みんなのこころのたすきリレー


セイコーゴールデングランプリ川崎は、震災復興プロジェクトでもありました。

昨日のチャリティイベントも含め、会場にお越しいただいた方にたくさんの義援金への募金と「被災地に本を贈ろうキャンペーン」にご協力をいただきました。

募金額:501,879円

「被災地に本を贈ろうキャンペーン」協力数
文庫:2,883冊
絵本:1,266冊
コミック:610冊
図鑑:20冊
その他:138冊
――――――――――――
合計:4,917冊

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


ナショナルチーム!


本日いちばん会場を沸かせてくれた、男女リレーの日本代表チームです

※左から2番目が高平選手

そして、見事日本新記録を更新した女子のナショナルチーム

※左から2番目が高橋選手

8月の世界選手権でも活躍を期待してます

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


トリを飾る、女子100mに高橋萌木子選手が登場!


大会のトリを飾ったのが女子100m。
しょっぱなで日本新記録をたたき出し、大いに会場を沸かせた女子4×100mリレーにも登場した高橋萌木子選手と福島千里選手の対決が見ものです

◆女子100m
1位:アレクサンドリア・アンダーソン(アメリカ) 11秒28
2位:グゼル・フビエワ(ウズベキスタン) 11秒54
3位:メリッサ・ブリーン(オーストラリア) 11秒56
・・・
7位:高橋萌木子(富士通) 11秒70

本人も反省するように、スタートでの失敗が響き、得意の後半の盛り返しも思うように行かず7着でフィニッシュ。リレーでの世界選手権標準記録突破を第一目標としていたということで、多少の疲れ、集中力が途切れたことも影響したか。※ちなみに、福島選手も11秒56で4着
しかし次レースに向けての課題もきちんと把握したので、東日本実業団、そして日本選手権には鮮やかな走りを見せてくれるだろう。

高橋選手コメント
今日は100mより、リレーの走りが良かったです。まずはリレーで標準記録を出すことに気持ちが入っていたので、そのためにも自分の役割を果たさなければ、ということに集中していました。100mは納得のいく走りではなく、満足できませんでした。ただ、2次加速(20~40mの加速)をどう入るかという修正点は見えたので、この経験を無駄にしないように次のレースに活かしたいです。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


男子200mに高平選手が出場!


男子200mには、日本歴代3位の記録(20秒22)をもつ高平選手が登場!
4月29日の織田記念が少々振るわなかっただけに、この辺で高平選手らしい走りが見たいところ・・・。

◆男子200m
1位:アムル・サウード(エジプト) 20秒65
2位:齊藤仁志(サンメッセ) 20秒71
3位:高平慎士(富士通) 20秒81

スタートから100mまでは、一気に加速した高平選手がレーンの外側から流れるようなスピードに乗ったかに見えましたが、コーナーを抜けてからはいちばん外側の齊藤選手にかわされ、直線でも逃げ切れず3着でフィニッシュ。
本人コメントにあるように、課題を意識しての描いていた通りのレース展開だったものの、タイム的にはやや不満げか。6月の日本選手権までにどれだけパフォーマンスを上げてこれるかに期待したいところ。

高平選手コメント
前半貯めて、後半行くというレースパターンでは世界と戦えないと思うので、前半からしっかりいって、後半につながるような走りができればと思っていました。前半はそれなりに行けましたが、リレーの影響が少しありました。前半で出て、どれだけ逃げ切れるかを意識してやった結果なので、後半まくられたことは悪いことだとは思っていません。ただ、タイムもそれほど速くない中で、逃げきって勝てないのは物足りないです。日本選手権までには20秒40を切るぐらいのパフォーマンスをしておかないといけないと感じたレースでした。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


男子110mHに田野中選手が出場!


男子110mHには、09、10日本選手権連覇の田野中選手が登場!

レース自体は13秒前半の自己ベストを持つライアン・ウィルソン選手(米国)や史 冬鵬選手(中国)の優勝争いだが、日本王者の田野中選手がどこまで食い下がれるかだが・・・

◆男子110mH
1位:ライアン・ウィルソン(アメリカ) 13秒73
2位:史 冬鵬(中国) 13秒78
3位:デクスター・フォーク(アメリカ) 13秒79
・・・
6位:田野中輔(富士通) 13秒89

得意のスタートで少々つまずいた感があった田野中選手は、そこからなかなかトップスピードに乗り切れず、6着でフィニッシュ。
タイム的にもやや悔いの残るレースとなってしまった。しかし、そこはベテラン。落ち込む暇などなく、修正点をすぐに把握し、次レースに向けて頼もしいコメントを残してくれた。

田野中選手コメント
アップしている感じは悪くなかったのですが、ハードルを跳び始めたら、訳が分からない状態になりました。今日はいい天気だったので、気持よく走りたかったのですが・・・。織田記念(4月29日)ではピリっと走れたので、調子自体は良く、それだけにもったいないレースでした。課題はスタートで、初速が出ませんでした。
原因はほぼわかっているので、それほど焦ってはいません。世界陸上の標準記録はこれから出る大会で、狙えるときに狙っていきます。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP