第5区 久我和弥選手 試合後コメント


第5区 久我 和弥 22:01(7.4km・区間5位)

状態も良い方だったのですが、思った以上に体が動きませんでした。前の区間が区間賞だったので、自分もそれに続こうと思いましたが、結果が出ず非常に悔しい気持ちです。

かなり緊張していました。レース前はかなりドキドキして吐き気もするくらいでしたが、チームも良い状態だったので、だからこそ襷を繋ぎたい気持ちが強かったです。先輩たちと共に「富士通」という看板を背負って良いレースをしたかったのですが、結果がついてこなかったのが実感です。

必ずしも全員が最高の走りを見せられるわけではないので、誰かが崩れたときにそれを挽回できるように、今後もっと自分を追い込んで苦しい練習を積んでいくのが大事だと思います。ニューイヤー駅伝もメンバーに入れるように、頑張ります。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 第54回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第4区 柏原竜二選手 試合後コメント


第4区 柏原 竜二 29:17(9.9km・区間2位)

チームとして3位という目標は達成できましたが、実際は1位、2位も狙えたのではないかというのが、正直な気持ちです。去年までであれば、3位という順位で喜んでいたと思いますが、現在のチームであれば優勝を狙えるという期待がありました。だから、レースを終えて何か物足りない気持ちもあります。ただ、意味のある3位だったと思います。

強い柏原を見せると言っておきながら、まだまだ弱かったです。劣勢の状況で襷を受け取っても、先頭を追える選手でなければ、力がないと思いました。冷静さが足りなかったと思います。焦っていた部分もあり、緊張もしていた中でレースをしてしまいました。自信を持って臨むということを自分に言い聞かせていればと思いました。量も質も練習ではしっかりと出来ていたので、そう考えると悔しいです。

ニューイヤー駅伝ではどの区間でも走れるようにしたいです。その中でも、エース区間を走れるように頑張っていきたいと思います。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 第54回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第3区 ギタウ ダニエル選手 試合後コメント


チームとしては、目標にしていた3位以内を達成できたので、次回のニューイヤー駅伝が勝負になると思います。自分の区間がまだまだ甘いので、これからあと2ヶ月間死ぬほど練習に取り組み、またもう一度勝負したいと思います。

2区まで良い流れで来ていましたが、自分が大ブレーキとなってしまったので悔しいです。チームに何と言えばよいか、わからないくらいです。もう少し自分が頑張っていれば、2位でゴールすることもできたと思うので、3位という順位は自分の責任だと思っています。ここでは終われないので、またこのチームで走らせてもらえるように頑張りたいと思います。

今後はチームとして、ニューイヤー駅伝に向けてしっかり走れるように合わせていくことになるので、自分自身も走れる状態にしていきたいと思います。ここ数年は東日本も5位や8位という結果が続いていましたが、今回は3位という結果だったのでニューイヤー駅伝に向けて、ひとつ自信がついたと思います。でも、またここから。ニューイヤー駅伝では、自分が任された区間でしっかり勝負して、「富士通」らしく優勝したいと思います。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 第54回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第2区 星創太選手 試合後コメント


第2区 星 創太 44:33(15.3km・区間3位)

中盤は先頭を走る二人の背中を見て走りました。佑輔(佐藤)が良い順位で襷を持ってきてくれるだろうというイメージトレーニングをしていたら、現実でもその通りになったので想定通りに走ることができました。

トップ争いをしていた残り2人が速くて、ギリギリの状態でしたが何とか食らいつくことができました。去年は宇賀地選手(コニカミノルタ)に負けているので、最後は“今年は1位で渡す”という気持ちで粘りました。去年は思ったより走ったなという気持ちでしたが、今年はしっかり目標を持って走れたのが、トップで繋げられた要因だと思います。

去年のニューイヤー駅伝は舞い上がってしまって失敗したので、今年は残り二ヶ月間しっかりと練習して臨みたいです。チームが目標とする優勝に向けて重要なのは、良い順位でレースをすること。今日のようなレース運びが、目標を達成するための大前提になってくると思います。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 第54回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第1区 佐藤佑輔選手 試合後コメント


第1区 佐藤佑輔 34:05(11.6km・区間1位)

もうちょっと(差を)稼ぎたかったというのが本音ですね。区間賞は獲れるだろうという感覚でいたので、最低限の目標は達成できたと思います。もう少し星さんに余裕を持たせてあげたかったですね。

しっかりついて出るところで出るという1区の走りができたと思います。残り2㎞でいったのですが、それまでは徹底して後ろにつく、という走りができました。最後の伸びがなかったのが、少し悔しいですね。今回このチームで走ってみて、先輩たちが少し元気ないかなという印象があったので、もうちょっと頑張って欲しいなと思います。

今後はニューイヤーまでにトラックを一回走るので、まずはそっちでしっかり自己記録を出して、日本選手権のA標準は切っておきたいと思っています。それをステップに12月頭に走りこんで、もう少し力をつけてニューイヤー駅伝に挑めればと思います。今日の結果は自信になりましたが、全体的にまだもうひと押し足りないと思うので、そういった意識も全員で共有できたら、ニューイヤー駅伝でも3位というのが見えて来るかなと思います。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 第54回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP