井野コーチ@菅平合宿から写真レポート!


こんにちは!コーチの井野です。
今月末の日本選手権に向けて、長距離組は合宿中です。
さわやかな天気だったので写真を撮ってみました!

日本選手権
6/23(金)20:00~ 男子10000m決勝 星創太、横手健
6/25(日)16:05~ 男子3000m障害物 潰滝大記
      17:15~ 男子5000m決勝 松枝博輝、横手健、中村匠吾

応援よろしくお願いします!

🔗 第101回日本陸上競技選手権大会HP
🔗 富士通陸上競技部 ★日本選手権特集ページ

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報します!
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


やっぱり陸上は楽しいっ!


5月3日(水曜日)、川崎市主催の「セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎」プレイベント(小学生陸上教室)で、鈴木雄介選手🏃🏻とOBの塚原直貴氏🏃🏻が講師を務めさせていただきました!
(主催:川崎市 共催:日本陸上競技連盟)

スタートラインの塚原直貴氏
入念にアップする鈴木雄介選手

■親子で歩こう・走ろう陸上教室(小学校1年生~3年生対象)

競歩のルールを説明

子供たちからの質問:
なぜ競歩を始めたのですか?好きなキャラクターは何ですか?など様々。好きな場所は?と聞かれ、川崎市!と回答。川崎フロンターレや、富士通フロンティアーズ、富士通レッドウェーブの応援によく行きます!と答えていました。


■スペシャル陸上教室(小学校4年生~6年生対象)
塚原さんは、猿山力也選手(走幅跳)高桑早生選手(パラ短距離・走幅跳)と一緒に教室を行いました!

[大西ライオンさんと競争]


鈴木雄介選手コメント

今夏のロンドン世界陸上、そして2020年とたくさんの人たちに競歩を応援してもらえるように、競歩の楽しさを伝えたい!と思いイベントに参加しました。
競歩と走りで勝負し、競歩の速さを実際に見てもらうことで興味を持っていただけましたし、競歩を体験しているときの様子はとても楽しそうでこちらも笑顔になりました。
「楽しかった!」「競歩の速さに驚いた!」「今後、競歩の試合をぜひ見てみたい、競歩をやってみたい」をいう声掛けをいただけてとても嬉しかったです。
そして、参加してくださった子供たちの笑顔を見ることができて、私自身もとても楽しい時間を過ごすことができましたし、貴重な経験になりました。
ありがとうございました!

塚原直貴氏コメント

セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎プレイベント、スペシャル陸上教室へ来てくださった皆さん、ありがとうございました!
また、主催川崎市様はじめMCを務めていただいた吉本興業お笑い芸人の方々、日本陸連スタッフの方々、そしてKAJACのスタッフの皆さんのおかげでイベントが大成功したと思います。
参加いただいた小学生の皆さんには、この陸上教室をきっかけに、(陸上に限らず)いろいろなスポーツにチャレンジしてほしいなと思います!
やはり、子供たちと走るのは楽しいですね。私も勉強になります!
ありがとうございました。


「ゴールデングランプリ陸上」は国際陸連が主催する「IAAFワールドチャレンジ」として位置づく大会で、世界で9戦あるうちの2戦目が「セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎」。世界のトップアスリートが参戦する大会なのです!!
陸上競技部からも4名参戦予定。

そして試合当日21日の午前中に開催されるスペシャル陸上教室も、塚原直貴氏が講師担当予定!世界のトップアスリートたちの競演を観る前に、こちらもぜひ。
(そして女子バスケットボール部RedWaveのあのお方も等々力に来るとか来ないとか?!)
是非、5月21日は等々力陸上競技場へ!

🔗 大会情報はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


2017年度キャプテン決定しました!


2017シーズンのキャプテンが決定しましたのでご報告いたします。

高瀬 慧

Cap

一般種目:高瀬 慧

佐藤 佑輔

Cap

長距離:佐藤 佑輔

新キャプテン、2選手(一般種目・長距離)からのコメントです。

一般種目 高瀬 慧

――:キャプテン就任の経緯は?

スタッフから声をかけていただいたのがきっかけです。私自身、4年に1度の大きな大会が終わり、新たなスタートを切りたいと考えていたところでした。キャプテンになると、より結果を求められるようになるでしょうし、自分を取り巻く環境が変わり、新たな刺激が加わって、自分にとってもプラスになるのではないかと考えています。

周りを引っ張るタイプではないのですが、まずは競技結果でチームを牽引できたらと思っています。

――:どんなチームにしていきたいですか?

競技力の向上はもちろんですが、たくさんの方々に応援してもらえるチームにしていきたいですね。競技の部分では、一人の練習では限界があるので、お互いに情報交換しながら、刺激しあいながら成長できればと思います。

また、選手や陸上競技のことをよりたくさんの方々に知っていただき、身近に感じていただけるような情報発信や、地域貢献活動なども引き続き行なっていきたいです。小さな一つひとつの活動を行なっていくことで、興味を持ってもらい、応援していただける存在になれればと思います。

――:今年1年間の高瀬選手の個人的な目標を教えてください。

・世界陸上で決勝に残ること
・100m9秒台&200m19秒台
・全日本実業団対抗陸上での総合優勝

――:最後に、応援してくださる皆様にひとことお願いします。

偉大な先輩、高平さんからキャプテンの座を引継ぎました。正直、私でいいのかなと思うところもありますが、身を引き締めて頑張っていきます!まずは、結果でチームを引っ張っていけたらと思っています。これからも、変わらぬご声援よろしくお願い致します。


長距離 佐藤 佑輔

――:キャプテン就任の経緯は?

「競技者としても人間としても本人が成長できる良い機会になれば」と先輩からの推薦があり、選手間の信任投票があって就任する運びとなりました。みんなに選んでもらったからには、求められている結果を出せるよう、そして期待に応えられるよう精進して参ります。

――:どんなチームにしていきたいですか?

チームを大きく変革させる、大胆な施策を打ち出す、というよりは、神経質で口うるさい性格をプラスに活かして、問題点をひとつずつ洗い出して解決していき、チームの運営を円滑にしていきたいです。自分を含め、選手・スタッフともにストレスフリーな環境で競技に打ち込むことで、のびのびと走れる、そんなチームにしていきたいです。

――:チームメイトから何を求められているとご自身で感じていますか?

キャプテンとしてチームメイトと接している時間はまだ少ないので探り探りになりますが、少なくとも実力は求められると考えています。トレーニングや言動だけでなく、実力が説得力を生む場面も多いと思いますが、まずは今までどおり私個人の能力も伸ばしつつ、求められていることを掴んでいきたいと思います。

――:個人的な目標を教えてください。

ニューイヤー駅伝で優勝すること(胴上げされること)です。

――:ますます、チーム内競争が厳しくなってきていると思いますが?

優勝を目指してニューイヤー駅伝に臨む上では、むしろ競争が激しくなければ本選では通用しません。チーム内の競争が激しいことは大歓迎です。そしてもちろん、負けるつもりはありません。
チーム内でも強い選手がたくさんいるので、楽しみでもあります。

――:最後に、応援してくださる皆様にひとことお願いします。

いつも応援していただきありがとうございます。
私自身、キャプテンを務めるにはまだまだ力不足ではありますが、選手やスタッフ、そして応援してくださる皆様の力をお借りして、キャプテンとしての器を成せるよう、そしてニューイヤー駅伝で優勝できるように成長していきたいと思います。今後とも変わらぬご声援をよろしくお願い致します。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式
🔗 富士通陸上競技部HP


陸上教室@富士通フェスティバルはるまつり川崎


4月2日(日)、川崎工場で行なわれた「富士通フェスティバルはるまつりcherryblossom川崎」に、運動部が勢ぞろいsign01
陸上競技部からは中村clover・土井virgoの2選手と、吉川事務局長tulip、佐久間一般種目監督appleが参加しました。
ご来場いただいた方、ツイッターをチェックしていただいた方、ありがとうございますshine

陸上教室は、土井virgo選手が進行、男性陣がサポートpaper
ミニハードルrunやラダー(梯子型のトレーニング機材)runを使った、基礎動作を中心にしたメニューを組みました。

――陸上教室、やってみてどうでしたか?

中村clover 「私自身が日頃行っているトレーニングをサポートさせていただき新鮮な気持ちと細かな基礎動作を再確認することで今後の競技人生にプラスになる経験をさせて頂きました」

土井virgo 「陸上教室では、幅広い世代の方と交流出来て貴重な経験でした。
今後の課題として、参加者の方の目的や希望に応じて内容を深めることで、より楽しく充実した時間にできると思います。
陸上にふれる機会として、皆さんにぜひお気軽に参加して頂きたいです」

※中の人の個人的な感想は、2人がメニューの練習をしているところが微笑ましいなぁhappy02と思いましたshine

――イベント自体に参加してみてどうでしたか?
(中村clover選手は2年連続、土井virgo選手は初参加です)

土井virgo 「地域と密着したイベントで、子供連れも多く、大変賑わっていてとても楽しかったです。
春祭りをきっかけに、富士通運動部の活動を広げていきたいと思いました!」

中村clover 「今年も沢山のお客様に来場して頂きありがとうございます。
陸上教室を通じて少しでもスポーツの楽しさを伝えられていれば嬉しいです。
今回の春祭りでも叱咤激励していただき沢山の方に支えて頂いていると感じました。
今後とも富士通陸上部を宜しくお願いいたします」

この日は、桜満開まではいきませんでしたがお花見日和。
グッと暖かくなり一気に開花しましたね。

さぁ、桜の季節を迎えると陸上はロードからトラックシーズンに
ロンドン世界陸上代表選考レースや記録会など、6月末の日本選手権まで毎週末のようにレースがあります。
お近くで試合があるときは、是非、会場に足を運んでいただき、ご声援いただけるとても嬉しいですheart04

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


オーストラリア合宿レポートby中村


オーストラリア合宿レポート第3弾をお届けします


みなさんこんにちは。
富士通陸上部の中村匠吾です

Australia🌏でもここはfallscreekという場所で標高🏔が1600M前後。
そして今の季節は夏から秋に移行しつつある感じです。
早朝は寒いですが日中は25度程度まで気温も上がり夜20時過ぎまで明るいです。

宿舎付近は小さなスーパーやカフェはありますが、
他の店は基本冬のスキーシーズンしか空いていないそうです。
ただ練習環境は凄く整っており集中して練習に取り組めます。

Australiaに来てから予定通りの練習を消化出来ており手応えも感じています。

練習の合間には練習拠点のfallscreekから
車で約1時間半かけ、街に降りたりもしました。

合宿中は体が疲労困憊なので、この僅かな時間が
気分転換になり次の日の原動力です

街でランチしてデザートにアイスを食べたり(その分頑張って走ります!)
ちなみにアイスは、海外でも好きなチョコミントをチョイスしてしまいます。
Australiaは景色も綺麗で凄くリフレッシュできました

富士通に入社してからチームで行く初めての海外合宿でした。
ここfallscreekは自然豊かで何分でも走れてしまいそうな素晴らしい環境です。

この様な経験をさせていただき感謝の気持ちでいっぱいです
春からのレースの結果で少しでも会社に貢献出来たらと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP


オーストラリア合宿レポートby潰滝


第2弾のレポートをお送りします


みなさんこんにちは、今回担当させていただきます潰滝大記です。

今回僕が紹介するのは、練習後にアイシング目的として
愛用している「川」についての紹介です。

私達が宿泊しているホテルから200mほど坂を下った所に
その川は隠れるように存在していました。

川の大きさは、この記事を読んでいる皆さんが想像している川よりも
確実に小さい自信が僕にはあります。(小さい池ぐらい)

そしてこの川、何と言っても水がとても冷たい
そこらへんのスーパー銭湯の水風呂とは比べものにならないぐらい冷たいです。

どれぐらい冷たいかというと、僕が初めてその川を使いに行った日、
自転車乗りの夫婦が先に川を使っていたのですが
僕たちに「Crazy」(狂っている)と忠告してくるぐらい冷たいです。

“これが大自然の力なのか・・・”と足を冷やしている15分の間、
を見ながら自分が今までいかに小さい事で悩んでいたのか、
自分はなんてちっぽけな存在だったのかなど様々な事を
自然は僕に教えてくれました

皆さんも何かに悩んだ時や躓いた時には
気分を変えて川に浸かりに行って見ては如何でしょうか?


次はもちろん、あの人です

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP


「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ」に参加しました!


2月26日(日曜日)、「🔗 富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ」に参加いたしました ≧∇≦ たくさんステキな写真が撮れたのでブログでもお届けします

富士通スタジアム川崎の地域イベントとして開催された今回のイベントには、富士通運動部に所属する現役選手・OB/OGが多数参加。陸上競技部・アメリカンフットボール部🏈・女子バスケットボール部・チアリーダー部💃が協力して、各スポーツ教室を実施

当日は天気にも恵まれ、絶好のスポーツ日和となりました

富士通陸上競技部は陸上、ランニング、ウォーキングの3教室を行い、講師を務めた高平慎士選手、塚原直貴選手、白吉凌選手、松枝博輝選手、森岡紘一朗選手は参加された元気な子どもたち・地域の方々と一緒に楽しみました

選手たちの説明とお手本を参考に・・・

参加されたみなさん運動を楽しんでいました(◎´∀`)ノ

さらにイベントでは、川崎フロンターレsoccer特命大使でもある中西哲生さんのサッカー教室も開催大盛り上がりのイベントとなりました

また、同日には富士通スタジアム川崎「かわQホール」内で、パラスポーツ(障がい者スポーツ)体験イベント。Fujitsu Inclusive Sports Festival2017も開催され、車椅子の体験教室、ウィルチェアラグビー、ボッチャ(コート上のジャックボール[目標球]に向かってボールを近づける競技)など様々な競技体験し、スポーツの楽しさを改めて感じる、選手たちが印象的でした。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP


オーストラリア合宿レポートby横手


こんにちは。
富士通陸上部の横手健です

現在、オーストラリアのフォールズクリークで高地合宿を行っています
この合宿では、トラックシーズンに向けた土台作りを主な目的として取り組んでいます。

そんなフォールズクリークのロケーションを紹介すると、当然高地なだけあって山です(笑)。ホテルからスタートし平坦なコースに辿り着くまで、最低でも1.5kmは急勾配を登らなくてはなりません。写真で見る以上に勾配があります

【朝練習前の私の取り組み】

【ホテル前の道路の急勾配】

低酸素な上に急勾配のダブルパンチですから、かつて箱根の山の神はおろか、山の一般人にもなれなかった私(大学2年時に箱根の5区区間19位)にはとてもきついです…。

そんな疲労を回復してくれるのが、管理栄養士の方が作ってくださる3食の食事です。
細かくバランスを考えてくださる上に、選手の好みを取り入れてくださるので、いつも以上に充実した食生活を送ることができています。

なんと、私の大好物の砂肝まで出していただきました
オーストラリアに来てまで砂肝を食べることができ、すごく感動しています。

【食事の様子】

【砂肝】

また、昨年8月に参加したアメリカ・ボルダーでの陸連合宿と同じように、積極的に現地の方々とコミュニケーションをとるようにしています。

昨日は私の好きな車種の現地オーナーズクラブのミーティングがホテル近くで開かれていたので少しお邪魔しました

トレーニングはもちろん、それ以外の時間も充実した合宿になるよう、残りの時間も過ごしていきたいです

【オーナーズクラブの方々】


次週の報告もお楽しみに

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP


山口市民ロードレース大会に行ってきました!


2月11日(土曜日)、先々週の防府市に引き続き、山口市行なわれた市民ロードレース大会に、松枝博輝選手と井野洋コーチの2名が参加し、ランニングクリニックを行わせていただきました。
※これは、富士通も参画する経済界協議会における、2020年に向けたスポーツ推進を目的とした活動の一つとして山口市様からの要請により実現したものです。

当日はなんと今年一番の寒気であいにくの雪・・・
ロードレース大会のゲストランナーとしても出場予定でしたが、大会は残念ながら中止となってしまいました..。会場を体育館に移し、ランニングクリニックを実施。パワフルな皆さんと一緒に楽しみました

井野コーチの説明と松枝選手のお手本を参考に・・・

大人も子供も、体を動かしました。

感想

松枝選手
大会が中止になってしまった中での陸上教室でしたが、参加者、運営関係者の皆様のおかげで教室を進行できたと感じています。
教える立場にありながら、参加者のみなさんのチャレンジする姿をみて、感じることが多くあり、逆にみなさんから教わって原点に立ち返ることができました。
この出会いが自身の成長につながるように、今回の気づきを大切にしていきたいです。ありがとうございました。

井野コーチ
雪のため大会が中止となってしまいましたが、その分のパワーをクリニックに向けて頂き、楽しくエネルギッシュな時間を共有できました。
室内での実施ということで、走りにつながる動き作りやサーキットトレーニングを紹介させて頂きました。「チャレンジ」を合言葉に、難しい動きやきつい種目も笑顔で取り組んで貰えた事が、何よりも充実した時間を過ごせたコツだったのではないかと感じています。
これからも陸上競技部に限らず、身体を動かすことの楽しさや、チャレンジすることで得られる様々な魅力を感じてもえるようなサポートをして行きたいです。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP


防府市スポーツ少年団交流駅伝競走大会に行ってきました!


1/22(日)、山口県防府市にて行なわれた防府市スポーツ少年団交流駅伝競走大会に、白吉凌選手と三代直樹コーチの2名が参加し、駅伝大会の後、陸上教室を行わせていただきました。
※これは、富士通も参画する経済界協議会における、2020年に向けたスポーツ推進を目的とした活動の一つとして防府市様からの要請により実現したものです。

当日はあいにくの天気(冷雨)でしたが、防府市スポーツ少年団から58チーム、約400人もの小学生が参加し、白吉凌選手、三代直樹コーチも子どもたちのパワーに負けぬよう、元気に動いてきました。

準備体操のお手伝いから、駅伝競走の伴走もさせていただきました。

僭越ながらご挨拶「チームのために頑張る!という気持ちを持って最後まで力強く走り抜いてください!」
準備体操
白吉選手の号令で
入念に体操を行いました

駅伝競走がスタートすると、会場内にはチームを応援する歓声が響き渡ります
「がんばれー
「いけー
「抜かされるぞー

白吉選手は
先頭グループで颯爽と
三代コーチは後方から
見守りながら軽やかに

「みんな最初から速いです!想像してたよりしんどかった…」

駅伝大会後の陸上教室では、”全身を使って楽しく走る”ことをテーマとし、陸上以外のスポーツでも基本となる動きを中心に行いました。

最後は、みんなと交流

白吉選手
今回の陸上イベントは走ることに興味をもってもらえるような教室にしたいと思っていました。
もう少し繊細な部分まで伝えたかったのですが…人数の関係もあり、大雑把な動きしか教えることが出来なくなってしまい、指導の力量のなさを痛感しました。しかしながら、参加してくれた子ども達はつまらなそうな顔することなく笑顔で動き回っていたことに感動を覚えました。駅伝を走った後なのにも関わらず、あの元気な姿は、私自身、逆に学ぶところがありました。
また機会がありましたら、もっと子どもたちに上手に伝えられるようにしたいです。ありがとうございました。

三代コーチ
野球やサッカー、ミニバスケ、剣道などスポーツ競技も違えば、身体の大きさも学年によって異なる小学生が、チームのために一生懸命走る姿、そして、それを一生懸命応援する姿がとても印象的で、駅伝の素晴らしさを改めて感じることができました。
陸上教室では、時間に限りがあり、細かい指導や一人ひとりをサポートすることができませんでしたが、まずは楽しむこと、そして失敗を恐れずに挑戦することを伝えられたと思います。
今後も、小学生などジュニアアスリートと触れ合う機会があれば積極的に参加し、競技力の向上のみならず、スポーツの楽しさを伝えていければと思います。

🔗 Twitter ★富士通陸上競技部公式アカウント
🔗 富士通陸上競技部HP