今村文男競歩ブロック長コメント/第103回日本陸上競技選手権大会20km競歩


今村文男 富士通陸上競技部 競歩ブロック長コメント

富士通の3選手にとっては、厳しい戦いとなりました。

優勝を目指した髙橋に関しては、“痛恨のエラー”と言うのか、冷静に2位でもしっかり順位を残すと考えれば、あまり焦らずに済んだかなというのが感想です。今回の歩形の乱れは、技術的に言うと完全に膝が曲がってしまうなどのレベルではなく、すでに髙橋は1kmあたり3分55秒前後のペースで歩く技術を身につけています。今日のような序盤からハイペースな試合を想定していなかった、それに対応する技術、冷静なペース配分ができていなかったと言えます。次は能美での全日本競歩ですが、勝つために集中できるかが重要になります。

荒井は、男子20km選手のレースの入り方に巻き込まれた形でした。全体的に序盤から早めのペースで入った選手は、後半あまり記録が伸びず、歩形判定でも少し動きの粗さが目立った。それで後半の伸びを欠いたのが、自己記録更新につながらなかった要因かなと思います。輪島での日本選手権50km競歩は、ライバルの動きを見つつ、自分の決めたペースを頭で刻みながら、戦略的にレースを進める必要があります。

松永は体調面というより、今回突発的な痛みが起きてしまいました。次の試合まで少し時間があるので、身体をケアしながら調整して、少なからず上位に入るレース、または次につながるレースにしていかなければならないと思います。

順位争いと共に記録も総じて早くなってきています。そして、記録に対する技術面・歩き方が求められているのが、今回の日本選手権で如実に現れました。選手たちは個々の失敗を活かし、自分たちの戦い方、気持ちの準備をしっかりとして、次のレースのスタートラインに立って欲しいと思います。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


髙橋英輝コメント/第103回日本陸上競技選手権大会20km競歩


日本選手権 男子20km競歩 3位:髙橋英輝(富士通) 1時間19分53秒

髙橋英輝 競技後コメント

自分の今の課題が、そのまま出たレースになりました。フォームを修正することができませんでした。最後にペナルティを受けましたが、急いだのが理由ではないと自分の中では思っています。

レース中盤から、フォームが崩れてしまっているところがありました。日本代表が目標なので、この3位という結果は何も意味がないと思っています。ただ、危惧していた課題が出たというのは、次に切り替える意味では本当に集中して取り組めるので、見えた課題に対して向き合っていくだけだと思っています。

歩形に関する課題は、以前から見えていました。レースの中でその部分が目立ってしまい、修正できなかったのが、足りなかった点だと思います。これからレースを振り返り、その要因がどこにあったのか考えていきたいと思います。3月の能美での大会が最後の日本代表選考レースになるので、そこに向けてやれることをやりたいと思います。

能美は優勝するしかないので、難しいレースになると思いますが、やるべきことをやりたいと思います。何が必要なのかまだすぐには考えられませんが、まず何が駄目だったのかを分析して、時間はないのでポイントを絞って修正し、課題が出たのでそこに取り組んでいきたい。集中して次の試合に臨みたいと思います。応援ありがとうございました。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


荒井広宙コメント/第103回日本陸上競技選手権大会20km競歩


日本選手権 男子20km競歩 6位:荒井広宙(富士通) 1時間20分32秒

荒井広宙 競技後コメント

欲を言えば今回、1時間19分の自己ベスト更新を狙っていました。いけるかなという感覚もありましたが、実際に歩いてみて今日のコンディションを考えると厳しかったので、可能な範囲で歩く形になりました。例年のこの時期に比べて練習量や質を上げているので、長期間ここまでやってきた疲れも出たのだと思います。

目標にしているのは4月の試合で、ここにピークを持ってくる予定ではなかったため、それを考えるとある程度は予定通りです。悪い内容ではなかったですし、現状の確認もできたので、今回の結果をもとにまた4月に向けてプランを立てて行きたいと思います。

約1年前、富士通に移籍して環境を変えましたが、鈴木雄介さんを含めて日本トップの選手たちと一緒に過ごすことで、日ごろから、例えば食事中の他愛のない話からも刺激をもらっています。今村コーチもいらっしゃるので、そういった万全のサポートの中で競技ができるのは、とっても幸せですし、結果につなげていきたいと思います。

2020年に向けて自分の中で悔いを残したくない、万全を尽くしてやり切りたいと思っていますので、4月の試合に悔いのないようにチャレンジしていきたいと思います。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


松永大介コメント/第103回日本陸上競技選手権大会20km競歩


日本選手権 男子20km競歩 DNF:松永大介(富士通)

松永大介 競技後コメント

もう少し歩けるかなと思っていましたが、やはり怪我の影響がレースに響き、歩くのが厳しくなりました。早い段階で棄権したため、疲労は残らないと思います。

今日に関しては、元々トップレベルでレースができる状態ではなかったので、代表選考レースにトライできたというのが何より大切。元旦のレースからすると、予想以上に悪かったというのが正直な感想ですが、まずは痛みをとってから能美か輪島、どちらかの試合に絞って照準をあわせていきたいと思います。

練習の方が体も動いていたのですが、何より今日の朝から、異常な緊張を感じていました。滅多に試合では緊張しませんが、自分の中でも珍しくとても緊張していて、どうしたのだろうと思っていました。そういった背景が空回りにつながり、元旦から我慢していたスネの痛みが再発して、うまくレースを進められなかったのだと思います。

能美でも輪島でも、いずれにしても目指すのは日本代表。今日は最初から先頭集団に離されてしまいましたが、次は離されるのが許されない試合になります。粘って勝つしかないと思うので、どうにかして自分の持ち味を出していきたいです。

ちょうど去年のこの大会以降、ずっと途中棄権ばかり繰り返していますが、うまくいかないことの方が今までも多かった。世界大会などの結果から、順調なようにも思われますが、私自身はよく考えれば何度も失格していますし、怪我だって何度もしている。そういう人生なのだと受け入れて、最後の最後でビシッと決められればいいかなと思うので、次はしっかり頑張りたいと思います。


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子20km競歩/第103回日本陸上競技選手権大会


第103回日本陸上競技選手権大会 男子20km競歩の競技結果をお知らせします。

1位:山西利和(愛知製鋼) 1時間17分36
2位:池田向希(東洋大学) 1時間19分07秒
3位:髙橋英輝(富士通) 1時間19分53秒
・・・
6位:荒井広宙(富士通) 1時間20分32秒
DNF:松永大介(富士通

日本選手権20km競歩 荒井広宙 髙橋英輝 松永大介 富士通


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP