最終成績/全日本実業団陸上2019


富士通陸上競技部 全日本実業団陸上2019 優勝

全日本実業団陸上の最終成績をお知らせいたします。

■団体総合得点
1位:富士通 54点
2位:新潟アルビレックスRC 50点
3位:住友電工 39点

■男子総合得点
1位:富士通 54点
2位:ミズノ 33点
3位:新潟アルビレックスRC 32点

富士通陸上競技部 全日本実業団陸上2019 優勝富士通陸上競技部 全日本実業団陸上2019 優勝


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


福嶋監督総括コメント/全日本実業団陸上2019


富士通陸上競技部 福嶋正監督福嶋監督総括コメント

今年に関しては世界選手権にチームから5選手を出していますし、MGCもあったので、総合優勝は難しいと思っていました。しかし、それぞれ出場した選手が頑張ってくれたおかげで、久しぶりに良い結果を残せたと思います。長距離ブロックからは今回選手が出せなかったので、一般種目ブロックが力を発揮してくれました。

富士通陸上競技部は、競歩と長距離、一般種目と総合的に力を入れているチーム。世界選手権に行っている選手は、そこにモチベーションを持っていますし、日の丸を背負えなかった選手も、チームとしてこの全日本実業団陸上という大会を重要視しています。他に個人戦もありますが、富士通に所属している以上、全日本実業団陸上は特別な大会だと理解してくれているのが嬉しいですし、その想いがあったからこそ、総合優勝できたと思います。

引き続き、世界選手権に出場する選手は来年の出場権獲得に向けて頑張って欲しいですね。駅伝はチームの総合力で戦わなければいけないので、東日本実業団駅伝まで日数が足りない中でも、しっかりニューイヤー駅伝の出場権獲得を目標に準備していきたいと思います。

 


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子4×400mリレー決勝/全日本実業団陸上2019


富士通[(1)嶺村鴻汰、(2)橋元晃志、(3)髙瀬慧、(4)北川貴理]男子4×400mリレー決勝の競技結果をお知らせします。

1位:富士通[(1)嶺村鴻汰、(2)橋元晃志、(3)髙瀬慧、(4)北川貴理] 3分09秒71
2位:アクセル[(1)草野誓也、(2)相山慶太郎、(3)板鼻航平、(4)根岸紀仁] 3分09秒85
3位:ROBLE[(1)松村翔、(2)糸多悠平、(3)市野泰地、(4)久我アレキサンデル] 3分14秒87

 

富士通[(1)嶺村鴻汰、(2)橋元晃志、(3)髙瀬慧、(4)北川貴理]


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子200m決勝/全日本実業団陸上2019


橋元 晃志(富士通)男子200m決勝/全日本実業団陸上2019男子200m決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:木村 和史(四電工) 20秒86
2位:橋元 晃志(富士通) 20秒91
3位:谷口 耕太郎(凸版) 20秒99


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子110mハードル決勝/全日本実業団陸上2019


石川周平(富士通)男子110mハードル 全日本実業団陸上2019男子110mハードル決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:栗城 アンソニー(新潟アルビレックスRC) 13秒67
2位:矢澤 航(デサントTC) 13秒72
3位:藤井 亮汰(三重県体育協会) 13秒86
4位:石川 周平(富士通) 13秒92


🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★全日本実業団陸上 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP