【競技結果】男子5000m決勝タイムレース/2018東日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレースの競技結果をお知らせします。

◆4組
1位:Richard Kimunyan(日立物流) 13分28秒21
2位:Jonathan Ndiku(日立物流) 13分28秒89
3位:イエゴ エバンス(サンベルクス) 13分31秒19
・・・
8位:ジョン・マイナ(富士通) 13分38秒37
14位:佐藤 佑輔(富士通) 13分58秒07

◆3組
1位:星 創太(富士通) 14分05秒43
2位:足羽 純実(Honda) 14分07秒20
3位:木津 晶夫(横浜DeNA) 14分07秒70
・・・
16位:石井 秀昂(富士通) 14分25秒70
25位:油布 郁人(富士通) 14分51秒76

◆2組
1位:矢野 圭吾(日清食品グループ) 14分01秒65
2位:三田 眞司(埼玉医科大学G) 14分09秒00
3位:前野 貴行(富士通) 14分09秒36

🔗 Twitter ★2018東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


油布郁人選手競技後コメント/2018東日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレース3組 25位:油布郁人 14分51秒76

油布郁人 競技後コメント

4月に肉離れをしてしまい、練習を始めて2週間弱だったので、今回はどれぐらい脚を動かせるかという所でレースに出ました。想像以上に後半で踏ん張れなかったなというのが、正直な感想です。

実際はこれぐらい時間がかかっても仕方ないような状態だったので、現状を受け入れてやるしかありません。もう少しいけると良かったなと思いますが、まだまだこれからです。

最終的に前半シーズンはホクレンの5000mで何とかもう一度良い走りができるようにしたいと思っています。その後は、ここ2年間駅伝メンバーに入ることができていないので、もう一度駅伝メンバーにしっかり絡めるようにしていきたいです。強い新人も入ってきているので、チームの底上げをできるように頑張ります。

 

🔗 Twitter ★2018東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


石井秀昂選手競技後コメント/2018東日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレース3組 16位:石井秀昂 14分25秒70

石井秀昂競技後コメント

暑さが苦手なのもあるのですが、事前の合宿がうまくいっていただけに、後半にかなり落ちてしまったのは、力不足としか言いようがないです。

ここまで久々に手応えのある練習が積めていたので、去年1年間うまく走れていなかったのもあり、今大会で1本ある程度のタイムを出したいと思っていました。こういった選手権で結果を出していかないと、厳しい世界だとわかっているのですが、まだまだです。悔しいです。

次に目標としている世田谷で、実業団ベストは出さなければいけないと思っています。その後は、9月や10月の記録会で自己ベストを狙いたいと思っています。とにかく今は、出場する大会でしっかり自分の記録を越えられるようにやっていきたいと思います。

 

🔗 Twitter ★2018東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


星創太選手競技後コメント/2018東日本実業団陸上


男子5000m決勝タイムレース3組 1位:星創太 14分05秒43

星創太 競技後コメント

今日はグループのトップだけしか狙っていなかったので、予定通りです。目標タイムは14分一桁台だったので、あまり無理せず、脚を使いきらずに目標を達成することができました。この後も身体に負担をかけることなく、継続して練習をこなせると思います。

次は7月にマラソンを走ろうと思っているので、そこで2時間20分は切りたいと思っています。今日もそれにむけたステップとなるレースだったので、全体的にはうまく走れたと思います。

夏にマラソンを走った後は、もちろん駅伝を目指して強化していくことになります。このまま練習を継続できれば、ある程度走れることは分かっているので、フルマラソンも駅伝での優勝も狙っていきたいと思います。

星創太 富士通

🔗 Twitter ★2018東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


新安直人選手競技後コメント/2018東日本実業団陸上


男子800m決勝 1位:新安直人 1分50秒61

新安直人 競技後コメント

全体的にやらなければいけないことは、しっかりイメージできていたので、自分で引っ張っていくプランを確実に実行できたかなと思います。タイムは二の次というわけでは無いですが、まず結果を優先する大会だと思ったので、今日はリザルトを重視していました。その意味では、目標を達成できたと思います。

ある程度レース展開に関しては想像の範囲内でした。自分がフロントで逃げる形になるだろうと予想していたので、その中でどれぐらい自分が押していけるかというところも、それなりに手応えがありました。

次は6月3日の田島記念なので、そこで日本選手権に向けて自分の状態を確かめつつ、その中でもしっかり戦えるようにしたいです。そうしないと日本選手権で上位を狙うのは難しいので、表彰台に立つためにトレーニングを続けていきたいと思います。今日のレースでも、身体を動かしたいところで動かしきれなかったり、もう少し楽に走れた部分があると思うので、そういうところは改善していきたいと思います。

新安直人

 

🔗 Twitter ★2018東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP