田中選手競技後コメント


男子5000mタイムレース4組 25位:田中 佳祐(富士通) 14分30秒40

今日は先週も試合をしていたので疲労もあった中で、しっかりまとめること、後半粘ることを課題に定めてレースに臨みましたが、全くそれが出来なかったです。反省点も残る試合でした。
連戦なので疲労を残さずこの試合に臨むことを考えて、あまり刺激を入れずにトレーニングしてきました。今回に関しては自分でも何が悪かったのかはっきりしていませんが、また次に向けてやっていくしかないなと感じています。
次のレースの日本選手権まで、まだ1ヶ月以上あるので、しっかり一から作り直してやっていきたいと思います。このシーズンは3月位からスピードの部分の割合と質を高くしてトレーニングに励んできたので、そこを日本選手権までにもう一段高いレベルで取り組み、勝負できればと思っています。

今シーズンがはじまるときに、日本選手権で入賞することを目標に定めてこれまでやってきました。ですから、最低限入賞を、入賞を狙うからには3番以内を目標にしてやっていきたいと思います。

🔗 Twitter ★2015東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


荻野選手競技後コメント


男子5000m決勝タイムレース3組 14位:荻野 皓平(富士通) 14分48秒76

マラソンが終わって1ヶ月位経ち、もう少し走れると思っていましたが、予想以上に身体が重くて動かなかったです。3000m過ぎから一気にきつくなってきました。
1週間くらい休みをいただいて、そこからこの試合に向けてトラック練習に少し取り組んだくらいでした。14分20秒台位で走ることができればいいのではないかと言われていて、自分でもそこを目標にしていましたが、全然でした。収穫はなかったですが、今日の一本で何かが変わってくれたらいいなと感じていますし、今後にしっかり繋げていきたいと思います。

皆に合わせてスピード練習にしっかり取組んで行思っています。
自身の目標としては、マラソンでしっかり結果を出したいという思いがあますし、2時間10分をしっかり切って走れるようになりたいと思っています。

🔗 Twitter ★2015東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


油布選手競技後コメント


男子5000m決勝タイムレース4組 23位:油布 郁人(富士通) 14分26秒57

レース前はコーチから条件は色々とあるが、出るからには真剣に、気合を入れて走れと言われていました。1つ前の日本人集団で勝負できていれば、最低ラインは超えることができたのかなと思います。4月末に行われた、兵庫での大会の結果があまり良くなかったので、そこから立て直しの練習を繰り返していました。

次に出るのは日本選手権です。今季トラックシーズンがよかったり悪かったりと波があるので、常に高いレベルでパフォーマンスしていきたいです。日本選手権では表彰台にのぼれるように、優勝争いできるように頑張っていきたいと思います。

🔗 Twitter ★2015東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


ジョハナ・マイナ選手競技後コメント


男子5000mタイムレース4組 10位:ジョハナ マイナ(富士通) 13分55秒46

先週の仙台ハーフマラソンでも1位という成績を収めることができましたし、調子は今日も良かったです。しかし、10位という順位には満足していません。昨年も同じ種目に出たのですが、その時のタイムは13分41秒98でした。そこから10秒以上遅いタイムでしたので、もっと練習に励んでいきたいと思います。

🔗 Twitter ★2015東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


山口選手競技後コメント


男子5000mタイムレース3組 8位:山口 祥太(富士通) 14分36秒72

本格的にトラックに移行する練習ができなかったので、走りを確認する意味で今回のレースに臨みました。自分ではもっと走れると思っていたので、このような結果になってしまい残念です。暑さといった条件はありましたが、そんな中でもしっかり走れている選手はいたので、6月の日体大の記録会では同じような試合にしないようにしたいです。

今はまず、トラックで走れるための練習を積まなければいけないと思っています。今日の出来があまりに悪すぎたので、この後ちゃんと走れるか不安はあります。最終的な目標は今日のレースではないので、これからスタッフと話して、しっかり立て直していきたいと思います。

🔗 Twitter ★2015東日本実業団陸上速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP