【スーパー陸上】男子100m 高平慎士選手・塚原直貴選手 レースレポート/コメント


海外招待選手4名、日本人選手4名の計8名の出場で行われた男子100m。富士通陸上競技部からは高平慎士選手、塚原直貴選手が出場した。
白人選手初の9秒台を出したルメートルとの勝負が注目されたこのレース、スタートから前半まずまずの出だしを見せた塚原選手に対し、少し遅れ気味の高平選手。中盤から後半はルメートルだけが抜け出し、2位以下は混戦のままゴール。塚原選手は日本人トップの4位、高平選手は7位の結果となった。

高平選手コメント
「ケガの影響などはありません。年間を通して調子がいい時ばかりではないので、欲張ることなく楽しんでケガをしないようにと思っていました。
ルメートルの走りを見て、まだまだ洗練されていない中で9秒台をだせるということは、僕らには足りないところがあるのだと実感しました。日本短距離界が変わっていかなければいけない時期になってきたのだと思います」

塚原選手コメント
「日本選手権以来の日本でのレースなので、元気な姿をお見せできればと思っていましたが、遅かったですね。ルメートルの動きのリズムに合わせると失速すると思ったので、自分のレースをしながら、胸を借りるつもりで走りました。
期待されているからには、アジア大会では個人でもリレーでも結果を出せるように、調子を合わせていきたいと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【スーパー陸上】男子走高跳 醍醐直幸選手 レースレポート/コメント


海外招待選手3名、日本人選手4名の計7名の出場で行われた男子走高跳。富士通陸上競技部からはこの種目の日本記録保持者である醍醐直幸選手が出場した。
第1試技者として登場した醍醐選手は、2m15の1本目を失敗。その後、何度となく体の動きをチェックして臨んだ2本目もバーを落とす。あとがない3本目。手拍子を求め会場の雰囲気に押されながらも、踏み切った後に体が思うように浮かず失敗。結果は記録なしに終わった。

醍醐選手コメント
「ケガの影響はなく走りの練習はできているのですが、完全に跳躍練習不足です。本番で踏み切りのタイミングなどを合わせようとして試合に臨みましたが、上手くいきませんでした。今年は焦らず、タイミングのずれなどを徐々に修正して、来年に向けてしっかり動きを作っていきたいと思っています」


【スーパー陸上】男子砲丸投 山田壮太郎選手 レースレポート/コメント


海外招待選手2名、日本人選手4名の計6名の出場で行われた男子砲丸投。富士通陸上競技部からは、この種目の日本記録保持者である山田壮太郎選手が出場した。
今後の試合に向け調整段階という山田選手の1投目は16m55。低調な記録にも落ちついて臨んでいるように見えた2投目、17m05を投げて記録を伸ばした。4投目以降はファウルなどで記録が伸びず、結果は2投目に投げた17m05が最高記録となり順位は4位だった。

山田選手コメント
「練習投てきを見て、面白い試合ができるかなと思ったのですが、そうはいきませんでした。記録には現れていませんが、後半の投てきのほうがよかったです。状態は悪いわけではなく、下半身はほぼ完璧に使えてきているんですが、上半身が良くなくて、動きがズレている感じです。全日本実業団選手権、千葉国体では勝てるように頑張ります」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【スーパー陸上】男子110mH 田野中輔選手 レースレポート/コメント


海外招待選手3名、日本人選手5名の計8名の出場で行われた男子110mH。富士通陸上競技部からは田野中輔選手が第3レーンに登場した。
1回のフライングの後に仕切り直しとなったスタート。田野中選手はまずまずの出だしだったものの、ケガの影響があるのか持ち味の前半でスピードに乗りきれていない走り。中盤から後半には日本人選手にも追い込まれ、6位でゴール。タイムは14秒06だった。

田野中選手コメント
「海外遠征で足がつってしまって以来、昨日初めてハードルをとびました。その状態の中ではいいレースができたと思います。全日本実業団選手権、千葉国体、アジア大会に向けていい兆しです。
海外遠征をやってきて、前半は勝負できると感じることができたので、あとは中盤から後半のレースを上手く運べるように練習していきたいです。アジア大会ではチームに勢いをつけれらるようなレースをしたいと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【スーパー陸上】男子走高跳 醍醐直幸選手 結果速報


スーパー陸上競技大会2010川崎の結果を速報します。

■男子走高跳
1位 高張広海(日立ICT)2m24
2位 ドナルド・トマス(バハマ)2m24
3位 ビクトル・ニノフ(ブルガリア)2m21
・・・
- 醍醐直幸(富士通)記録なし

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【スーパー陸上】男子100m 高平慎士選手、塚原直貴選手 結果速報


スーパー陸上競技大会2010川崎の結果を速報します。

■男子100m(-1.6m)
1位 クリストフ・ルメートル(フランス)10秒26
2位 ウォラス・スピアモン(アメリカ)10秒47
3位 ラミル・グリエフ(アゼルバイジャン)10秒50
・・・
4位 塚原直貴(富士通)10秒51
7位 高平慎士(富士通)10秒74

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【スーパー陸上】男子砲丸投 山田壮太郎選手 結果速報


スーパー陸上競技大会2010川崎の結果を速報します。

■男子砲丸投
1位 スコット・マーティン(オーストラリア)18m72
2位 マルコ・フォルテス(ポルトガル)18m63
3位 村川洋平(スズキ浜松AC)17m40
・・・
4位 山田壮太郎(富士通)17m05

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【スーパー陸上】110mH 田野中輔選手 結果速報


スーパー陸上競技大会2010川崎の結果を速報します。

■男子110mH(-2.7m)
1位 ドワイト・トマス(ジャマイカ)13秒46
2位 ライアン・ウィルソン(アメリカ)13秒48
3位 青木悠人(MESSIAS)13秒81
・・・
6位 田野中輔(富士通)14秒06

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【スーパー陸上】9月19日、富士通の5選手が世界と戦う!


9月19日(木・祝)、川崎市等々力陸上競技場にて、日本のトップアスリートたちが世界の強豪と競う「スーパー陸上競技大会2010川崎」が開催されます。富士通陸上競技部からは、100mに高平慎士選手、塚原直貴選手、110mハードルに田野中輔選手、走高跳に醍醐直幸選手、そして砲丸投に山田壮太郎選手。5名の選手が世界の一線級と対戦する予定です。

男子100mでは、海外遠征から帰国した高平選手、塚原選手が出場します。この種目では今季9秒台を連発しているフランスのクリストフ・ルメートルが出場します。9秒97のフランス記録保持者でもあり、今シーズンのヨーロッパチャンピオンの強豪に、高平、塚原両選手がどのような走りをするか注目です。また、男子110mハードルで田野中選手が戦うのは、昨年この大会で優勝したドワイト・トマス(ジャマイカ)、今季世界3位の記録を持つライアン・ウィルソン(アメリカ)、欧州選手権で3位になったダニエル・キシュ(ハンガリー)と強豪が揃います。

男子砲丸投では、7月のトワイライトゲームスで自己ベスト(2009年10月、18m64、日本記録)に次ぐ記録となる18m51を投げ、登り調子の山田選手が出場。2009年の世界選手権で金メダルを獲得したクリスチャン・キャントウェル(アメリカ)、今季世界3位の記録を持つコリー・マーティン(アメリカ)らの海外勢に挑みます。そして男子走高跳では、2007年大阪の世界選手権、さらには昨年のスーパー陸上も制しているドナルド・トマス(バハマ)に対し、日本記録保持者の醍醐選手がどのような戦いを見せるか?どれも目が離せない勝負です。

この他にも、今季好記録をマークしている女子100mの福島千里や、女子100mハードルの寺田明日香(共に北海道ハイテク)が注目。また、男子100mでは日本選手権200m優勝の藤光謙司(セーレン)が塚原、高平と争います。そして男子やり投にはベルリン世界選手権銅メダリストの村上幸史(スズキ)など、日本のトップ選手が出場します。

>>スーパー陸上競技大会2010川崎公式サイト
http://www.super-meet.com/

■TV放送
TBS系にて15:00~16:54まで生放送
http://www.tbs.co.jp/sports/athletics/superrikujou/top.html

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP