嶺村鴻汰選手競技後コメント/2017日本陸上選手権


走幅跳 嶺村鴻汰男子走幅跳決勝 8位:嶺村 鴻汰(富士通) 7m64 +0.0

6月まで右足付け根を痛めていて、2~3か月思うような練習ができず、6月に入る直前から約1か月で立て直したので、入賞がギリギリという現状でした。無理していたわけではありませんが、力がつききっていない状態で6本跳んで、その負荷に脚が耐えきれず、最後に痛めてしまいました。

ひとまず怪我を治し、体のバランスも崩れているので整えて、来シーズンに向けて切り替えていきたいです。2020年に目を向けると、今年がまだ一番大会まで遠い年なので、焦らずやっていきたいと思います。

この大会に向けてもやれることはやってきて、優勝は無理でも表彰台を狙えるまではもってこれていました。それでも最初攻めきれず中途半端な跳躍が続いたのは、思い切って踏み切る動作をしばらくしていなかったブランクや試合勘が鈍っていたのが原因だと思います。やはり、こういう大きな舞台ではボロが出てしまうと痛感しました。

ダメな部分はダメな状態で表れてしまうので、そこは1か月で修正できなかった部分。4年ぶりに表彰台を逃しましたが、しっかりこの先でとりかえせるようにしたいです。今回ダメだったことが、結果的に良かったと言える流れを作っていきたいと思います。

記録はしっかりやっていればついてくるものだと思っています。自己ベストも7m90台で低迷していますが、8mを意識するとどうしても堅くなるので、やってきたことを試合で出せば自然に結果に結びつくと考えて、今後はやっていきたいと思います。

走幅跳 嶺村鴻汰

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】彼らの走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


2日目を終えて・音部選手コメント/2017日本選手権・混成[十種競技]


音部選手競技後コメント

一種目ずつ大事にしていたつもりなのですが、全種目なかなか思ったような結果が出せませんでした。自己ベストもひとつも出せずに終わってしまったので、良くなかったですね。

2日間を通して一種目も良かったものがなかったので、一から見直してやらないといけない。今後、考え直して出直したい気持ちです。年齢的にも上になってきましたが、まとめることができずベテランらしさも出せないまま終わってしまいました。

全種目納得いかなかった感じなので、一度ゆっくり休んで監督と相談して、そこから始めたいと思います。

今回も長野の運営スタッフの方々は、選手のことを第一に考えてくれて、すごく競技はやりやすかったです。塚原さんのセレモニーに関しては、チームのムードメーカー的存在で引退されるのが悲しい気持ちもありますが、また別の形で活躍してもらえるのを応援していきたいと思います。

 

🔗 Twitter ★日本選手権・混成 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


音部選手・最終結果/2017日本選手権・混成[十種競技]


■総合7位

合計得点7296点

100m:10秒68 933点
走幅跳:7m15 850点
砲丸投:12m32 626点
走高跳:1m90 714点
400m:50秒40 796点
110mH:15秒04 845点
円盤投:35m52 574点
棒高跳:4m60 790点
やり投:51m36 609点
1500m:5分00秒14 559点

たくさんの応援、ありがとうございました!

🔗 Twitter ★日本選手権・混成 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


福嶋監督総括/2017日本選手権・混成[十種競技]


福嶋監督コメント

天候が悪かったのもありますが、順位争いの中で思ったような結果が出ていないので、物足りなさは感じますね。棒高跳は4m60をクリアしましたが、体力的にどうだったのか、というところだと思います。

トレーニングの時はひとつずつの種目でもう少し良い結果を出せているのですが、それが試合につながっていない印象です。種目数も多いですが、体調面の問題もありませんでしたし、練習の成果を出せていないのは残念な部分です。

塚原の引退レースに関しては、良かったと思います。
ああやってひとつの区切りを地元で迎えられたのは、本人にとっても良かったのではないかと思います。やはり、応援してくれる人がいるのはありがたいですね。地元でこういうイベント・セレモニーを開催していただいて、本人が一番嬉しかったのではないかと思います。
長野の皆様には、心から感謝しています。

 

🔗 Twitter ★日本選手権・混成 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


男子十種競技最終順位/2017日本選手権・混成[十種競技]


男子十種競技の最終順位/得点をお知らせいたします。

1位:中村 明彦(スズキ浜松AC) 7873点
2位:右代 啓祐(スズキ浜松AC) 7807点
3位:清水 剛士(NTN) 7579点
・・・
7位:音部拓仁(富士通) 7296点

🔗 Twitter ★日本選手権・混成 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


【競技結果】男子十種競技1500m/2017日本選手権・混成[十種競技]


男子十種競技1500mの競技結果をお知らせいたします。

1位:中村 明彦(スズキ浜松AC) 4分22秒57 794点
2位:清水 剛士(NTN) 4分24秒07 784点
3位:田上 駿(順天堂大) 4分25秒25 776点
・・・
14位:音部 拓仁(富士通) 5分00秒14 559点
🔗 Twitter ★日本選手権・混成 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


【競技結果】男子十種競技やり投/2017日本選手権・混成[十種競技]


男子十種競技やり投の競技結果をお知らせいたします。

音部拓仁 日本選手権・混成■2組
1位:右代 啓祐(スズキ浜松AC) 68m74 870点
2位:片山 和也(中京大) 61m14 755点
3位:伊佐 嘉矩(アスリートネット) 59m87 736点
・・・
7位:音部拓仁(富士通) 51m36 609点

🔗 Twitter ★日本選手権・混成 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


塚原直貴引退レース Last Run in Nagano「新たな道に送り出してもらえて感謝」


2017日本選手権・混成[十種競技]2日目、6月11日(日)13:00から長野市営陸上競技場で、塚原直貴の引退レース「Last Run in Nagano」が行われました。

最初、学生たちにオリジナルゼッケンをつけてもらった塚原。レースは5レーンに本人、他レーンには地元の有望中高生選手。後方から多数の小学生が追いかける、「多くの選手と走りたい」という塚原の希望が反映されたレースとなりました。

レースは勢いよく飛び出した塚原が前半でリード。後半おいつかれそうになりながらも、ラストスパートをかけた塚原が1位でフィニッシュ。
記録は最初11秒00と表示されるも、空気を読み過ぎる計器(?)が、まさかの世界記録と同じ9秒56に変更となり確定(笑)!


ウィニングランで満員となったメインスタンドのファンの声援にこたえ、中央で富士通陸上部監督や恩師など各関係者から花束を受け取り、本人からも感謝のメッセージ。

出身高校の後輩たちと記念撮影を行い、最後は100mフィニッシュ地点で待つ家族のもとへと走り、セレモニーを終えました。


その後、塚原はメディア取材が終わった後もサイン会に対応。入り口に並んだファンの行列に対して約1時間程度ファンサービスを行いました。イベントは最後まで、陸上関係者、家族、地元のファンに見守られて温かい雰囲気のラストレースとなり、本人も「本当にありがとうございました」と感謝の言葉を語りました。


塚原直貴コメント
育てていただいた長野の地で暖かく迎えていただいて、将来の有望なアスリートと一緒に走れて幸せでした。レースは後半、やはり負けたくないと思ってしまって、最後にズバッといってしまいました。こうやって新たな道に送り出してもらえることを感謝していますし、新しい自分で頑張っていきたいと思います。

引退を決断した理由は、思ったようなポテンシャルが出せなかったり、脚の痛みを気にしての練習が続くようになったことなどありますが、一番はリオで活躍したメンバーに“任せよう”と思えたこと。私が傘となり、下支えしていこうという気持ちの変化があったので、引退を決めました。

これからは会社員として、オリンピック・パラリンピック関係のお仕事をさせていただいたり、裏方も表もこなしていきたいと思っています。立場を考えながら、富士通のアメリカンフットボールや女子バスケなど、横連携にも幅をもたせていきたいと思っています。目指すは、松岡修造さんみたいなさわやかな感じ、ですかね。

今後の自分の活動においても走ることをやめてはいけないと思うので、アスリートとしては幕を下ろしますが、会社員になってもきちんと走りたいと思っています。今まで走ることで人生を表現してきたので、変わらず子どもたちにも活動している姿を見せられればと思います。

富士通社員・ファンの方々へ
全国各地で試合をする中で、富士通という会社の大きさ、どこにいっても支社・工場・営業所があり、応援していただける存在のありがたさを感じていました。引き続きよろしくお願いいたします。

ファンの方々に対しては、競技者としてはこれでひと区切りですが、陸上界という意味では引き続き尽力していきますので、これからもよろしくお願いいたします。陸上って色々な競技があって見方がわからないとか、ゲーム性に乏しいなどありますが、わずか10秒にかける選手、長距離選手も含めて応援してくれている方々が必ずいるので、ファンもとても大事に思っています。これから若手もたくさん育ってきますので、そういった選手への応援もよろしくお願いします。

(何か言い残したことはありますか?)
言い残したこと、やり残したことばかりなのでよくわからないですが、私は元気です(笑)。今までありがとうございました!


【競技結果】男子十種競技棒高跳/2017日本選手権・混成[十種競技]


男子十種競技棒高跳の競技結果をお知らせいたします。

音部拓仁 日本選手権・混成

■1組
1位:中村 明彦(スズキ浜松AC) 4.90 880点
2位:右代 啓祐(スズキ浜松AC) 4.80 849点
3位:片山 和也(中京大) 4.70 819点
・・・
5位:音部拓仁(富士通) 4.60 790点

🔗 Twitter ★日本選手権・混成 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


【競技結果】男子十種競技円盤投/2017日本選手権・混成[十種競技]


男子十種競技円盤投の競技結果をお知らせいたします。

1位:右代 啓祐(スズキ浜松AC) 46m57 799点
2位:森本 公人(大阪教育大) 42m05 706点
3位:片山 和也(中京大) 41m89 703点
・・・
10位:音部 拓仁(富士通) 35m52 574点

🔗 Twitter ★日本選手権・混成 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]