高橋健一 駅伝監督 試合後インタビュー/ニューイヤー駅伝2019


◆高橋健一 駅伝監督

全体の結果に関しては、良く頑張った方だと思います。ただ、本当に勝つのであれば“あと少しの所”をみんなで掴みにいかなければならないと、理解したレースでした。ほんの少し、気持ちの面が足りなかったなと思います。

みんな頑張って走ってくれましたが、細かく見ていくと詰めの甘いところが全ての区間にありました。それでも、一般的なファンの気持ちになって見た時に、今年の富士通は面白いと思って見てもらえたのではないかと思います。それは良かった点だと思います。

一年ずつ、一つずつ順位があがっているのは、良いことだとは思います。来年はまたメンバーが変わるので、その時に練習の流れや選考をどうするかという話になる。その基準としても、今年のレースは価値があるものになったと思うので、あと少しですね。コーチ陣としてもあと少しだと思っているので、来年も頑張って優勝を狙っていきたいと思います。


🔗 【富士通CM】 スポーツ篇「挑戦は終わらない」30秒

🔗 後援会・ファンクラブの専用サイトはコチラ

🔗 Twitter ★ニューイヤー駅伝2019 現地から速報中!
🔗 富士通陸上競技部HP ★ニューイヤー駅伝2019特集
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】潰滝大記『全部出し切って、1秒でもはやく襷をつなぐ』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】松枝博輝『悔しさをバネに、もっと強く。そしてファンと喜びの共有を』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】高橋健一駅伝監督『東日本駅伝で勝った経験が次に繋がる』
🔗 【ニューイヤー駅伝2019】福嶋正監督『“個性のあるチーム”をひとつに、優勝への足掛かり』
🔗 富士通陸上競技部HP