【ニューイヤー駅伝】応援ありがとうございました!


 ※閉会式で3位入賞を表彰される富士通陸上競技部
※閉会式で3位入賞を表彰される富士通陸上競技部

富士通陸上競技部を応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。

福嶋監督より
「昨年の覇者として挑んだ今大会。連覇を目指すも3位という結果ではありましたが、来年につながる非常に意味のある結果だったと思います。
来年はふたたび一番高いところに立てるように、これからまた励んでまいりますので、応援どうぞよろしくお願いします! 」

今後の富士通陸上競技部の活躍にご期待ください!
これからもみなさんの暖かい声援よろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レース後の選手コメント


1区:鈴木選手
トップから10秒以内で襷を渡すというかたちを作れたらと思っていました。ただ、残り2キロで脚を痛めてしまい、最後に思うような走りができなかったことに悔いが残ります。
チームとしては見せ場は作れたのではないかと思いますが、10秒、20秒というタイムの遅れが、3位にとどまるという結果につながったと自分に言い聞かせ、来年また高いところに上れるように頑張っていきたいと思います。

2区:カマシ選手
設定していたタイムより速く走ることができましたし、昨年の記録より少し良かったので、走りは悪くなかったと思います。チームは3位となり優勝はできなかったものの、悪くない結果ではないでしょうか。私は今回が最後のニューイヤー駅伝になりますが、富士通はまたきっと優勝することができると思います。

3区:福井選手
監督の期待に応えられなかったことと、あとの区間の人が走りにくい位置になってしまい、流れを作れなかったことが申し訳なかったです。僕は本当にチームに助けられたと思います。
チームとしては、3位入賞も素直に悔しいと思えるくらい、強いチームに成長したと感じられました。そして、ミスもチームワークでカバーできるという駅伝の素晴らしさを、改めて実感できた素晴らしい試合だったと思います。

4区:堺選手
はじめてのニューイヤー駅伝で戸惑いもありましたが、自分の最大限の走りをすることができました。5区は藤田さんだったので、いい順位でつなげれば優勝も見えてくると思い、攻めの走りをしました。10秒くらい前に黒崎選手(コニカミノルタ)がいたので、上手く目標にして走った感じです。体調も良かったし、区間5位を目指していたのですが、2位になれたのは驚きです。
来年は優勝できるように、1人1人がしっかり意識を持ち、練習していきたいと思います。

5区:藤田選手
自分個人の走りとしては、最後などはもう少し勝負できたかなぁという気持ちはあります。
競りながら、かつ相手をうまく使って風を避けてたんですが、そこでペースがなかなか上がらなかったです。
途中しかけたりしましたが、そうすると風を真っ向から受けてしまうので、調整しながらのレースになってしまいましたね。駆け引きが難しかった。
(4区の堺選手が4位でつないだ事に)正直びっくりしました。練習の時から調子は確かに良かったので、ある程度走れるだろうと楽しみにしてましたが、まさか4位で繋いでくるとは思わなかったです。
そういう意味では、若手がああやって出てきてくれた事はチームとして大きな収穫になりましたし、これからがすごく楽しみです。
ケガ人を複数抱え、決してベストとは言えない今のチーム状況で3位は上出来。ただ、昨年優勝しているだけに、結果だけ見るとどうしてもね(苦笑)。でも来年に確実に繋げられるレースにはなったと思います。

6区:岩水選手
藤田さんが追い上げてくれてすごくいい展開になったので、とにかく前を追っていきました。
(11月の)東日本実業団対抗駅伝では、前半突っ込んで入って自滅したので、今日は落ち着いて入り、後半が勝負だと思って走りました。6区にはいい選手がいましたし、同年代ということもあって負けられないという気持ちも強かったです。久しぶりに駅伝で力が出せたのではないかと思います。来年につながる走りができました。
優勝が狙えただけに3位という結果は悔しい気もしますが、持てる力は出せたと思います。また来年も上が狙える、いいチームだと思います。

7区:太田選手
トップとの距離もあったので前半から攻めの走りをしたつもりだったんですが、結局、トップから(タイムを)1分以上も離されてしまいました。来年に向け、また1年間必死で練習して自分自身の走力をワンランク以上アップさせて、駅伝でもマラソンでも勝負どころで戦えるようにしたいです。
チームとしては連覇というのが意識にあったので、実現できず残念です。来年のニューイヤー駅伝では、みんな笑顔でゴールできるように、これから取り組んでいきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レース後:福嶋監督コメント


最終区の太田が、1人でなく2人でスタートしていたら勝負になったと思います。でも、うちにここまで力があるとは思っていなかったチームも多いと思うから、他のチームは焦ったかもしれませんね。
圧倒的な戦力を誇るチームもある中、うちも意地はみせましたよ。次につながるレースだったと思います。来年はまた勝てる、いや、来年のほうが勝てると思います。

なんとかここ1年がんばっていきますよ!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】最終成績


ニューイヤー駅伝2010の最終成績です。

<総合成績>
優勝:日清食品グループ 4:50:07
準優勝:コニカミノルタ 4:50:36
3位:富士通 4:51:37
4位:中国電力 4:52:26
5位:トヨタ自動車 4:52:55
6位:Honda 4:54:12
7位:大塚製薬 4:56:29
8位:旭化成 4:56:29

以上、上位入賞8チーム。

第1区 19位 35:50/鈴木良則 35:50(12.3km・区間19位)
第2区  9位 58:21/チャールズ・カマシ 22:31(8.3km・区間9位)
第3区  8位 1:37:49/福井誠 39:28(13.7km・区間12位)
第4区  4位 2:41:15/堺晃一 1:03:26(22.3km・区間2位)
第5区  4位 3:28:13/藤田 敦史 46:58(15.9km・区間2位)
第6区  3位 4:02:49/岩水 嘉孝 34:36(11.8km・区間3位)
第7区  3位 4:51:37/太田 貴之 48:48(15.7km・区間4位)

※区間賞は富士通の選手該当者ナシ

最高気温7度、上州名物「からっ風」が強く吹き荒ぶ過酷な条件の中、3位という好成績を収めることができました。

昨年度の優勝には及びませんでしたが、皆さんの応援を糧に健闘できました。
寒い中沿道でのご声援を送っていただいた方、TVの前で一生懸命に応援してくださった方にお礼申し上げます。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


【ニューイヤー駅伝】レースレポート 第7区:太田貴之選手


第7区(15.7km) 3位 4:51:37/太田 貴之 48:48(区間4位)

連覇を目指して最後の戦いとなる第7区。トップと14秒差の3位で第6区を終えた富士通は、最後の希望を襷にのせて太田貴之選手に託した。第7区は強い向かい風が前方から吹いてきて、脚力の要求される区間だけに、風との戦いも勝負の分かれ目となる。

アンカーの太田選手は序盤から苦しいレース展開を強いられる。トップの日清食品グループが向かい風に対して力強い走りを見せると、2位のコニカミノルタも徐々に先頭との距離を縮め、約9秒差でついていく。少し遅れた太田選手はトップからおよそ20秒遅れの単独3位。トップとは170m程度の差だが、なかなか距離を詰められない状況が続く。

強い風が真正面から吹き続ける中、トップと太田選手の差は徐々に拡大。2位選手の背中を見ながら力走を見せるも、トップとの差は30秒ほどまで開いていった。後方の4位中国電力とのタイム差はさらに約30秒と大きく開いているだけに、後ろを気にする必要はないが、トップを追いかけるきっかけが欲しいところだ。

しかし、そのまま追い上げのきっかけを掴むことができずズルズルとトップとの差は開いていく。10km地点の通過タイムは、日清食品グループが4:33:05秒、2位コニカミノルタは14秒差、3位富士通は54秒差。太田選手は苦しい表情を浮かべながらも最後の15.7kmを走り抜く。

最終的に順位は、1位日清食品グループ4:50:07秒、トップと28秒差で2位コニカミノルタ、1:29秒差で3位富士通。ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ富士通だが、惜しくも連覇はならなかった。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第54回 全日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP