福嶋正監督総括コメント/陸上日本選手権2019


福嶋正監督総括コメント

今回の日本選手権は、勝ち切るところで勝てた選手もいるし、アクシデントもあり勝てなかった選手もいた、という印象です。やはり日本選手権は、他の大会と違ってタイトルを強く意識しなければ勝てない大会です。結果的に二種目での優勝は数字として目標より少ないですが、それぞれの選手たちはここに向けて練習してきたものを出してくれたと思います。コンディションも雨が降ったり万全ではなかったですが、頑張ってくれたと思います。

松枝(博輝)は去年優勝に絡むこともできず悔しい想いをしていたので、大会に対する思い入れは強いものがありました。1500mは負けましたが、5000mでは力を出し切ってくれたと思います。ウォルシュ(・ジュリアン)は勝てる確率は高いと思っていので、この後は世界選手権の標準記録突破に気持ちを向けてくれればというところです。

今後、日本代表になれる可能性をある程度持っている選手は、ヨーロッパ遠征などで試合を求めていく形になると思います。まず今年は世界選手権がありますが、2020年が最大の目標になってくると思います。世界大会をうまく活用しながら、最終的にどうやって日本代表になるか、来年どう結果を残すのか考えながら、考えて進めていくことが必要になると思います。

 

🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP

 


嶺村鴻汰選手競技後コメント/陸上日本選手権2019


嶺村鴻汰(富士通)/陸上日本選手権2019  男子走幅跳決勝 5位:嶺村鴻汰(富士通) 7m80+0.7

嶺村鴻汰 競技後コメント

春先に怪我をしてから、ここまで作ってきましたが、練習で積みきれなかった最後の部分である助走が、どうしても不安定になってしまいました。4本目は何とか7m80まで持っていけたのですが、そこからもう少し伸ばせるかなと思ったものの、雨も激しくなり体力的に厳しかった部分もあります。

日本選手権でふがいない結果になりましたが、課題は明らかになったので、今後のヨーロッパ遠征の試合で必ず自己ベストを出して、来年に絡めるようにしていきたいと思います。今大会でここまでしっかり怪我を治して、戦える状態まで戻って来れたので、ここから先が大事。ここで終わらないように、この結果を次に繋げたいなと思います。

富士通に迎えていただいて、結果を出さなければならないと、最初は自分の中に“焦り”や“はやる気持ち”がありました。その気持ちと自分の身体がマッチせず、怪我が増えた時期もありました。その中で職場の方からも応援していただいて、しっかり競技でもう一度自分のやりたいことを表現することが皆さんへの恩返しになると思ってやってきました。

この1年、怪我からの復帰を目指して取り組んできて、ようやく何とか軌道に乗ってきた感じなので、来年夏の日本選手権で四年ぶりの優勝を決めて、その先に繋げられるように。もっと自分を磨いて、高めていけたらと思います。

嶺村鴻汰(富士通)/陸上日本選手権2019

嶺村鴻汰(富士通)/陸上日本選手権2019

🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


石川周平選手競技後コメント/陸上日本選手権2019


石川周平(富士通)/陸上日本選手権2019男子110mH準決勝1組[風: +0.1] 1位:石川周平(富士通) 13秒51
男子110mH予選1組[風: -1.0] 1位:石川周平(富士通) 13秒72

石川周平 競技後コメント

◆110mH決勝
今日の決勝に向けて良い状態で仕上がっていたのですが、前半で崩れてしまい、後半の自分の強みを活かせなかったのが悔しいです。アプローチのところで踏切のリズムが狂ってしまい、中盤のランニングにつなげられませんでした。気持ちの面は安定していましたが、この大会にかける思いが大きかったのも影響したかなと思います。

今大会は非常にレベルの高い戦いだったので、優勝できればおのずとタイムはついてくると考えていました。今年は安定してタイムを出せていたのですが、ここ一番の試合にあわせることができず、力不足を感じています。

今後は世界ランキングを上げながら、計画をしっかり練って出場する試合を選択していきたいと思います。まずは世界選手権の標準記録を出して、きちんと練習を積めばどんどんタイムは上がっていくはずなので、しっかり記録を高めていきたいと思います。自分が納得できる形で来年を迎えるために頑張っていきたいと思います。

石川周平(富士通)/陸上日本選手権2019 石川周平(富士通)/陸上日本選手権2019

◆110mH準決勝
世界選手権の標準記録を狙っていたので少し悔しい部分もありますけれども、まだ決勝が残っているので、ちゃんと決勝に向けて体の状態を整えて臨みたいと思います。予選でも隣の選手が失格になり、少々動揺する部分もありましたが、スタートに向けては気持ちを整えられたと思います。いい状態できているので、ちゃんと優勝することを目標に、タイムも意識して調整したいと思います。

石川周平(富士通)/陸上日本選手権2019

◆110mH予選
予選は落ち着いて技術を確認しながら走ろうと思っていたので、だいたいその通りにできたかなと思います。スタートは少し余裕をもって出たので、動きを確認しながら準決勝・決勝に向けて補整していきたいと思います。まだ世界選手権の参加標準記録を切っていないので、次の準決勝からタイムを狙いにいって、決勝で勝負できるようにやっていきたいと思います。

石川周平(富士通)/陸上日本選手権2019

🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


橋元晃志選手競技後コメント/陸上日本選手権2019


陸上日本選手権2019男子200m決勝 7位:橋元晃志(富士通) 21秒13
男子200m予選3組 3位:橋元晃志(富士通) 21秒01

橋元晃志 競技後コメント

◆200m決勝
予選の良さを出せなかったのが残念です。2レーンだったためコーナーがきつく、脚の動きは良かったのですが、曲がり切れない感覚で膨らんでしまい、前半に差が出てしまいました。それが、7位に甘んじた主な要因かなと思います。

決勝はうまくいかなかったですが、日本選手権を通じて光明は見えました。夏にやってきた自分の長所を伸ばし、残り50mの短所に関しての修正も、これでうまく進められると思っています。今後はヨーロッパ遠征もあるので、コンスタントに良い記録、20秒台中盤を出していければいいかなと思います。

日本選手権は結果を残すべき大会で、表彰台を意識しなければいけない舞台。去年の冬からそこを目指してやってきたので、その意味では悔しい気持ちもあります。これからの遠征に関しても、記録を出していかないとグレードがもらえないので、良い記録・良い順位をとって意味のある遠征にしていきたいと思います。

橋元晃志(富士通)/陸上日本選手権2019 橋元晃志(富士通)/陸上日本選手権2019◆200m予選
前半が良くて、残り150mまでは良かったです。そこから残り50mで力んでしまったというか、バランスを崩してしまったので、明日はまとめて自分の走りを再現できればと思います。練習でやってきたことを出せれば、決勝でもいいところまで行けると思うので決勝頑張ります。

陸上日本選手権2019

🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP


【競技結果】男子走幅跳決勝/陸上日本選手権2019


男子走幅跳決勝の競技結果をお知らせします。

1位:橋岡 優輝(日本大) 7m98-1.1
2位:手平 裕士(オークワ) 7m97+1.3 PB
3位:山川 夏輝(東武トップツアーズ) 7m86+0.4
・・・
5位:嶺村 鴻汰(富士通) 7m80+0.7

嶺村鴻汰(富士通)/陸上日本選手権2019

🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP