今村文男 競歩コーチ コメント/2018日本選手権20km競歩


今村文男 競歩コーチ 富士通今村文男 競歩コーチ コメント

今大会はアジア大会の選考会と言うより、再来年2月・3月の選考会を念頭においての大会でした。

松永は学生時代にあまりこの大会で良いレースができなかったので、是が非でもここで自己記録かそれに近いタイムを出すのが目標でした。結果的に大きく自己記録を更新できたので、そこは良かったと思っています。

高橋は、気象条件が良ければいつでも1時間17分台を出せると本人もスタッフも感じていたので、それを具現化できて良かったと思います。こういった選考会でしっかり上位に入る、というのが達成できた大会でもありました。怪我に関しても、それがあったから注意を払いながらコンディショニングできたのもあり、本人の力になったと思います。

森岡は、今後の競技に関して彼自身の判断になりますが、あくまで選手としての頑張りにまずは期待しつつ、他の選手に良い影響を与えて“50km競歩魂”みたいなものを受け継いでいけるようなアスリートを育てていって欲しいなと思っています。

日本チームに関しては、やってきたプロセスの成果がしっかり出ていると感じています。あと男子20㎞に関してはまだ到達できていないメダル獲得に合わせて、強化の流れを作っていきたいです。アジア大会・来年のドーハとうまくつないでいけば、2020年での暑さ対策記録も十分に対応できると思っているので、世界で結果を出すための強化を続けていきたいと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


高橋英輝選手 試合後コメント/2018日本選手権20km競歩


高橋英輝(富士通)日本選手権競歩20㎞高橋英輝 1位 1時間17分26秒 ※NGR(大会記録)

自分の力を出し切れたので、良かったです。この大会は世界と戦う挑戦権を得るための戦いだと思っていて、ここでしっかり権利を得ることができたので、これからまた次のアジア大会に向けて頑張りたいと思っています。

前半は怪我の影響もあってフォームがまとまらず、少し危ないなと思いながらのレースになりました。警告も受けましたし、どうなるかと思ったのですが、後半は修正できたので良かったと思っています。

怪我をしていたのもあって今大会では、アジア大会の出場権を掴むこと、自分の力を出し切ることを優先していました。結果的にはレース中も痛みなく歩けたので、良かったです。次はアジア大会での勝負になるので、ジャカルタの暑さに向けて調整というところですね。

暑さ対策に関しても、今までと違って50㎞の選手に協力してもらって、きつくて泥臭いようなトレーニングに取り組んでいます。手ごたえも感じているので、まずは怪我を治して良い状態で大会に臨みたいと思います。。

今後もアジア大会、世界陸上、そして2020年と続いていくので、しっかりステップアップできるように頑張ります。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]

 


松永大介選手 試合後コメント/2018日本選手権20km競歩


松永大介(富士通)日本選手権競歩20㎞松永大介 1時間17分46秒 ※NGR(大会記録)

3位という順位に関しては上出来だったと思います。今までどうしても2月に良い結果が出せず鬼門になっていましたが、過去の日本選手権で考えると最高成績なので、克服できたのは良かったと思います。

前半に関してはレースを自分で作れていましたし、後半もペースはあげられていたので、試合自体も悪くありませんでした。ただ、ラスト4㎞で思ったより前との差を詰められていなかったのが想定外でした。結果的に、前の2人が強かったら、負けただけです。反省するというより、自分に実力がなかったと割り切って、これから力をつけていくだけかなと思っています。

日本の競歩全体のレベルが上がり、下の年代の選手も強くなっていますので、私もそういった中で振り落とされないように実力をつけていかなければいけないと思っています。それだけに、なぜ20㎞が世界大会でメダルが獲れていないのか理解できないところですが、長期的に見て結果につなげていけるように世界大会も意識して、今後やっていかなければいけないと思っています。

今年に関しては、調子の波に影響されることなく、安定して結果を出せるようになることが目標です。アジア大会の出場は難しいかもしれませんが、世界競歩チーム選手権もありますので、前回の成績を超えられるように、自分からチームを引っ張っていきたいと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


森岡紘一朗選手 試合後コメント/2018日本選手権20km競歩


森岡紘一朗 (富士通)森岡紘一朗 15位 1時間23分23秒

今回は1時間23分を切れたらと思って大会に臨みましたが、まずまず想定内のレースはできました。後半苦しくなり、30秒ほど届かなかったが少し残念ではあります。それでも、今できることをしっかり準備して歩くことが今回の目標で、課題がありながらも、自分の力は出せたかなと思っています。

実は、この4月から大学院に行かせていただくことになり、会社の理解もいただいて富士通のユニフォームを着て試合に出ながら、自分のできることに取り組んでいくことになりました。50㎞競歩への出場も今後の練習次第で、考えていく形になります。

今後は競技をやりながら伝えられるものもありますし、自分の興味や大学院で学びながら知識を高め、何か競技に対して良い影響を与えられればいいなと思っています。この2年間が自分を高める大事な時間になると思って、取り組んでいきたいと思います。本当に後輩たちが頼もしく、今日も頑張ってくれたので、そういった選手たちと一緒に歩きながら、外からの視点も含めて、競技に関わって行けたらと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


高橋選手が史上初の4連覇!松永選手は3位、森岡選手は15位フィニッシュ!/2018日本選手権20km競歩


男子20㎞競歩、高橋選手は1時間17分26秒でフィニッシュ。大会史上初の4連覇達成となりました。

日本選手権20㎞競歩松永選手は底力を見せて1時間17分46秒で3位、森岡選手はペースを確認しながら15位でフィニッシュ。3人とも、頼もしいレースを見せてくれました!

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


最終結果/2018日本選手権20km競歩


「第101回日本陸上競技選手権大会20㎞競歩」 の結果は、下記のとおりです。

・男子20kmW
1位 高橋英輝(富士通) 1時間17分26秒 NGR
2位 山西利和(京都大) 1時間17分41秒 NGR
3位 松永大介(富士通) 1時間17分46秒 NGR
・・・
15位 森岡紘一朗 (富士通) 1時間23分23秒

※NGR=大会記録

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


日本選手権20km競歩 間もなくスタート!/2018日本選手権20km競歩


みなさん、こんにちは!間もなく、兵庫県の六甲アイランドにて、第101回日本選手権 男子20㎞競歩がスタートします。富士通陸上競技部からは、森岡紘一朗選手、高橋英輝選手、松永大介選手が出場予定です!

2015年以来、3連覇中の高橋選手は前人未到の4連覇に向けて、松永選手、森岡選手にとってはジャカルタ2018アジア大会、その後の国際大会に向けて大事な一戦となります。

みなさん、熱い応援よろしくお願いいたします!

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


中村匠吾👀 in オーストラリア


中村匠吾選手からも、写真とメッセージを受け取りましたので皆様にお届けします!


おはようございます。中村です。
現在3月のびわ湖毎日マラソンに向けてオーストラリア🌏で合宿中です。

こちらは日本とは間逆の季節は夏🌞です。
練習拠点は、標高1600m程の山の中なので朝晩は少し冷んやりして来ました。
現地入りしてから天候にも恵まれて良い環境の中で練習が出来ています。

この日のメインは唐揚げでした。
副菜でモヤシの炒め物とレバー、ジャガイモとベーコン、蕎麦って感じです。
栄養士さんのお陰でおいしい日本食が食べれてます😋。

残り僅かですが、頑張ります!


##中村選手らしい シンプルなメッセージでした。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


横手健👀のオーストラリア紀行


みなさんこんにちは🙋🏻‍♂️。
富士通陸上部の横手健です。
今年もまたオーストラリア🌎フォールズクリークにて合宿を行っています。

昨年末より故障を繰り返し、年明けには人生初のインフルエンザにも罹患してしまいました😷…。
そんな悪い流れを払拭すべく、この集中できる環境の中で黙々と(!?)練習に励んでいます。

今回は一つ先輩の中村匠吾選手と一緒に来ていますが、同期の潰滝大記選手が別団体で同じくフォールズクリークにて合宿を行っていました。

そこで宿も近かったのでカフェで待ち合わせをしたのですが…
潰滝選手、まさかの30分寝坊…
高地は低酸素状態なので起きるのが辛いんですよね。。
(↑というフォローを入れておきます🙄)
お詫びと言うことでアイスコーヒーをご馳走してくれました

現地のアイスコーヒーはホイップとバニラアイスが乗っている、日本でいうフロートに近い飲み物でした。
勉強不足でした…。
でも甘さが苦さにベストマッチです!

潰滝選手、ご馳走さまでした!
またいつでも何度でも寝坊してください!笑

さて、合宿も折り返しです。
今年度は自己ベストも出せた一方、悔いの残るレースも多くありました。
’18シーズンは年間通してしっかり結果を残せるよう練習に励みます。
今後とも応援よろしくお願いします!

P.S.
スーパーのレジがFUJITSU製でした!
嬉しいですね!

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]


福嶋正監督 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2018


◆福嶋正 監督

3位以内を狙っての5位なので、悔しさが残りますね。思惑通りの展開に持ち込めたところもあったので、もう5~10秒各区間で縮められたら、4位以内には入れたと思います。ですが、それも含めて駅伝なので、やはり悔しいです。

駅伝は流れなので上位に入れば、力のない選手だったとしても場合によって、強い選手と同じくらいの力を発揮することがあります。だから、絶対に前の方で勝負しなければならないと言っていて、3区まではある程度望んだ通りの展開になりました。その後の4区横手は、先に脚がおかしいと聞いていたので、よく頑張ってくれたと思います。そして5区の中村以降は、怪我から急ピッチで仕上げた潰滝含めて、“ここからだ”というチャンスで押し切れませんでした。それは個人の問題ではなく、やはりチーム全体で底上げできているかどうか。候補に入ったメンバーを筆頭に、もっと自覚を持って仕上げてもらいたかったと思います。層の薄さ、富士通の弱みはそこですね。戦力的には来年以降、より充実するはずなので、もっと競争意識を出して1段階上げないとダメだと思います。

今年もファンの方々については、みんなで集まって応援していただいたり、選手にとっては勇気づけられることが多々あったと思います。今回は5位でしたけど、富士通の目指すところは3度目の優勝。この1年かけてしっかり練習して、“旭化成の連覇を破るのは富士通しかいない”と思っていますから、そこだけを考えてやりたいと思います。

🔗 ファンクラブの入会はコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2018 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2018特集
🔗 富士通陸上競技部HP
🔗 動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]