第23回アジア陸上競技選手権大会を終えて


4月21日から24日にカタール・ドーハで開催された本大会に4名が出場。
全員がメダル獲得という成績を修め、次へのステップアップにつながる大会になりました。

出場選手の結果とともにコメントをお届けします。

塩尻和也
3000mSC 8分32秒25/3位 銅メダル

塩尻和也 塩尻和也コメント
今回のアジア選手権では3位に入り、表彰台に上がることが出来ました。タイムとしてはもう一歩というところでしたが、今後に繋がる良い走りができたと思います。今シーズンはまだまだレースが続くので、これからも一本一本のレースを大切に頑張っていきます。応援ありがとうございました。

ウォルシュ・ジュリアン
400m 45秒55/5位入賞
4×400mR 3分02秒94/1位 金メダル

ウォルシュ・ジュリアン ウォルシュ・ジュリアン コメント
今回のアジア選手権では、今、自分が出せる力はほぼ出せたと思いますし、一戦一戦ごとに修正が出来、自信につながるレースになりました。これから更に磨きをかけて、日本記録を狙っていきたいと思います。
応援いただきありがとうございました。

佐藤拳太郎
混合4×400mR 3分20秒73/3位 銅メダル
4×400mR 3分02秒73/1位 金メダル

佐藤拳太郎 佐藤拳太郎コメント
今大会まで積み重ねてきたことは間違っていなかったと思います。しかし、ここで満足していられるほど、今の日本代表マイルチームに余裕はありません。今回アジアチャンピオンにはなりましたが、今度は世界を舞台に戦っていけるよう、準備をして参りますので、今後とも皆様の熱いご声援を、宜しくお願い致します。

松枝博輝
5000m 13分45秒44/3位 銅メダル

松枝博輝 松枝博輝コメント
5000mで3位を取れて嬉しい気持ちと、世界との差を感じて悔しい気持ちがあります。もっと世界のレベルに追いつけるよう頑張ります。応援ありがとうございました。

写真提供:共同通信社


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


仲良く☆


表彰式の後、ふたりでポーズを決めてもらいました

ダニエルもレース後のコメントで言っていましたが、これから、いいライバル同士として、切磋琢磨していけたらいいですね

マイナについては、また改めてどういう選手かなどを詳しくご紹介したいと思いますので、お楽しみに

今回も沿道では65,000人もの方がご声援を送ってくださったようです。
皆さんありがとうございました!

次回は来週の東日本実業団陸上を、現地よりお届けしたいと思います。
たくさんの選手が出場しますので、ぜひチェックしてくださいね!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


うれしい副賞!


表彰式の1コマ。
優勝副賞に、富士通の最新デスクトップパソコン「ESPRIMO FH56/HD」をいただきました

ちょうど、日本に来たばかりでTVもこれから購入だったみたいなので、良かったね、マイナ ちなみにダニエルも3位の副賞で、Tabletをいただきましたよ

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


マイナ選手コメント


【競技結果】1位:1時間1分34秒

マイナ選手コメント
風はとても強かったですが、気温が高いのは僕にとっては、さほど大きな支障にはなりませんでした。先週ケニアから日本に来たばかりなので、海外でのレースは今日が初めてになりますが、今日の優勝はとても嬉しい。競技場に1番で入ってこれたので、思わず指で1番を作って入ってきましたが、本当に幸せな気持ちでいっぱいでした。この後は夏ぐらいの競技に向けて日本で練習を積んでいく予定です。

皆さん、はじめまして!ジョハナ・マイナです。ケニア出身の、21歳(今年22歳)です。
今回日本に来れて、富士通陸上競技部のメンバーになれてとてもうれしい。先輩であるダニエル選手と一緒に練習できるのもとても楽しみ。一緒に頑張りながら、自分のレースでもっと結果を出していきたいです。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


ダニエル選手コメント


【競技結果】3位:1時間3分49秒

ダニエル選手コメント
少し久しぶりの試合にはなりましたが、自分の中では直前までの練習状況などを考えるとこんなものかなというのが正直なところです。ニューイヤー駅伝後の故障もあって、そこからなかなかコンディションがしっかり戻らないのですが、それでもニューイヤーよりは自分の思ったレースはできたと思います。今週から新規加入したマイナに負けてしまったのは悔しいは悔しいですが、それよりも、今後一緒に競って練習できるのが楽しみです。チームメイトとしても、ライバルとしても頑張っていきたい。ニューイヤーのインターナショナル区間も、今までは僕しかいないからというのもありましたが、今後は自分もしっかり頑張らないと走れないというのも十分ありうるので、マイナと一緒にいい練習を積みたいです。
来週また東日本実業団でも走りますが、スタミナ面は自信がありますので、5000mのほうを楽しみにしています。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP