坂東悠汰選手競技後コメント/2019日本陸上選手権


坂東悠汰(富士通) 2019日本陸上選手権 男子10000m決勝2位 28分20秒72 ※PB男子10000m決勝 2位:坂東悠汰 28分20秒72 ※PB

坂東悠汰 競技後コメント

福嶋監督から『外国人選手が(世界選手権参加標準記録の)27分40秒のペースで引っ張るだろうから、行ける所までついて行こう』と指示をいただき、自分もそのつもりで走りました。やはり想定していた通り、5000m過ぎた位から非常にキツくなって、粘るレースになりました。それでも中盤以降は、しっかり粘りを見せられたのかなと思います。

後ろにいたのが、自分よりも力のある村山紘太選手(旭化成)だったので、前を走りながらもヒヤヒヤしていました。どこかで振り切れたらと考えていましたが、結果的にはラストスパート勝負になってしまいました。歩が悪いかなと思いましたが、なんとか勝ち切れたのは良かったです。

今回の10000mは元々標準記録も切っておらず、クロスカントリー日本選手権で優勝して出場権を得たので、タイムは意識せず先頭にどこまでついていけるかチャレンジすることがテーマでした。最近のトラックレースの結果からスピードが上がっている感覚もあり、28分20秒~30秒ぐらいで行けるかなと思っていたので、予定通り走れた形です。

今シーズン最大の目標は、世界選手権の5000mに出場すること。それに向けて、来月の日本選手権5000mでは勝ちにこだわったレースがしたいと思います。その後で、世界選手権の標準記録である13分22秒切りに取り組みたいと考えています。力はついてきていると思いますが、レースの組み立て方やペースの上げ下げに対する対応力が課題になると思うので、頑張っていきたいと思います。

坂東悠汰(富士通) 2019日本陸上選手権 男子10000m決勝2位 28分20秒72 ※PB

坂東悠汰(富士通) 2019日本陸上選手権 男子10000m決勝2位 28分20秒72 ※PB


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒
🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」60秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter★富士通陸上競技部
🔗 富士通陸上競技部HP