塚原直貴引退レース Last Run in Nagano「新たな道に送り出してもらえて感謝」


2017日本選手権・混成[十種競技]2日目、6月11日(日)13:00から長野市営陸上競技場で、塚原直貴の引退レース「Last Run in Nagano」が行われました。

最初、学生たちにオリジナルゼッケンをつけてもらった塚原。レースは5レーンに本人、他レーンには地元の有望中高生選手。後方から多数の小学生が追いかける、「多くの選手と走りたい」という塚原の希望が反映されたレースとなりました。

レースは勢いよく飛び出した塚原が前半でリード。後半おいつかれそうになりながらも、ラストスパートをかけた塚原が1位でフィニッシュ。
記録は最初11秒00と表示されるも、空気を読み過ぎる計器(?)が、まさかの世界記録と同じ9秒56に変更となり確定(笑)!


ウィニングランで満員となったメインスタンドのファンの声援にこたえ、中央で富士通陸上部監督や恩師など各関係者から花束を受け取り、本人からも感謝のメッセージ。

出身高校の後輩たちと記念撮影を行い、最後は100mフィニッシュ地点で待つ家族のもとへと走り、セレモニーを終えました。


その後、塚原はメディア取材が終わった後もサイン会に対応。入り口に並んだファンの行列に対して約1時間程度ファンサービスを行いました。イベントは最後まで、陸上関係者、家族、地元のファンに見守られて温かい雰囲気のラストレースとなり、本人も「本当にありがとうございました」と感謝の言葉を語りました。


塚原直貴コメント
育てていただいた長野の地で暖かく迎えていただいて、将来の有望なアスリートと一緒に走れて幸せでした。レースは後半、やはり負けたくないと思ってしまって、最後にズバッといってしまいました。こうやって新たな道に送り出してもらえることを感謝していますし、新しい自分で頑張っていきたいと思います。

引退を決断した理由は、思ったようなポテンシャルが出せなかったり、脚の痛みを気にしての練習が続くようになったことなどありますが、一番はリオで活躍したメンバーに“任せよう”と思えたこと。私が傘となり、下支えしていこうという気持ちの変化があったので、引退を決めました。

これからは会社員として、オリンピック・パラリンピック関係のお仕事をさせていただいたり、裏方も表もこなしていきたいと思っています。立場を考えながら、富士通のアメリカンフットボールや女子バスケなど、横連携にも幅をもたせていきたいと思っています。目指すは、松岡修造さんみたいなさわやかな感じ、ですかね。

今後の自分の活動においても走ることをやめてはいけないと思うので、アスリートとしては幕を下ろしますが、会社員になってもきちんと走りたいと思っています。今まで走ることで人生を表現してきたので、変わらず子どもたちにも活動している姿を見せられればと思います。

富士通社員・ファンの方々へ
全国各地で試合をする中で、富士通という会社の大きさ、どこにいっても支社・工場・営業所があり、応援していただける存在のありがたさを感じていました。引き続きよろしくお願いいたします。

ファンの方々に対しては、競技者としてはこれでひと区切りですが、陸上界という意味では引き続き尽力していきますので、これからもよろしくお願いいたします。陸上って色々な競技があって見方がわからないとか、ゲーム性に乏しいなどありますが、わずか10秒にかける選手、長距離選手も含めて応援してくれている方々が必ずいるので、ファンもとても大事に思っています。これから若手もたくさん育ってきますので、そういった選手への応援もよろしくお願いします。

(何か言い残したことはありますか?)
言い残したこと、やり残したことばかりなのでよくわからないですが、私は元気です(笑)。今までありがとうございました!


高平慎士からのお知らせ


run高平慎士選手

高平慎士からのお知らせ
応援してくださっている皆さんへ

私、高平慎士は、2017年の夏をもちましてアスリートとしてのキャリアを終えることといたしました。

気が付けば、陸上競技を始めた小学4年生から25年の月日が経とうとしています。多くの方々に支えられながら走り続けたアスリートとしての日々は、興奮や感動に溢れ、とても充実した素晴らしい時間だったと感じています。 そして、夢を追いかけることの大切さ、人として成長する上での大事なことをたくさん学ばせてくれた陸上競技に出会えたことをとても幸せに思います。

シーズン序盤にこのような報告をさせていただいたのは、残された時間を皆さんと共に楽しみ、1本でも多く皆さんの前で楽しく走っている姿をお見せしたいという感謝の想いからです。

それではまた陸上競技場でお会いしましょう。

2017年4月24日
富士通陸上競技部
高平 慎士

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


お世話になった皆さまへ


公式サイトでもお伝えしましたとおり、2016年度をもちまして、塚原直貴・本塩遼・菊池昌寿・柏原竜二・横田真人の5名が現役引退することになりました。


3月下旬の陸上競技部納会で退部者から挨拶があり、共に競い合った盟友、平賀翔太選手(住友電工所属)も駆けつけてくれました。 (撮影:油布郁人)

長い間、第一線で活躍し続けた5選手から、応援してくださった皆さまへのメッセージをお届けいたします。


塚原直貴選手

コメント
私、塚原直貴は、3月31日をもって、正式に富士通陸上部を退部し、引退することといたしました。
2008年に入社し、その年、日本代表の一員(1走)として400mリレーで銅メダルを獲得することができました。
その後は紆余曲折の競技人生でしたが、最後まであきらめずに挑戦できたことは「熱意」や「男らしさ」を売りにしてきた私としては、自分に対して「よくやったな」と言ってあげたい気持ちです。
これまでご声援いただいた方々、お世話になった方々にはこの場をお借りして改めて御礼申しあげます。本当にありがとうございました。

今後は、引き続き富士通に勤務することとなりました。
これまでのさまざまな経験を活かして、社会貢献など陸上競技を通じた活動を行っていきます。
私の競技経験や実績が、今後の富士通の事業活動に役立つと評価いただいたことは、とてもありがたいことです。フィールドは変わりますが、メダリストのキャリアの1つの道筋を示せるよう、これまで以上に「熱意」をもって業務に携わっていきたいと思います。
今後もお知らせできることは積極的に発信していきたいと思いますので、引き続き、塚原直貴をどうぞよろしくお願いいたします。


本塩遼選手

コメント
富士通陸上競技部で4年間走らせていただき、ありがとうございました。私は昔から富士通のユニフォームを着てトラックを走ることが夢でした。また、日本代表選手が多数在籍するチームの中で一緒にトレーニングができたこと、「速く走る」ことを追求する姿勢といったレベルの高い選手たちの考えを身近で感じることができたことなど、そんな素晴らしい環境で夢が叶ったことが一番の幸せでした。

入社当初の目標であった「世界大会に出場する」ことはできませんでしたが、競技で培ったマインドを新たなフィールドで活かしていきたいと思っています。4年間、たくさんの声援をいただき本当にありがとうございました。


run菊池昌寿選手

コメント
いつも応援ありがとうございます。長距離の菊池昌寿です。
2016年度をもって富士通陸上競技部を引退することになりました。陸上競技部には9年間在籍させていただきました。目標にしていた世界大会には出場することは出来ませんでしたが、高いレベルのチームの中で競技できた事はとても良い経験になりました。チームスタッフやチームメイトには本当に感謝しています。
また、いつも競技に集中できるように気遣いをしていただいた職場の皆様にも大変感謝しています。駅伝では、いつもお忙しい中、現地まで応援に来ていただき力になりました。ありがとうございました。

今思えばいろいろな人と出会い、私はすごく恵まれた期間を過ごせたと実感しています。これから業務に専念していく上でも競技経験を活かし、人との付き合いを大切にしながら新たな道を切り開いていきたいと思います。
最後に、陸上競技を通じて大きく成長させていただき、ありがとうございました。
これからも富士通陸上競技部の応援を宜しくお願い致します。


run柏原竜二選手

コメント
私事ではありますが、2017年3月31日を持ちまして富士通陸上競技部を退部し、競技を引退したことを報告いたします。昨シーズン(2016年度)に度重なる怪我・故障をしてしまい、この発表をしている今でも完治しておらず復帰の目処がたたないことから、競技の第一線を退くことにしました。
福嶋監督をはじめ、これまで指導いただいた先生方から、「やめるには早いのではないか?」「治療やリハビリに専念してみてはどうか?」という言葉をいただきましたが、以前アキレス腱を長期間痛めた時に「もう一度大きな怪我をしたら競技人生に区切りをつける」と自分の中で決めていたこと、故障をしてから治療やリハビリに専念してきましたが回復する見込みがないことから、このような報告をさせていただくこととなりました。
最後までご心配をおかけしてしまい申し訳ありませんが、今まで応援していただいた皆様、いつも励まし支えてくれた友人、ご指導いただいた福嶋監督、チームスタッフ、チームメンバー、そして東洋大学 酒井監督と、いわき総合高校時代にお世話になった佐藤先生(現田村高校)には大変感謝しております。

ここからは少し話が長くなってしまいますので、お時間があるときに目を通して頂ければ幸いです。また、なるべく自分の言葉で書きたいと思っていますので拙い文章かもしれませんがご容赦ください。

私は中学時代から陸上競技を始めて、社会人まで競技を続ける事ができました。昔から何事も長く続かない性格でしたので自分でも驚いています。
そして、陸上競技を通じてたくさんの人と出会い、たくさんの人に支えられてきました。学生時代は人と接するのが怖くて部屋に籠って悩んだ時もありました。実家に帰り何も聞かずに支えてくれた家族や高校の恩師、福島県で陸上競技を指導されている先生方、そして大学に戻った時に何も言わず迎えてくれた仲間がいたからこそ今まで挫けずに競技を続けられたと思っています。この場を借りてあらためて御礼の言葉を伝えたいと思います。本当にありがとうございました。
今後は、富士通に残り一般業務に就きます。業務内容としては、主として強化運動部のサポートや地域・社会貢献活動の補助など、裏方の仕事がメインになると思います。引き続き陸上教室やゲストランナーなども、ご依頼があれば可能な限り対応させていただきたいと考えています。
また、これからもたくさんの人にスポーツを肌で感じてもらいたい気持ちは変わりません。よく、「競技場やスタジアムに足を運んでいいのかわからない」、「どのように観戦していいのかわからない」といった声を耳にしますが、観戦マナーを守っていただければ楽しみ方は自由です。もっと気軽に現場に足を運んでスポーツを楽しんでいただければと思います。自分の趣味の話しにもなりますが、これまで私はアニメやマンガやゲームが好きだと言い続けてきました。同じような趣味の人達がスポーツに興味を持ってくれたり、実際にアニメのTシャツを着て試合に出てくれるようになったことは本当に嬉しく思いますし、もっとスポーツに対する垣根やハードルを取り除き、スポーツのファンを増やしたいと考えています。そのような意味でも、スポーツがあまり詳しくない人も、アニメやマンガやゲームが好きでスポーツを観戦したことがないという人も気軽に現場に足を運んでいただければと思います。
特に陸上競技は、競技場に来ていただければいろいろな種目が行われているので見ていて飽きません。トラックは100mから10,000mまで、フィールドも跳躍や投てきなどさまざまな種目が行われています。そして、駅伝やマラソンも勝負の駆け引きや最後まで何が起こるか分からない多くの面白さがあり、ほかのスポーツでは味わえない魅力があると思います。是非、陸上競技場や駅伝・マラソンのコースに足を運び、選手たちのパフォーマンスを見ていただければと思います。
最後になりますが、今まで本当にありがとうございました。今後も引き続き柏原竜二を宜しくお願い致します。


run横田真人選手

横田真人 現役引退 お世話になった皆さまへ

コメント
2010年に入社し、7年間大変にお世話になりました。富士通の常に新しいことに挑戦するという企業理念に支えられ、800mという世界とはレベルの差があった競技に長い間挑戦することができました。2012年秋にアメリカに拠点を移してから、思い描いていたような競技生活が送れなかったときも、挑戦する環境を与え続けてくださったことに大変に感謝しております。恵まれた環境を提供してくださった会社、挑戦を常に後押ししてくださったスタッフの方々、日本のトップを常に突き進んで刺激し合ったチームメイトとの7年間は私の一生の財産です。
また、私の競技生活をサポートして下さった関係者の方々、応援してくださったファンの方々にもこの場を借りて御礼申し上げます。晩年は期待を裏切ってしまうことが多かった中、暖かく見守っていただきありがとうございました。

2017年3月末に富士通を退社し、競技者としての人生には区切りをつけ、新たな道に進むことになりますが、この7年間の経験をもとに挑戦し続けていきたいと思います。


5選手は競技者としての第一線から退くこととなりますが、新しい門出を温かく見守っていただければ幸いです!

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]