということで、サングラスを着用させてみました。

え?
横田選手の頭がなんで坊主なのかって
さぁ、それは本人に聞いてください

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第95回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


鮮やかなワンツーフィニッシュ!


文字通り、1位・2位を富士通が

競技終了直後の1コマ。
優勝した横田選手に歩み寄った口野選手。

互いに健闘をたたえ合った良きライバル、そしてチームメイトのふたり。

おめでとう

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第95回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


女子200m決勝・高橋選手レースレポート&コメント


前日の女子100mでは4着に終わり、この200mでは結果を残したい高橋選手は6レーンからのスタート。7レーンには100mで優勝した福島選手(北海道ハイテク)、5レーンには100mで2位となった市川選手(中京大)とライバルに挟まれる形となった。スタートでやや出遅れた高橋選手に対し、福島選手は得意のスタートから一気に飛び出し、先頭に立つ。その福島選手を必死に追う高橋選手だったが、得意の後半も伸びを欠いたまま、結局最後まで福島選手を捉えることはできず。24秒15の5位に沈んだ。

高橋選手コメント
また一から練習し直さなければならないというのが率直なところです。(後半のスピードなどの)自分の良さもまったく出ませんでしたし、でもそういう部分的なところというよりも、すべては自分の力不足でしかありません。この悔しさをバネに、次に向けて頑張りたいと思います。次はこのようなレースをしないように、しっかり練習して万全な状態でレースに臨むのも当然ですが、タイムや順位が悪いレースだとしても、その中で得るものもたくさんあると思うので、走っていくうちにヒントを得ながらやっていかなければと思いますので、コーチと相談しながらしっかり練習を積み直していきたいです。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第95回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】女子200m決勝


女子200m決勝の競技結果をお知らせします。

■決勝
1位:福島 千里(北海道ハイテク) 23.44
2位:市川 華菜(中京大) 23.62
3位:岡部 奈緒(チーム・ミズノ) 23.97
・・・
5位:高橋 萌木子(富士通) 24.15

100mに続き200mでも表彰台ならず・・・

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第95回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP