第5区 佐藤佑輔選手 試合後コメント/2017東日本実業団駅伝


第5区 2位 2:36:54/佐藤佑輔 22:52(7.8km・区間1位・区間新記録)

区間賞に関しては、タスキを渡してくれた位置が良かったですね、それに尽きます。私よりも実力的に格上の選手がすぐ前にいる状況になったので、これはついていくしかないなという状況でした。そのまま終盤までついていって、ラスト1㎞で余裕があったので、そこで仕掛けた形です。最後になんとかHondaまで追いつけたので、本当に直前の区間を走ってくれた横手選手のおかげだと思っています。

レースとしては、想定していたプランの中でもベストな位置で、タスキが来ました。欲を言えば、もうひとつ前の1位に届く位置だったら、さらに攻められたかなと思いますが、現状でベストなレース展開ができたと思います。チーム全体で見ると中盤で一次先頭から離れた時もありましたが、それをチーム全体でカバーできたのは良かったと思います。主力が抜けた中でこの結果は自信を持って良いと思いますし、ニューイヤー駅伝にもつながります。少し怪しくなりそうな展開もありましたが、それをこじ開けてくれたのが、今回は横手選手だったと思っています。

ニューイヤー駅伝に向けては、とにかく怪我をしないことですね。ベストオーダーを組むことさえクリアできれば、優勝も期待できると思うので、各個人でセルフケアを頑張ってほしいと思います。各自が不安を抱えることなく、スタートを迎えることさえできれば、圧倒的なパフォーマンスを発揮できるチームだと思っているので、それを期待したいと思います。

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


第4区 横手健選手 試合後コメント/2017東日本実業団駅伝


第4区 3位 2:14:02/横手健 28:06(9.5km・区間1位)

区間賞は、最低限の目標として狙っていました。個人的には、足の怪我もあったので間に合うか心配でしたが、直前になって状態も上がってきていたので、それなりに戦えるかなと思って臨みました。実際にレースが始まったらそんなことは関係ないですし、最初から突っ込んでいくと決めていたので、その中で良い結果にはつなげられたと思います。

途中離されたりもありましたが、最初の1㎞で前に追いついていたので、最終的には突っ込もうと自分で決めていました。本当はもう少し粘りれればよかったなという感じですが、今年は去年ほど勝算がなかった中で、2位に入れたのはニューイヤー駅伝に向けても大きいと思います。自分もニューイヤー駅伝でもう一度勝負したいという気持ちが強いので、良い材料になったと思っています。

去年の東日本実業団駅伝では途中からズルズル落ちて、誰も途中で立て直せませんでしたが、去年と同じような流れになりそうな中でも、要所要所で持ち堪えられたのが上位につながった要因かなと思います。今年は副キャプテンという役割もいただいていているので、ニューイヤー駅伝に向けてチーム全体で叩きあげられるところも少なからずあると思うので、自分自身も含めて大会でしっかり勝負できるように準備していきたいです。

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


第3区 ジョン・マイナ選手 試合後コメント/2017東日本実業団駅伝


第3区 7位 1:45:56/ジョン・マイナ 26:17(9.2km・区間8位)

レースの感触はとても良かったです。チームメイトも非常にがんばってくました。でも私自身は、お腹の痛みがあって、完璧な走りができなかったのが残念です。全体で2位という結果に対しても、満足できる成績だと思います。

ニューイヤー駅伝では、距離的にも条件的にも強みを発揮できると思うので、しっかり準備して臨みたいです。これから大会に向けて、しっかりとした準備をして、スタートの待ち時間が長くても体調を崩さないように、良い体調管理をしたうえでレースを迎えたいと思います。

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


第2区 中村匠吾選手 試合後コメント/2017東日本実業団駅伝


第2区 4位 1:19:39/中村匠吾 45:27(15.3km・区間5位)

体調自体上がりきっていない部分はありましたが、その中で前半はレースプラン通りの走りができたと思います。後半は疲労の関係で、体が思うように動きませんでした。春のマラソンに向けて10日前に40㎞走ったり、その中でいかにエース区間を走れるかがテーマでしたが、まだまだ自分の体力も実力も足りなかったなというのが今の気持ちです。

今回は数人の主力選手がメンバーから外れた中、2位という結果だったので、チームとしてはまずまずだと思っていますし、ニューイヤー駅伝に向けて良い結果になりました。個人的にはここからもう一度マラソンに向けて練習や合宿を詰めていくので、どう自分の体をコントロールしていくかが、次の駅伝では重要になると思います。

自分がしっかり走れないと、チームも良い方向に行かないと思うので、その辺りをしっかり調整できるよう、2カ月間かけてがんばっていきたいと思います。

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


第1区 星創太選手 試合後コメント/2017東日本実業団駅伝


第1区 3位 34:12/星創太 34:12(11.6km・区間3位)

継続して5月ぐらいから練習できていたので、ある程度外さないレースができるかなと思っていました。内容的にも、自分の力は出せたと思っています。レースプランとしては、誰かが抜け出せばついていこうと考えていましたが、自分から仕掛けるならラスト勝負だと思っていたので、後半を含めて様子を見ながら対応できたと思います。

チームで見たら3位以内という目標はクリアしていますが、各個人の課題はあります。ニューイヤー駅伝はこれよりも厳しい環境ですし甘くないので、怪我人も含めてチーム練習をしていかないとチーム力があがらないので、しっかり引き締めていきたいと思います。

今のメンバーだと優勝したレースで走った選手がいないので、ニューイヤー駅伝ではやはり優勝したいですね。それぞれ個人の目標もあるので、全員で同じ方向性を持って臨みたいと思います。

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]