【全日本実業団3日目】400m富士通トリオが揃って入賞!堀籠選手が4連覇達成。


400m富士通トリオがやってくれました!

出場した佐藤光浩選手、堀籠佳宏選手、宮沢洋平選手が3人揃って予選を通過し、決勝は2レーン佐藤選手、5レーン堀籠選手、9レーン宮沢選手と富士通勢がずらり。
スタートから堀籠選手と佐藤選手が外側の選手を追い積極的な走りを展開。最後の直線になると堀籠選手が1人抜き出て、そのまま1位でフィニッシュし、見事にこの大会4連覇を達成しました。後半追い上げた宮沢選手は3位、粘りを見せた佐藤選手が5位と全員が入賞を果たし、チームに大きな得点をもたらしました。
実は、これまで富士通400mチームを引っ張ってくれていた佐藤選手はこの日が富士通として最後のレースとなりました。

堀籠選手 400m決勝試合後のコメント
「日程的に厳しい部分もあったんですけど、総合優勝がかかっていたので、優勝すること自体が大事だと思い、それだけを狙っていました。勝ちにこだわって勝てたのでよかったです。後半の走りに課題が見えてきたので、それを克服できるようにこれから頑張りたいと思います。国体とアジア選手権は、何かしら課題をもって臨みたいなと思います」

宮沢選手 400m決勝試合後のコメント
「2位を狙っていたので悔しいです。タイム的にもあまりよくなかったです。次のマイルでは優勝狙って頑張ります」

佐藤選手 400m決勝試合後のコメント
「今年の日本選手権で決勝に進めなかった時に引退を考えたんです。400mは過酷な競技で、練習をどれだけ積み上げてきたかが顕著に出る競技なんですね。ここ3年くらいケガを繰り返していて、今の自分だと練習と休みのくり返しになってしまい、世界で戦う力はつかないなと思って引退を決めました。引退を考えずに集中しようしようと思っていたのですが、いざスタートについたらウルっときてしまいました。でも、すぐにこれじゃいけないと思い直し、そこからは無心で走りました」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【全日本実業団】競歩3選手、世界選手権を振り返る


大会2日目に行われた男女の10000m競歩。3人とも世界選手権およそ1ヶ月後のレースでしたが、すでにレポートした通り3選手ともに表彰台に上りました。3人それぞれが経験した8月の世界選手権ベルリン大会を、少し振り返ってもらいました。

世界選手権で失格という悔しい結果に終わった後、日本に戻ってきちんと力のあるところを見せたいと語っていた川崎真裕美選手は、「自信喪失まではいかないまでも、自分のフォームが失格してしまったことで悩んだ部分もあったんです。けど、悩んでいてもしかたないので、課題に取り組んで解決していくという前向きな姿勢のほうが・・・でもショックですよ、やっぱり・・・。でも、もとから気の強いポジティブなほうなので終わった瞬間から反省を踏まえ前に向かっていました!」と。一度沈みかけた気持ちを盛り立てて、今回の日本新記録までたどり着いたことが感じられました。

そして、世界選手権で12位となった大利久美選手は、「世界選手権の順位はラッキーでしたね。上位の選手が失格したり、暑さだったり、ヨーロッパ選手にとって暑さは苦手らしいので、あの大会であのくらいの暑さになったのもラッキーですし、12位はタナボタです。
これからはあの経験をいかし、まぐれにならないようにしっかり練習して結果をひとつずつ残していきたいと思います」と、ちょっと謙遜気味!?

世界選手権で2種目合計70kmを歩ききった“はずさない男”と呼ばれる森岡紘一朗選手は、「50km競歩は20km競歩から中6日の中でのレースで目標としていた自己ベストや8位入賞はできませんでしたが、2種目ともゴールできたというのは僕の中ではいい経験になりました。今後、もっと世界でしっかり力を出し切れるようなステップとなるレースになったかなと思います。それに、大勢の観客の中でレースするという経験がなかったので非常に楽しかったです。見てもらえるってことは選手のモチベーションになると思うので、日本でも競歩を見てもらえればと思います」

そして、それぞれのこれからの目標は・・・。

(大利選手)「国体で今日よりはいいタイムを出して、いい流れを作りたいです。12月に東アジア大会があるのでしばらくは練習ですね。出るからにはもちろん上を狙っていきます。競歩が日本でもベルリンのようにたくさんの人に見てもらえて、注目してもらえるような種目になればいいなと思います。これから川崎さんを筆頭に女子競歩界が盛り上がるように、私も世界で活躍できたらなと思います」

(森岡選手)「国体でも力を出し切って優勝を目指します。その後ははっきりとした試合プランはたってないんですけど、出る試合はしっかりと力を出しきりたいと思います」

(川崎選手)「国体まですぐですけど、しっかりやりたいです。(失格して)ベルリンから帰ってきたときは、親でさえも結果に触れないようにしていて逆に非常に傷ついたんですよ。でも、思っていた以上に心配したり応援してくれているなと感じたので、結果を持って恩返しするまではやめないと思っています」

これからも、富士通競歩に期待ですね!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【全日本実業団3日目】塚原選手、チームに捧げる初優勝!


スーパー陸上から中3日という厳しいスケジュールでの出場となった、男子100mの塚原直貴選手。予選を危なげなく通過し、準決勝も全体のトップタイムで決勝へと進みました。準決勝後、「ケガだけはしないように走るだけです」と語った塚原選手。この日3本目のレースとなった決勝では、スタートは横に並ばれたものの、後半に入り他を引き離して全日本実業団初優勝を飾りました。昨日の4×100mリレーと合わせ2冠を達成し、総合優勝に大きく貢献してくれました。

予選の塚原選手
予選の塚原選手
準決勝の塚原選手
準決勝の塚原選手
決勝の塚原選手
決勝の塚原選手

塚原直貴選手 100m決勝試合後のコメント
「記録的には全然ですが、チームのために優勝を持って帰ることができて最低限のことはできたかなと思います。去年出場できなかったので、今年はという思いはありました。見に来ていただいた方には、いいパフォーマンスが見せられずに申し訳ないなと思います。これからアジア選手権に向けて練習していきますので、引き続き応援よろしくお願いします」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【全日本実業団3日目】井野選手、積極的なレースも惜しくも決勝進出ならず


最終日の大会3日目、富士通勢最初の登場は男子1500m予選の井野洋選手でした。
昨年この大会で5位入賞を果たしている井野選手は、スタート直後から先頭を引っ張り積極的にレースを展開。しかし、1000mを過ぎたあたりで先頭をゆずると、その後は徐々に遅れだし7位でフィニッシュ。惜しくも決勝進出を逃しましたが、積極的なレースにチームの応援にも力が入っていました。

■男子1500m予選

2組
1位 ジョナサン・ディク(日立電線) 3:47.56
2位 上野裕一郎(エスビー食品) 3:47.83
3位 松本啓典(自衛隊体育学校) 3:49.43
・・・・・・
9位 井野洋(富士通) 3:55.03

井野洋選手 1500m試合後のコメント
「1組がスローペースだったので、2組から記録で拾われるために、僕が先頭を引っ張りました。1周目は理想的だったんですけど、2周目からペースが落ち、それに後ろの選手がしびれを切らしてペースアップしたところに対応できなかった感じです。チームの応援はとてもありがたかったですが、力がありませんでした。
秋は5000mには出場するかもしれませんが、スケジュールは決まっていません。今後は距離を伸ばすことも含めて、監督に相談しながら決めていきたいと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【全日本実業団3日目】富士通、2日目を終え断トツの総合トップ!


9月27日、全日本実業団対抗選手権大会3日目も爽やかな天候のもと始まりました。
2日目までを終了し、富士通陸上競技部は男女総合で2位に約40点あまりの差をつけ断トツの1位。本日も活躍が期待される種目が目白押しです。最終種目の4×400mリレーでも優勝して有終の美を飾ってほしいですね。

<男女総合順位(2日目終了時点)>
1位 富士通 72点
2位 ナチュリル 33点
3位 モンテローザ 32点
4位 スズキ 27点
5位 新潟アルビレックスRC 26点

最終日の3日目、選手たちの奮闘を期待ください!

【3日目の種目と出場予定選手】
男子100m 塚原直貴
男子400m 佐藤光浩、堀籠佳宏、宮沢洋平
男子1500m 福井誠、井野洋
男子100mH 田野中輔
男子3000mSC 越川秀宣、菊池昌寿
男子4×400リレー 佐藤光浩、下平芳弘、口野武史、高平慎士、堀籠佳宏、宮沢洋平

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP