【東日本実業団駅伝】応援ありがとうございました!


皆様、応援ありがとうございました!

東日本実業団対抗駅伝で9位になり、元旦のニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)への出場権を獲得しました。

ニューイヤー駅伝連覇に向けて練習を積んでいきますので、これからも応援よろしくお願いします!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団駅伝】福嶋正監督コメント


福嶋正監督
「今日は、レースの流れが悪かったですね。2区前半の勝負どころでブレーキのような形になってしまい、その後は後手後手に回ってしまった。ただ、今回は順位というより若い選手の走りに期待していたところがあったので、山口や阿久津あたりの走りは良かったと思います。
初の駅伝となる岩水は、「自分がやらなきゃいけない」という思いが強かったはず。それで、最初向かい風の中で飛ばしてしまったんだと思う。そうなると後半は走れなくなるので、少しかわいそうな部分はありましたね。
ニューイヤー駅伝に向けては、ここで走ったメンバーに加えて、まだ走っていないメンバーの中にも、“十分走れるだろう”と考えている選手はいる。もう一度チーム一丸となって連覇を目指してやれば、やれないことはないと思っているので、しっかり準備していきたいです」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団駅伝】レースレポート 第7区:阿久津尚二


第7区 9位 3:56:12/阿久津尚二 40:07(13.5km・区間4位)

最後のタスキを任されたのは、今年のニューイヤー駅伝優勝メンバーでもある2年目の阿久津選手。区間4位となるタイムで走り、順位を1つ上げて9位でフィニッシュ。富士通は山口選手、福井選手、ワウエル選手、岩水選手、鈴木選手、藤田選手、阿久津選手の7人でタスキを繋ぎ、来年元旦のニューイヤー駅伝の切符を手にした。

阿久津選手
「前のニューイヤーで勝って、今回はチャンピオンとして臨んだレースでしたが、周りも去年より成長して強くなっていたので、簡単には勝たせてくれないなという印象はありますね。チーム全体的に気が抜けていた部分もあったかもしれないですね。
(監督から走りが良かったと言われたことについて)ここまで調整があまりうまくいってなかったのですが、最近は上がってきた感じがありました。他の選手は疲れが出てしまった部分がありましたが、自分は練習できてなかった分、ちょうどタイミングが合った感じなので、それが出たのかなと思います。
ニューイヤー駅伝では、もう一度勝ちたいので、チーム全体で高い意識を持っていきたい。個人としては、しっかりメンバーに入り、もう一度優勝を味わいたいと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団駅伝】レースレポート 第6区:藤田敦史


第6区 10位 3:16:05/藤田敦史 30:18(10.6km・区間3位・区間新記録)

1カ月半前にベルリン・マラソンを走り、東日本は回避かと思われた藤田選手だったが、10.6kmの6区で出場。鈴木選手から12位でタスキを受け、順位を2つ上げて10位でアンカー阿久津選手に託した。また、藤田選手は区間3位の区間新記録となるタイムで走り切った。

藤田選手
「大会の直前にちょっと脚を痛めてしまい、不安がある中でのレースになってしまいました。自分のタイムと言うよりは、とにかくタスキを渡してニューイヤーの出場権を獲得することが最優先だったので、アンカーの阿久津にタスキを渡して託そうという気持ちでいきました。でも正直言って、タスキを渡してホッとした気持ちと、チームとしても個人としても結果がよくなくて納得がいかなかった部分があってと複雑な感じです。でもこれが予選でよかったなという気がするんです。これから修正がきくし、気を引き締めなくてはいけないなとはすごく思いました。
(ベルリン・マラソンから帰って)当初監督は走らなくてもいいよって言ってたんですけれども、この駅伝はやっぱりチームとして僕が引っ張っていかなくちゃいけないという考えもありますので、貢献はできないかもしれないけれども、僕が入ることによってビシっと締まるのかなという感覚もあり、なんとか調整して臨みました。けれども、僕自身としては、やっぱりちょっと期間が足りなかったなという気がしますね。
チームとしては今回の結果を真摯に受け止めて、何が悪かったのか個人個人で考える。若いチームなので、練習していかなければだめだと思います。それには僕が先頭に立ってやっていかなくちゃいけないと思いますし、練習ができればうちのチームは決して弱いチームではないので、ニューイヤーでも戦えると思います。身内から言ってもなんですが、本当にいいチームなので、みんなにもがんばってほしいし、僕自身もチームもがんばりたいと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団駅伝】レースレポート 第5区:鈴木良則(長距離キャプテン)


第5区 12位 2:45:47/鈴木良則 22:24(7.4km・区間5位)

12位でタスキを受けた鈴木選手。遮るものなく吹く向かい風を受けながら、53秒あいた前を追うもほぼ一人旅の状態。順位は変わらないものの、背中が見える14秒までにその差を縮め、タスキをチームの大黒柱・藤田選手に繋ぐ。

鈴木選手
「調子は悪くなかったんですが、風が結構きつく感じた上に前も見えずで、精神的にもやられそうな気がしていました。ようやく前が見えたところで力尽きそうになる部分もありましたが、何とか藤田さんに前が見える位置で渡せたらと思って走りました。
今回は、若手を重要区間で試し、試してみてどこまで戦えるかという意味もありましたが、もう少し前でレースできるかと思っていました。でも、これはニューイヤーではないし、いいチャレンジができたのではないでしょうか。この悔しい思いをぜひ本番につなげてもらえたらと思いますね。ここからが大事になってくると思うので、ここで気持ちを切り替えてくれることが、今日の走りを払拭することになると思うので、そこをぜひニューイヤーに繋げてほしいですね。
自分も立て直していきたいです。しっかり核になるように、これからは自分自身に激をとばしながらやっていきたいと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第50回 東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP