お世話になった皆さまへ


公式サイトでもお伝えしましたとおり、2018年度をもちまして、星創太・油布郁人・前野貴行・白吉凌・ジョン マイナの5名が現役引退することになりました。

3月末で引退する3選手より、応援してくださった皆さまへのメッセージをお届けいたします。


星創太選手

コメント
“世界で戦える選手を育成”というチーム目標と私の成績との開きを感じるようになったのは2016年でした。その時期から「引退か、現役続行か」という葛藤を抱えながら競技生活を送ってきました。それでも今年度まで続けられたのは、周りの方々の助けがあったからです。そして、徐々に強くなるこのチームでもっと走っていたかったからです。

この度、自分の中の葛藤に区切りをつけ、引退することを決断いたしました。オリンピックや世界陸上に出場する夢は叶いませんでしたが、9年のプロセスはとても充実していました。この経験と感謝を忘れぬよう今後も社業に従事し、陸上とは別の形で貢献出来るよう一層精進していきます。本当にありがとうございました。

そしてこれからも富士通陸上競技部へのご声援をよろしくお願い致します。


前野貴行選手

コメント
2015年に入社してから大変お世話になりました。この度、引退することを決めましたのでご報告いたします。

実業団の競技生活の間で、2017年にニューイヤー駅伝を走ることができたのは、日頃から皆さまに熱心な応援をいただいたからと思っております。結果が出ない時期が続いても、変わらぬご声援を贈っていただき本当に感謝しています。

4年間ではありましたが、実業団選手として、目標に向けて日々、試行錯誤を繰り返しながら活動できたことは今後の財産になると考えています。

これからは皆さまと一緒に富士通スポーツを盛り上げていきたいと思っております。今後ともよろしくお願い致します。


ジョン マイナ選手

コメント
富士通陸上競技部には、2015年4月に入部しました。当時は5000mの記録も14分台で、私としては「もっと走れる」という思いで日本に来ました。練習を重ねていく中でスタミナも付き、10000mでは27分21秒97の自己ベストを出すことができました。

東日本実業団駅伝やニューイヤー駅伝では、個人的には思うような結果を出すことができませんでしたが、これまで経験したことのないチームプレーの駅伝は、本当に楽しかったです。

今回、チームを去ることになりましたが、ケニアに帰国しても、日本で走った思い出は忘れないと思います。本当にありがとうございました。


🔗 油布郁人・白吉凌のコメントはコチラ

5選手は競技者としての第一線から退くこととなりますが、新しい門出を温かく見守っていただければ幸いです!

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


お世話になった皆さまへ


公式サイトでもお伝えしましたとおり、2018年8月をもちまして、油布郁人・白吉凌の2名が現役引退することになりました。

長い間、第一線で活躍し続けた2選手から、応援してくださった皆さまへのメッセージをお届けいたします。


油布郁人選手

コメント
2014年に入社してから4年半、大変お世話になりました。慢性的なアキレス腱の痛みがどうしても癒えず、この度、引退を決断しました。自身としては、2016年のニューイヤー駅伝で6区を走ることができ、区間は2位でしたが自分らしい走りができたと思います。

これまでの競技人生の中でとても多くの人と出会い、そして支えて頂いたことで、ここまで続けることができました。また、思うような結果が出ないときも多くの方々に声をかけて頂き、その度に前に進む力を頂きました。

今後は引き続き富士通にて勤務いたします。競技人生の中で学んだ多くのことを最大限に発揮し、会社に貢献できるよう精進していきます。


白吉凌選手

コメント
日頃から富士通陸上競技部を応援をしてくださっている皆様にご報告させて頂きます。このたび、2018年8月をもって引退することとしました。富士通陸上競技部に入って出会った仲間や指導者、関係者、そして応援してくださった方々との出会いは一生の財産です。このチームに所属できたことを誇りに思っています。

入社から3年と短い期間でしたが、とても充実した時間でした。心残りなのは、ニューイヤー駅伝優勝を味わえなかった事と、福嶋監督含めスタッフの方々に走りで恩を返せなかったことです。しかし、今後はこの悔しさを糧に、陸上で培ったフットワークと持ち前のバイタリティを活かして会社に貢献していきたいと思っています。

今後は富士通の一社員としての職務に従事する予定です。これからも富士通陸上競技部へのご声援の程、よろしくお願い申し上げます。


2選手は競技者としての第一線から退くこととなりますが、新しい門出を温かく見守っていただければ幸いです!

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


お世話になった皆さまへ


公式サイトでもお伝えしましたとおり、2017年度をもちまして、高平慎士・音部拓仁・山口祥太・千葉健太・田井慎一郎・土井友里永の6名が現役引退することになりました。

3月下旬の陸上競技部納会で退部者から挨拶がありました。

長い間、第一線で活躍し続けた6選手から、応援してくださった皆さまへのメッセージをお届けいたします。


高平慎士選手

コメント
まだ、物事の価値観や人生についてなんて考えもしなかった私に、テレビで観ていた「オリンピック」という夢の舞台で戦えたこと、たくさんの仲間に出会えたこと、楽しく走り続けられたこと、挙げるとキリがないほど多くの財産を私にもたらし、素晴らしい人生の一部を過ごさせてくれた「陸上競技」に感謝したいと思います。ありがとう。

共にハードなトレーニングに励んだり、プライベートな時間を共有したり、同じ目標を目指したり、時にはライバルとして戦う「仲間」がいたから。
競技の結果を次へと導く、ハードなトレーニングでレベルアップさせる、競技に取り組む環境を整える、身体の調子を常に万全になるよう努力してくれる「スタッフ」の皆さんがいたから。
そんな仲間やスタッフを揃え、私の目標へ必要なことを提供・サポートしてくださる「チーム」があったから。
私の走りに納得がいかなくて何度も首を傾げながら考え、常に真摯に教えてくれる素晴らしい情熱の人。私も家族も彼が大好き。「Tomas Tellez」

私のことを信じて、良い成績の時も、思うように成績が残せなかった時も温かい声援を送って頂いた「ファンや友人」がいたから。
競技の成績はもちろん、私の楽しく走る姿を様々な形で届けてくださる「メディア」の皆さんがいたから。
陸上競技を選択する時、大学に進学する時、オリンピックでメダルを獲って実家に帰省する時、私のわがままな取り組みに対して多くのことを言わずサポートしてくれた「家族」がいたから。
子育てと家事が大変な中でも、私にとって良いインスピレーションになってくれる、いつも私に笑顔をもたらしてくれる「妻と娘」がいたから。

24年。この幸せな時間を過ごすことができたのも、すべての人が私のことを選手として、ひとりの人間としてサポートしたいと本気で思って頂いたことと感じています。感謝しかありません。本当にありがとうございます。

最後に、2018年3月末で富士通陸上競技部から選手としての籍を終えることとなりましたことをご報告させて頂きます。
現役最終レースの2017年9月23日はとても感動的で、たくさんの方々に支えられていた競技人生であったことを改めて認識することができた最高の「引退記念日」となりました。本当に有難うございました。
今後も富士通株式会社にお世話になり、スポーツを通して社会や人がより豊かになることを世の中に発信していく所存です。
今後も富士通陸上競技部への温かい応援よろしくお願い致します。


音部拓仁選手

コメント
この度、2017年度をもって富士通陸上競技部を退部する事になりました。2013年に入社し、大した成績を残せなかった私を5年間サポートしてくださったスタッフの方々には大変感謝しております。
富士通陸上競技部という日本のトップチームに在籍し、恵まれた環境の中、競技が出来たこと、常に高みを目指し、世界で活躍されているチームメイトとトレーニングに励んだことなど、非常にいい経験をさせていただきました。競技人生に悔いがなかったと言ったら嘘になりますが、目標でもあった日の丸をつけて大会に出場したことや、陸上を通じてたくさんの方との出会いがあったことは私にとって一生の財産です。
今後は、富士通の社員として勤務させていただくことになりました。これまでの経験を活かし、一社会人として第二の人生を歩んで行きますので、引き続きよろしくお願い致します。また、これからも富士通陸上競技部へのご声援の程、よろしくお願い致します。


山口祥太選手

コメント
2008年に入社し、10年間大変お世話になりました。振り返ってみると、嬉しかった事、楽しかった事、悔しかった事、苦しかった事、たくさんありましたが、全て含めて本当に幸せな競技人生だったと感じています。このチームの一員として競技出来た事を誇りに思います。
小さい頃から大好きだった走ることをここまで続けられたのも、チームメイト、スタッフ、応援してくださった方々、サポートしてくださった方々のお陰です。この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。
今後は競技の第一線からは離れますが、これまでの経験を活かして次の目標に向かって挑戦していきたいと思います。本当にありがとうございました。

最後になりますが、これからもぜひ富士通陸上競技部の応援を宜しくお願い致します。


千葉健太選手

コメント
今年度をもって5年間在籍した富士通陸上競技部を退部することになりました。この5年間はマラソンを中心に競技をやらせていただきました。思うように走れないことが多かったですが、スタッフや陸上競技を通じて出会った沢山の方に支えられながら納得のいくまでマラソンに挑戦することが出来ました。
また、いつも応援してくださった職場の皆様にも大変感謝しています。お忙しい中、いつも現地まで応援に来ていただき本当にありがとうございました。
今後は引き続き富士通で勤務いたします。今までの競技生活で学んだことを新しいフィールドで活かしていきたいと思います。5年間、沢山の声援をいただき本当にありがとうございました。


田井慎一郎選手

コメント
いつも温かいご支援、ご声援ありがとうございます。田井慎一郎です。
2017年度をもって陸上競技部を退部する事になりました。

富士通に入社して4年間。
私は富士通のユニフォームが好きで駅伝での活躍を目標としていましたが、駅伝を走る事は出来ませんでした。

駅伝を走る事は出来ませんでしたが、たくさんの経験をさせて頂きました。
地方への遠征、陸上教室の開催、日本を代表する選手やスタッフとのトレーニング。挙げればきりがありません。街中を走っていると「富士通頑張れー!」と声を掛けて頂いた事も多々あります。こんなに素晴らしい環境で競技生活を送る事が出来て、感謝の気持ちで一杯です。

私は本当に人に恵まれていました。中学生から陸上競技を始め14年間の競技生活の中で、たくさんの人と出会えた事は財産です。陸上競技を始めて良かったと今しみじみと感じています。

これからは多くの人に助けて頂いた分、多くの人の役に立ちたいと思います。挫ける事もあるとは思いますが、そんな時は競技生活で得た経験を活かしていきたいです。皆様の暖かいご支援、ご声援が本当に力になりました。ありがとうございました。


土井友里永選手

コメント
この3月末をもちまして、競技を引退、そして富士通を退社することをご報告させていただきます。
富士通に所属した約2年間は、自分らしく、自分を信じて陸上競技を全うした、とても充実した時間でした。信頼する福嶋監督の下、吉川さんに指導していただき、サポートしてくれる多くのスタッフと、一選手として受け入れ接してくれた仲間たちに、感謝の気持ちでいっぱいです。
私は大学を卒業してから、スターツに入社し、5年間、駅伝や5000m・10000mを専門にしていました。その後、競技人生の集大成として、マラソンに挑戦する環境を求めて移籍を決意しました。そんな私の我儘を許してくださり、温かく見守ってくださった古巣の寛大さがあったからこそ、私は走り続けることができました。
今後は、これまでの経験を生かして、陸上競技の発展や普及のため、そして、お世話になった方のために、尽力したいと思っています。これからも自分らしく、新たな道を切り拓いていきたいです。
最後に、私を応援してくださったすべての方に、心から感謝しています。本当に有難うございました。
これからも、富士通陸上競技部へのご声援を、どうぞ宜しくお願い致します。


photo by:油布郁人

6選手は競技者としての第一線から退くこととなりますが、新しい門出を温かく見守っていただければ幸いです!

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


塚原直貴引退レース Last Run in Nagano「新たな道に送り出してもらえて感謝」


2017日本選手権・混成[十種競技]2日目、6月11日(日)13:00から長野市営陸上競技場で、塚原直貴の引退レース「Last Run in Nagano」が行われました。

最初、学生たちにオリジナルゼッケンをつけてもらった塚原。レースは5レーンに本人、他レーンには地元の有望中高生選手。後方から多数の小学生が追いかける、「多くの選手と走りたい」という塚原の希望が反映されたレースとなりました。

レースは勢いよく飛び出した塚原が前半でリード。後半おいつかれそうになりながらも、ラストスパートをかけた塚原が1位でフィニッシュ。
記録は最初11秒00と表示されるも、空気を読み過ぎる計器(?)が、まさかの世界記録と同じ9秒56に変更となり確定(笑)!


ウィニングランで満員となったメインスタンドのファンの声援にこたえ、中央で富士通陸上部監督や恩師など各関係者から花束を受け取り、本人からも感謝のメッセージ。

出身高校の後輩たちと記念撮影を行い、最後は100mフィニッシュ地点で待つ家族のもとへと走り、セレモニーを終えました。


その後、塚原はメディア取材が終わった後もサイン会に対応。入り口に並んだファンの行列に対して約1時間程度ファンサービスを行いました。イベントは最後まで、陸上関係者、家族、地元のファンに見守られて温かい雰囲気のラストレースとなり、本人も「本当にありがとうございました」と感謝の言葉を語りました。


塚原直貴コメント
育てていただいた長野の地で暖かく迎えていただいて、将来の有望なアスリートと一緒に走れて幸せでした。レースは後半、やはり負けたくないと思ってしまって、最後にズバッといってしまいました。こうやって新たな道に送り出してもらえることを感謝していますし、新しい自分で頑張っていきたいと思います。

引退を決断した理由は、思ったようなポテンシャルが出せなかったり、脚の痛みを気にしての練習が続くようになったことなどありますが、一番はリオで活躍したメンバーに“任せよう”と思えたこと。私が傘となり、下支えしていこうという気持ちの変化があったので、引退を決めました。

これからは会社員として、オリンピック・パラリンピック関係のお仕事をさせていただいたり、裏方も表もこなしていきたいと思っています。立場を考えながら、富士通のアメリカンフットボールや女子バスケなど、横連携にも幅をもたせていきたいと思っています。目指すは、松岡修造さんみたいなさわやかな感じ、ですかね。

今後の自分の活動においても走ることをやめてはいけないと思うので、アスリートとしては幕を下ろしますが、会社員になってもきちんと走りたいと思っています。今まで走ることで人生を表現してきたので、変わらず子どもたちにも活動している姿を見せられればと思います。

富士通社員・ファンの方々へ
全国各地で試合をする中で、富士通という会社の大きさ、どこにいっても支社・工場・営業所があり、応援していただける存在のありがたさを感じていました。引き続きよろしくお願いいたします。

ファンの方々に対しては、競技者としてはこれでひと区切りですが、陸上界という意味では引き続き尽力していきますので、これからもよろしくお願いいたします。陸上って色々な競技があって見方がわからないとか、ゲーム性に乏しいなどありますが、わずか10秒にかける選手、長距離選手も含めて応援してくれている方々が必ずいるので、ファンもとても大事に思っています。これから若手もたくさん育ってきますので、そういった選手への応援もよろしくお願いします。

(何か言い残したことはありますか?)
言い残したこと、やり残したことばかりなのでよくわからないですが、私は元気です(笑)。今までありがとうございました!


髙平慎士からのお知らせ


髙平慎士選手

髙平慎士からのお知らせ
応援してくださっている皆さんへ

私、髙平慎士は、2017年の夏をもちましてアスリートとしてのキャリアを終えることといたしました。

気が付けば、陸上競技を始めた小学4年生から25年の月日が経とうとしています。多くの方々に支えられながら走り続けたアスリートとしての日々は、興奮や感動に溢れ、とても充実した素晴らしい時間だったと感じています。 そして、夢を追いかけることの大切さ、人として成長する上での大事なことをたくさん学ばせてくれた陸上競技に出会えたことをとても幸せに思います。

シーズン序盤にこのような報告をさせていただいたのは、残された時間を皆さんと共に楽しみ、1本でも多く皆さんの前で楽しく走っている姿をお見せしたいという感謝の想いからです。

それではまた陸上競技場でお会いしましょう。

2017年4月24日
富士通陸上競技部
髙平 慎士

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP