本日は応援ありがとうございました!


皆さん、本日は応援ありがとうございました!
沿道、競技場からの声援、Twitterやブログを通じての応援は選手の力になりました

残念ながら優勝には手が届きませんでしたが、富士通は二人の区間賞を含む、3位という結果で2013年の東日本駅伝を終えました。
2014年1月1日に行われるニューイヤー駅伝では優勝を目指して、今後の練習に取り組んでいきます

元旦も変わらぬご声援をどうぞよろしくお願いします。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 第54回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


二人のルーキーが区間賞


東日本駅伝といえば、若手を試すという意味でも、重要な意味を持つ大会。
そんな中、今年は有望なルーキーがしっかり結果を出してくれました

福嶋監督からの、「区間賞を獲ると思っていた」という期待に応えた佐藤選手。
そして、「本番に強い」と太鼓判を押された平賀選手。
富士通からは二人の新人が、区間賞をいただきました

レース後に「現在のチームであれば優勝を狙えるという期待があった。だから、3位でも何か物足りない」と語ったのは柏原選手。
そう、こういった若手の力を最大限に生かし、結果に結び付けてこそ、本当のチームワーク。先輩たちもしっかりと結果を残していかなければいけません。

次のニューイヤーでは、しっかりとチームの力を全て出し切れるように。さらにチーム一丸となってがんばります!

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 第54回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


福嶋監督の総括コメント


福嶋正監督コメント

日本人は予定通り走ってくれたというのが率直な気持ちですね。ダニエルに関しては、今回責任を感じていると思うので、ニューイヤー駅伝には間に合うと思います。チームには他に山口や堺もいるので、ニューイヤーは誰が選ばれるかわかりません。これからもう一度強化して、代表を選んでいきたいと思います。

新人に関しては、レース前から手応えはありました。ただ、本番で結果が出せるかというところだったので、手応え通りの走りをしてくれたのは今後につながると思います。やっぱり練習と結果がリンクしてこないとダメなので、平賀は本番に強い印象を持ちましたし、佐藤の区間賞も予定通りです。新人が元気な時は、チーム自体も緊張感があるので、これがチームの勢いにつながればと思います。

ニューイヤーは別物の駅伝なので、それまでにもう一回身体を作り直して、練習を踏んで、チームとしてしっかり強化していきたいと思います。今年は優勝というより、まず確実に3番以内に入ることが目標。10番ぐらいのチームがいきなり優勝できるほどニューイヤーは甘くない。今のチームを見ると、まず一回ステップを踏む必要があると思うので、まずはちゃんとしたレースをする。そして、次の年に優勝を狙うという形で、2年間ぐらいかけて1位を狙いたいと思います。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 第54回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第7区 高嶺秀仁選手 試合後コメント


第7区 高嶺 秀仁 39:34(13.5km・区間3位)

襷を受け取った時は(2位と)6秒差だったので、しっかりつめて最後勝負したいなと思っていました。途中で追いつきはしたものの、10㎞手前あたりでもう一回5~6秒離されてしまったので、しっかり勝負できないというのが自分のなかでは変えていかなければいけない部分だと思っています。

優勝が絡むような順位の中で走ったのは初めてだったので、自分の中ではいい課題になりました。“強い富士通”かどうかは、周りの人が判断する部分。僕らがまだまだと思えばまた先に進めると思うし、これで満足すればまた同じような結果になるので、もう一度しっかり全員で土台をつくって、まとまって戦えればニューイヤーでもいい結果が出ると思います。

今後は、10㎞以降もしっかりペースを守って押していけるように、力をつけていきたいと思います。雄介(佐藤)や平賀が区間賞を獲っているので、僕もしっかり上の方の順位を狙って走りたいと思います。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 第54回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP


第6区 平賀翔太選手 試合後コメント


第6区 平賀 翔太 30:32(10.6km・区間1位)

襷をもらった時は、2位と約1分差ぐらいでした。ちょうど前に見える位置だったので、それを目標に走りました。結果的に、だんだんと差を縮められたので、良い調子で走れたと思います。

良い流れで来ていたのは、プレッシャーにはなりませんでした。逆に落ち着いて自分の走りができたと思います。

今回は駅伝の何週間か前に体調を崩し、メンバーに入ったのも直前でした。ニューイヤー駅伝ではしっかりと準備して、不安要素を取り除いてから臨みたいと思います。

🔗 Twitter ★本大会を実況中!
🔗 第54回東日本実業団対抗駅伝競走大会特集ページ
🔗 富士通陸上競技部HP