【東日本実業団】男子10000m 結果/コメント


<結果>
・男子10000m決勝
1位 ガトゥニ・ゲディオン(日清食品グループ)27分22秒46
2位 ジョセファト・ダビリ(小森コーポレーション)27分23秒46
3位 ビダン・カロキ(ヱスビー食品)27分23秒62
・・・
4位 堺晃一(富士通) 28分41秒46
13位 藤田敦史(富士通) 28分58秒01
14位 山口祥太(富士通) 29分12秒62

藤田選手コメント
「レースが始まってすぐから体がきつかったので、集団の後ろで走るよりも前にでてペースを作ったほうが楽だと思ったのですが、そこで力を使ってしまいました。途中、ペースが上がったときに対応できませんでした。
今シーズン前半は札幌国際ハーフマラソンを一番の目標にしているので、そこに向けていい動きができればと思っていました。札幌では日本人トップを狙います」

堺選手コメント
「レース前はあまり調子がよくなく、どれだけいけるかな?と思っていたので、28分40秒というタイムが出るとは思っていませんでした。びっくりですね。前の選手がいい位置にいてくれたので、うまく利用させてもらって、思ったようなレースができました。
このあとは、札幌国際ハーフマラソンで日本人2番以内に入ることが目標ですのでがんばります」

山口選手コメント
「4月の半ば、5月の頭に10000mを走って連戦続きだったので、練習の貯めがない中でどこまで粘れるかということを一番に置いていたんですが、きつくなったところで離されてしまったのでもったいないところがあったと思います。これだけ試合を詰めてやったことが今までなかったので、自分では始めての経験です。でも、これが自分の今の力なんだと思います。
来週延岡で5000mを走って、そのあと合宿で練習を積んで貯めを作るという感じです。今年は絶対にニューイヤー駅伝を走りたいので頑張ります」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団】男子1500m 結果/コメント


<結果>
・男子1500m決勝
1位 ギタウ・ダニエル(富士通) 3分41秒26
2位 ジョナサン・ディク(日立電線) 3分42秒63
3位 ナホム・メスフィン(カネボウ) 3分42秒65
・・・
5位 村上康則(富士通) 3分45秒31
6位 井野洋(富士通) 3分49秒87
7位 福井誠(富士通) 3分49秒96

・男子1500m予選
1組
1位 荒井輔(JR東日本) 3分51秒27
2位 村上康則(富士通) 3分51秒43
3位 古川茂(SUBARU) 3分51秒66

2組
1位 安西アルトウ(ヱスビー食品) 3分54秒63
2位 佐藤大樹(日立電線) 3分54秒76
3位 山崎敦史(SUBARU) 3分54秒90
4位 ギタウ・ダニエル(富士通) 3分54秒91
5位 久保俊太(富士通) 3分55秒82

3組
1位 高谷将弘(JR東日本) 3分51秒13
2位 井野洋(富士通)3分51秒55
3位 ナホム・メスフィン(カネボウ) 3分51秒68
・・・
7位 高嶺秀仁(富士通) 3分53秒69

ダニエル選手コメント
「今日は富士通としてのデビュー戦だったので勝ちたいと思っていました。監督からも記録よりも勝負だといわれていたので、目標が達成できて良かったです。今日は1500mで優勝できたので、この気持ちを維持したまま明日の5000mに望みたいと思います」

村上選手コメント
「今日は1日2本のレースだったのできつい部分もありました。決勝はハイペースになると予想していてましたが、風があったこともあり、あまりペースは上がりませんでした。それでもダニエルに離され、スタミナとスピードが足りないと感じています。これから日本選手権に向けて作り直していきたいと思います」

井野選手コメント
「1日2本ということと、調子が落ちているのはわかっていたので、冷静に考えていい記録は望めないと思っていました。ハイペースなると思っていたので、最後のことは考えずにいけるとこまで積極的に走ろうと思ったんですけど……。結果は思ったとおりの感じです」

福井選手コメント
「監督に相談し、自分の動きを取り戻すために短い距離に出場しました。予選に比べ決勝はペースの切り替えもできたので、いいきっかけになればなと思います。日本選手権の標準記録突破も狙っていたのですがダメでした。来週は延岡のゴールデンゲームに出場するので、今回のレースがいい刺激になればと思っています」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団】男子400m 結果/コメント


<結果>
・男子400m決勝
1位 石塚祐輔(チームミズノアスレチック) 46秒80
2位 馬越興平(NMT4) 47秒20
3位 成迫健児(ミズノ) 47秒21
・・・
6位 宮沢洋平(富士通)48秒18

・男子400m予選
2組
1位 今関雄太(アムズデザイン) 47秒77
2位 宮沢洋平(富士通) 47秒80
3位 森政朗(アムズデザイン) 48秒39

4組
1位 秋本真吾(アムズデザイン) 47秒45
2位 馬越興平(NMT4) 47秒75
3位 今泉和真(板橋区役所) 48秒82
・・・
8位 堀籠佳宏(富士通) 1分09秒71

※堀籠選手はレース途中足をつるアクシデントに見舞われました

宮沢選手コメント
「メリハリのないレースになってしまいました。スタートからスピードに乗って、その後リラックスして余裕を持って走りたいと思っていたのですが……。ここまで、あまり練習は積めていなかったものの走れてはいたので、残念です。今シーズンは自己ベストを出して、45秒台を少しでも早く出せればと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


【東日本実業団】男子3000mSC菊池選手 選手結果/コメント


<結果>
1位 菊池昌寿(富士通) 8分41秒56
2位 篠浦辰徳(ヱスビー食品) 8分48秒23
3位 松本圭太(小森コーポレーション) 8分53秒80

菊池選手コメント
「走る前に監督からラストが勝負だと言われていました。マークしていた選手がスタートから先頭で引っ張ってくれたので、その後ろに付いてレースを進めました。ラスト1000mは自信があったのでそこから勝負をかけ、予定通りのレースができました。タイムも狙い通りで、日本選手権に向けていい感じだと思います」

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP