ご声援ありがとうございました!


3日間、たくさんのご声援をいただきありがとうございました

8月の世界選手権含め、今シーズンもまだまだ序盤。

ご声援に応えていけるよう、今後もより一層頑張って参りますので、引き続き富士通陸上競技部へ温かいご声援、よろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


福嶋監督総括コメント


福嶋監督総括コメント
一般種目の選手たちに関しては、東日本実業団含めて、春先からの試合の流れがあまり良くなかったのですが、それでもこの日本選手権に向けて、もう一度練習内容なんかを工夫をし、高瀬、塚原、澤野、岸本あたりはぴったり合わせて力を出し切ってくれたと思います。
高平についてはたまたまこのタイミングでというのもあるだろう。今までずっと代表として陸上界を引っ張ってきた選手なので、ここで少しリラックスする時間というのがあってもいいとは思う。あとは(代表選考を)待つという形しかできないので、彼をどう評価してもらえるかという部分ですね。まだまだ必要な選手だと思うし、必要としてくれているとは思うので、そこは信じたい。

中・長距離については、10000mの柏原は万全とは言い難い状況でどこまでいってくれるかというところだったが、次に向けてしっかり作り直していこうという風に本人とはレース後話しています。1500m、5000mについては正直、トップを狙いにいった。1500mは誰が勝ってもおかしくないレース展開になってしまい、田中の持ち味が出せずもったいなかったなという思い。5000mは村上も星も状態は良く、個人的には村上がいくかな?と思ってはいたが、今回は星がいってくれた。富士通の日本選手権のトラック競技では恐らく初のタイトルだろう。

今後は長距離は夏の間にしっかり走り込みをして、ホクレンサーキット、十和田駅伝に出場する予定です。一般種目はいよいよ世界選手権なので、そこでしっかり自分のパフォーマンスをしてこられるようにしていきたい。

去年、一昨年と200m、800m、1500mの3つで選手権を制覇しましたが、今年は400mHと5000mだけなので、数の面ではちょっと寂しいかな。でも、日本選手権は紙一重だと思うので、それぞれが次に繋がる何かを得られたということが、大事だと思っています。

3日間大きなご声援をいただきありがとうございました。
今シーズンはまだ序盤です。夏にしっかりとトレーニングを積み、秋以降の大会でまた良い結果を出せるように頑張っていきますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


駅伝だけじゃない!


トラック競技に“富士通”の名を――――――。

星選手が競技後のコメントで残した印象的なキーワードでした。

駅伝でも2年連続2ケタ順位に甘んじるなど、決して常勝軍団とは表現し難い昨今の富士通陸上競技部・長距離事情。

その中で、今日こうして星選手がトラック競技で残した結果は、大きな意味をもったと思います。

いちばん高いところに立ちました

さぁ、次は“駅伝も”といきましょう

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


待ってろよ!


800m表彰式の1コマ。
過去2年連続で、ワンツーフィニッシュを決めてきたこの二人でしたが、今度ばかりは若い元気な選手に、一番高いところを明け渡してしまいました。

お、カメラマンに気づいた模様です。

こらこら、優勝者が見えないぞ

この悔しさをバネに、きっと這い上がってきます。

待ってろよ~

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


星選手競技後コメント


男子5000m決勝 1位:星創太 13分49秒57

星選手競技後コメント
日本選手権の長距離競技に、“富士通”という名前を刻むことができて、本当にうれしいです!状態としては、東日本実業団の時からどれだけ上げられるかという気持ちで大会に臨んで、自分としてもどこまでいけるかわからない状況でした。レースとしては怖がることなく、できる限り前で進めて、冷静にレースを読んでいた感じです。

ペース的には、僕にとってちょうどいいぐらいだったので、体の状態もけっこう余裕がありました。後半が勝負だと思っていたのですが、最後の方で知らない間に結構前にいて、最後の一周でチャンスがあるかなと思いました。ラストスパートは無我夢中で真っ白でしたね。東日本は自分の中でも今シーズン初戦でしたし、あまり良くないかなと思っていたので、そういう意味では3週間でよく上げられたなと思います。8位入賞はしたいと思っていたので、予想以上の結果で本当にうれしいです。

今後は、まず夏のトラック練習で怪我しないように走り、秋のロードレースで駅伝メンバーに選ばれて、主要区間を区間上位でチームの役に立てるように頑張りたい。このタイトルを結果につなげるためにも、自信持って走ることが一番大事。富士通はトラックが弱いと思われるのもイヤですし、日の丸を背負うチャンスがあれば、海外に出て走ってみたいとも思います。そして、自分でも周りの人からも“これがまぐれじゃない”と思われるように練習していきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


高瀬選手競技後コメント


男子200m決勝 3位:高瀬慧 20秒48

高瀬選手コメント
A標準を突破できたのは、すごく大きいと思いますが、同着3位で世界選手権を決めきれなかったのは残念というのはあります。ただ、今シーズン振り返るとすごく悩んできたので、今日ふっきれたレースができたのは収穫だったと思います。レース内容としては△ですね。前半、もうちょっとしっかり入っていたらとも思いますが、最後の接戦は気持ちの勝負で、執念で同着まで持ち込めたかなと思います。

今大会は100mも出た上で、この4本目の17時50分からのレースにピンポイントであわせるという気持ちを持っていました。結果的に、自己ベストは出なかったですが、シーズンベストは出たので、そういう意味では合わせられたかなと思います。何より、気持ちがふっきれたのは、すごく大きい。今まで、前半行こうか行かないか、後半どうやって行こうかと、迷いのレースが続いていました。レースの中でも迷っているし、始まる前も、という状況が続き、1か月間悩んで気持ち的に沈んだ面もありました。それが、この日本選手権でふっきれたのは、大きいかなと思います。

今後は、200mで日本代表に選ばれるのを祈って、目標は世界選手権の準決勝で自己ベスト更新。そこをセミファイナルに持ってこれる、そういう強さを持ちたいなと思います。それは、あと2か月の準備期間にかかっているし、そのためにアメリカにもいって、どういう風にあわせたらいいかわかっているつもりなので、強い気持ちを持って頑張っていきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


高平選手競技後コメント


男子200m決勝 5位:高平慎士 20秒52

高平選手コメント
A標準まで持って来れたのは、悪くなかった証拠だと思っています。こんな状況になるとは思っていなかったですが、足を痛めて走り切ったのも、なんらかの意地が僕の中にあったので、それはプラス材料だと思います。負けたのは悔しいですが、行けなかったのを受け止めて、また上を目指さなければいけないなと思います。レースとしては、行って逃げ切るよりは、落ち着いて抜けてから行こうかなと思っていましたが、行けなかったのが正直なところ。あのタイムなら納得できるかなと思います。

自分の中では、大会に間に合うかどうか不透明な中で、取り組んでいることをいかにやれるかトライした、春先からの日本選手権の流れでした。それが形になったかはレースを振り返らなければいけませんが、自分ではすべて納得したし、これからもうちょっと上のタイムを目指せる材料もいっぱい見つかったので、良かったかなと思います。

今後は、あくまでも19秒台と世界大会のファイナルは目標においてやっていくべきところ。それはブレないようにやっていきたい。今回は10年ぶりに代表に入れないと思うので、それを見つめなおすための期間ができたと思い、そこからもう一歩踏み出せるように、ちょっと休んで考えたいと思います。

◇キャプテンとして
何人世界選手権に行けるかはまだわからないですが、行けた人は日本の、富士通の代表として頑張らなければいけないと思うし、その中で向こうで戦って悔いがないようにやってきて欲しい。掴んだ切符を無駄にしないように、やってきて欲しいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


珍しく・・・


男子5000m決勝のラストで、星選手が見せたこの表情

普段は比較的、表情を崩すことなく飄々としたイメージのある彼ですが、今日はなかなかお目にかかれない、渾身の力を振り絞った表情

でも、やっぱり笑うとかわいらしいのですけどね

求め続けた念願のてっぺん、おめでとう

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


噛み締める


ゴール後、天を仰ぐ岸本選手。

春先含めて、なかなか体調が安定せず、苦しみ、もがいていたルーキーでしたが、ようやくモヤモヤを吹っ切ってくれました。

苦しんだ末に手にした優勝。
3連覇ではありますが、そういう意味で、昨年、一昨年のタイトルとは又少し違った想いで受け止めています。

噛み締めるという文字通り、その身体いっぱいで!

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


村上選手競技後コメント


男子5000m決勝 12位:村上康則 14分01秒77

村上選手競技後コメント
途中までペースもあまり速くなくて、いけると思ったのですが、ここ何日か右足の内転筋がちょっと良くなくて、それが最後1000mぐらいで出てしまいました。最後に、普通なら行けるところで行けなくて、出し切れなかった感じです。

3000m過ぎぐらいまでは問題もなく普通に走れていたのですが、4000m手前で右足内転筋に重い感じがして、動かなくなってしまいました。キツくはなかったですが、気になってしまってダメでした。ここまで練習もできていたので、今大会は優勝を目標にラスト勝負になると考えていたのですが、うまく結果が出せなくて悔しいです。こういう細かいことがこの場で出てしまうのは反省しなければいけないし、鍛えなおさなければいけない点だと思っています。

今後はホクレンが今月末にあるので、そこでもう一回記録を狙って、作り直していきたいと思います。右足の問題も含めて、もう一度強化して、身体を治して次のステップに進んでいきたいと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 第97回日本陸上競技選手権大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP