石川周平選手競技後コメント/陸上日本選手権2019


石川周平(富士通)/陸上日本選手権2019男子110mH準決勝1組[風: +0.1] 1位:石川周平(富士通) 13秒51
男子110mH予選1組[風: -1.0] 1位:石川周平(富士通) 13秒72

石川周平 競技後コメント

◆110mH決勝
今日の決勝に向けて良い状態で仕上がっていたのですが、前半で崩れてしまい、後半の自分の強みを活かせなかったのが悔しいです。アプローチのところで踏切のリズムが狂ってしまい、中盤のランニングにつなげられませんでした。気持ちの面は安定していましたが、この大会にかける思いが大きかったのも影響したかなと思います。

今大会は非常にレベルの高い戦いだったので、優勝できればおのずとタイムはついてくると考えていました。今年は安定してタイムを出せていたのですが、ここ一番の試合にあわせることができず、力不足を感じています。

今後は世界ランキングを上げながら、計画をしっかり練って出場する試合を選択していきたいと思います。まずは世界選手権の標準記録を出して、きちんと練習を積めばどんどんタイムは上がっていくはずなので、しっかり記録を高めていきたいと思います。自分が納得できる形で来年を迎えるために頑張っていきたいと思います。

石川周平(富士通)/陸上日本選手権2019 石川周平(富士通)/陸上日本選手権2019

◆110mH準決勝
世界選手権の標準記録を狙っていたので少し悔しい部分もありますけれども、まだ決勝が残っているので、ちゃんと決勝に向けて体の状態を整えて臨みたいと思います。予選でも隣の選手が失格になり、少々動揺する部分もありましたが、スタートに向けては気持ちを整えられたと思います。いい状態できているので、ちゃんと優勝することを目標に、タイムも意識して調整したいと思います。

石川周平(富士通)/陸上日本選手権2019

◆110mH予選
予選は落ち着いて技術を確認しながら走ろうと思っていたので、だいたいその通りにできたかなと思います。スタートは少し余裕をもって出たので、動きを確認しながら準決勝・決勝に向けて補整していきたいと思います。まだ世界選手権の参加標準記録を切っていないので、次の準決勝からタイムを狙いにいって、決勝で勝負できるようにやっていきたいと思います。

石川周平(富士通)/陸上日本選手権2019

🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★日本選手権 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
🔗 富士通陸上競技部HP