【東日本実業団駅伝】レースレポート 第4区:岩水嘉孝


第4区 12位 2:23:23/岩水嘉孝 30:27(9.8km・区間10位)

ワウエル選手から12位でタスキを受けた岩水選手。14というニューイヤー駅伝出場枠を考えると少しヒヤリとする順位だ。ある程度準備万端の状態で東日本を迎えたと語っていた岩水選手だったが、向かい風の中、前を意識してか思わず前半から突っ込みすぎて後半伸びず、12位のままタスキは5区鈴木選手へ。

岩水選手
「調子はよかったのですが、前半ハイペースで入りすぎて、距離に対してのペース配分ができず後半厳しいレースになってしまいました。
向かい風で条件があまりよくなかったのでタイムは計算できなかったんですが、後半だんだんと上げていければいいなと思っていました。でもそれができなかったので、力が出せなかったレースでした。前に追いついていけばよかったのですが、前半早く入ってしまいそこから上がらなかったので前を追えませんでした。また練習して体を作ってニューイヤーに合わせたいと思います。駅伝は1、2年走っていなくて今回久しぶりだったので、次は駅伝に対して考え直して臨みます」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団駅伝】レースレポート 第3区:マーティン・ワウエル


第3区 12位 1:52:56/マーティン・ワウエル 29:59(9.5km・区間14位)

3区は外国人選手が登場しスピードのある選手が多い区間。先頭は後続を大きく引き離して独走状態となった。ワウエル選手はトップと5分29秒差の12位でタスキを岩水選手に渡す。

ワウエル選手
「今日は去年よりだめでしたね。風もあったし。目標は27分30秒くらいを目指していたのですがだめでした。このあとは、11月29日の上海での試合になりますのでそれまでがんばりたいと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団駅伝】レースレポート 第2区:福井誠


第2区 9位 1:22:57/福井誠 46:26(15.1km・区間9位)

強豪揃いのエース区間2区。第1中継所では、わずか10秒の間に10チームがひしめく混戦の中で福井選手は3番手でタスキを受ける。あっという間に縦に長い列になり、5位集団の後ろの9番手につける。そして、9位のままタスキはワウエル選手へ。

福井選手
「納得はいってませんが、悔やんでもしょうがない。レース全体で言うと、本当に“なんだったんだろう”って感じですね。前に何人かいたんですが、対応できなかったというか、詰めることもできずズルズルといってしまう形になってしまいた。向かい風だったので、走って体が温まってくれば大丈夫かなとも思ったのですが、体がついてこなかった。体と心が全然合ってなかった感じですね。流れを悪くしてしまったのは申し訳ないですけれど、後半で巻き返せるようなチームでないと強いチームとは言えない。ニューイヤー駅伝では、いやでも優勝チームとして注目されると思うので、完成度の高いチームで臨みたいと思います。もちろん優勝は狙っていきますが、自然体で臨んで、いい経験の舞台になればいいなと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団駅伝】レースレポート 第1区:山口祥太


第1区(11.6km) 3位 36:31/山口祥太 36:31(区間3位)

14のニューイヤー駅伝出場権をかけて、24チームが埼玉県庁前をスタート。晴れ渡った空模様ながら気温7.6度と冷え込んだ空気の中、レースはスローペースで進む。山口選手は集団の中で先頭をしっかりと見ながらレースを展開し、途中リズムが変わってからも慌てず最後まで落ち着いた走り。トップと1秒差の3番手でタスキを渡した。

山口選手
「久しぶりに1区を走ることになってすごく楽しみにしていました。結果としては、区間賞まであと1秒だったので、あとひと分張りしたかったなというのが正直なところです。区間3位になりましたが、2区、3区以降の選手にうまくつながっていかず、波に乗せれたら何番でもよかったという思いもあったので、全体的に残念かなと思います。
確かにスローペースでしたが、タイムよりもできるだけ先頭から差がなく、できればトップでと思って走っていたので、自分の考えていたようなレースはできました。
この後は、トラックで10000mのレースを1本はさんで、そこで来年の日本選手権の標準記録を切りたいと思っています。今回せっかく1区を走らせてもらってたので、その経験を全日本にいかせるように戦いたいです」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団駅伝】ニューイヤー駅伝へ向けての第一歩。結果は9位


今年のニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)の優勝チームとして、来年の同大会出場権獲得を目指し東日本に臨んだ富士通陸上競技部。結果は昨年の5位におよばず9位に終わりましたが、ニューイヤー出場のための14位をいう順位はクリアしました。

<結果>
1位 日清食品グループ 3:48:31
2位 Honda 3:50:06
3位 コニカミノルタ 3:50:20
・・・・・・
9位 富士通 3:56:12

1区  3位  36:31/山口祥太 36:31(11.6km・区間3位)
2区  9位 1:22:57/福井誠 46:26(15.1km・区間9位)
3区 12位 1:52:56/マーティン・ワウエル 29:59(9.5km・区間14位)
4区 12位 2:23:23/岩水嘉孝 30:27(9.8km・区間10位)
5区 12位 2:45:47/鈴木良則 22:24(7.4km・区間5位)
6区 10位 3:16:05/藤田敦史 30:18(10.6km・区間3位・区間新記録)
7区  9位 3:56:12/阿久津尚二 40:07(13.5km・区間4位)

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP